FC2ブログ

2018年5~8月頃に実装された装備メモ

■蜃気楼チャレンジ
・調査団の帽子[1]

■ラグ缶2018 July
・プロンテラ軍用手袋[1]
・虹色のスカーフ[0]
・古代モロクのショール[1]

■サマーパッケージ2018
・剛勇無双の紋帽子[1]
・ブースターシューズ[1]
・浮遊する太極玉[0]
・プロテクトクロース[0]
・連合軍司令官のマント[1]

■異形の迷宮
・アビスシリーズ(武器と盾)

■イリュージョンダンジョン
イリュージョン装備や新カードなど

■ラグ缶2018 August
・イリュージョンアイズ[0]
・トラベラーシューズ[0]
・ネロシールド[1]

■僕のドキドキ冒険記Ⅴ
・スタッフオブパフィ[1]
・スターフィッシュスーツ[1]
・特殊環境活動用ブーツ[1]

■ラグ缶2018 September
・勇者のブローチ[1]
・ワークキャップ[0]
・聖祭の羽衣[1]

2018年4~5月に実装された装備メモ

■新種族ドラム実装
「くわえたニンジン[0]」「盾のサイズ&属性耐性c」「肩の無&属性耐性c」など。
(消耗品として「ラザーニャ特産缶詰」が実装されたのもこの時です。)

■Z設計図追加
それぞれ「破壊不可」「ノックバック不可」「ハイドやクロークが見える」を始めとした一部効果を持つZ設計図の実装。

■ラグ缶2018 Spring
「パワードチップ[1]」「大自然のドレス[0]」「海魔獣の鱗[1]」

■ラグ缶2018 June
「アクセラレータチップ[1]」「不死の軍団認識票[1]」「実験成体ゴート型キャップ[1]」

■思念体エンチャント
「強靭」エンチャント追加(古びたシリーズの防御性能若干増加)

くわえたニンジン[0]

さりげなく「くわえたニンジン[0]」が実装されていますが
こちらは全職装備可な下段装備で、ニンジンのHP回復量が増加します。
アイスクリームやミルクよりも、回復量が少ない代わりに
「Zeny効率、重量効率」がかなり優秀ですね。うまく使えば便利そうです。

ラグ缶2018 April新装備考察

→公式サイト:ラグ缶2018 April

新装備考察例(以下に該当しない使い方もあります)


■タウラスハット[1]
ロックリッジMobに対し、与えるダメージが増加し
耐性効果(囲まれ補正無し)も付く頭上段。


■不死鳥の冠[0]
スロット無し&スキルポイント調整が必要な頭上段。
バニシング連打に近い火力を、OBで発生させる事ができるので
対多数戦でのSP消費を軽減しやすくなります。
また、指への負担を減らす事もできます。


■おもちゃの指輪[1]
既にバッシュ、ボウリングバッシュを使っている場合などに
選択肢の一つになる可能性があります。実用化は容易ではないので
計画をしっかり練った上で使う事を推奨します。
何気にハンマーフォールLv5使用可能です。


→公式サイト:ラグ缶2018 April

2018年1~3月の新装備

 ~ラグ缶2018 January

■熾天使の羽毛[0]
熾天使の花冠セット下段。ヒール力や被ヒール量増加。混乱耐性有。
デメリット打ち消しで、詠唱物理スキルの熾天使型も検討できます。

■エメラルドリング[1]
シビア強化の他、矢節約に適したDSやシャワーも便利です。
ステータスUPにより、レンジャーや影葱にも使える場合があります。

■ソイガの書[1]
一部のドロップ系カードとのセットで獲得ExpUP。

 ~ラグ缶2018 February

■ウェルスコア[1]
アクセサリー。対高FLEE相手にも問答無用で20%命中。
2つ付けると40%命中です。攻撃速度増加や属性Mob特化も大きいです。

■悪魔の手[0]
獅子吼強化。SP消費量多め、耐久性能無し、スロット無しなど
制約は多いですが広範囲に近接攻撃を狙えます。

■日月神示[4]
ASメテオ効果を持つ本。灼熱の剣を装備できない一部職で
火属性魔法攻撃を検討できます。何気に武器Lv3。

 ~英雄の痕跡&悪夢のジターバグ 新カード

■フェイスワームの幼虫カード
■フェイスワームの卵カード
セットで昆虫Mobに適した「盾+アクセ」用のカード。

■フェイヨン警備兵&フェイヨン守護兵カード
MATK増加の他、スペルフィスト発動がしやすくなる頭カードです。

■フェイスワームカード
鎧で石化対策できます。地耐性+5%。

■ペル&キスミー・ペルカード
■シンギング・ペル&スイング・ペルカード
主に耐久力が上がるアクセ2種セットカード

■大長老アイリンカード
全サイズ耐性の盾カード。種族盾と異なり基本ATKは軽減しませんが
これが問題となるのは、ごく一部のMobだけなので基本は汎用盾として
使えます。何気に中ボスカード扱い。

■ジターバグカード
鎧でノックバック対策できます。民湾ならトゥルーサイト
(全ステ+5)が使えて凍結耐性+100%も兼ねられます。中ボスc。

■ダークフェイスワームカード
風、聖、遠距離耐性を兼ねられる肩カード。中ボスc。

■メモリアルダンジョン ボスカード
女王フェイスワームカード
fff・ジターバグカード
サラの幻影カード

 ~ラグ缶2018 March

■巡礼者の靴[0]
単品で高いディレイ減が得られる靴です。
最近の靴で定番となる、「MHP、MDEF」増加効果もあります。

■時魔術師の指輪[1]
既に時空エンチャント(大鷲など)を利用している場合に
このアクセでより強化できるなど、幾つかの用途が考えられます。

■ゴーグルハット[1]
ハートハンター軍事基地用の頭上段。
火力UPや、Mob耐性(囲まれ減なし)が優秀です。

■黒糸威胴丸[1]
鎧でDEF無視やATK増加が期待できます。MVPボスモンスターなど
DEFが比較的高めのMobに使える場合があります。+8で破壊耐性あり。


上述以外の使い道も考えられます。

スペシャルエンチャント対象にダークハンドなどが追加!

 →公式サイト: 「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!

個人的に+8ダークハンドの超越者エンチャがいいなと思いました。
ダークハンドは元々使い勝手が良いのですが
これに更にMHP&MSPが、大幅増加となるのは大きいです。

暴徒型だとスペブレが被ってしまいますね。
他の中下段を使う場合には、このスキル追加は便利そうです。

人間形特化もハマると強いです。+8ライオットと比較すると
+8ダークハンドは、人間形に特化しすぎかなぁとも思うのですが。
現行で考えれば、大体厄介なのは人間形モンスターなので
悪くはないですね。無形・悪魔などの別種の強敵が出てくると
また色々と構成し直したくなるかも知れませんが。

そもそも+8に辿り着くのは困難ですが
可能なら+9ダークハンドにして、更にエンチャントを付けたくなります。

「フェンcを、他のアクセcに変えるなら詠唱妨害不可」
「耐久力をより上げるVit+7」
「詠唱など様々な型に恩恵があるDex+7」
「他にも名弓2、攻撃速度2、消費SP-4%、エンチャセットなど」

と言った感じに、どれも用途が考えられるので
何を目標にするか迷いますね。

 →公式サイト: 「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!

新パッケージ(15thアニバーサリー)登場装備考察

詳細は以下ページに記載されています。

 →【公式サイト】15thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版


■グレータードラクルホーン[1]
+9以下の火力頭としては

・DEF無視&ASPD:リス耳フード帽[1]
・サイズ100%:クイーン・アンズ・リベンジ[1]
・ボス特化&不壊:ブリュンヒルデのダイアデム[1]

の方が大ダメージになりますが、こちらも物理特化が高く
「HP吸収」と「火力」が両立できる「壊れない頭上段」として
注目できます。

+10の「覇王」が発動すれば、近接(STR)武器において
最高水準のダメージが期待できます。

「ヴァナルガンドの兜[1]」のような、SP吸収はありませんが
「邪竜の鎧[1]」「天狗の巻物[0]」と同時に利用できます。

更にスペシャルエンチャントで「闘志2」などが付いたり
「消費SP-4%」や「スキルディレイ-6%」と言った
単品でも使える効果を付加する事ができます。



■ニーヴバレッタ
「高精錬のニーヴ武器」を前提としますが
「ATKorMATK」の増加量は、中段でも最大値に達する事があります。

ステータスに応じた各能力も増加し、更にスペシャルエンチャント
によって「闘志1~2」や「ASPD+1」「Hit+10」などの効果も
同時に付加できます。
またスロットが付く事で、兜カードと併用できるようになります。



■ロイヤルマント[0]
95%で止まりやすい属性耐性を、この頭下段で100%にできます。

更にスペシャルエンチャントにより、「Atk3」「Hit+5」
もしくは「詠唱妨害不可」などが付けられます。



■フェアリークロース[1]
大幅な「完全回避」「MDEF」上昇や、「人間耐性+5%」と
カードに応じた「属性耐性 合計75%(火水風地対応)」が
全て同時に得られる防御用肩装備です。

更にスペシャルエンチャントで、「闘志1~2」や
「攻撃速度2」「消費SP-4%」「スキルディレイ-4%」などの
一部便利な能力を付加できます。



■スカラバハイヒール[1]
スカラバからドロップされる、一部武器とのセット効果があります。

「勇者の靴[1]」と同様に、スペシャルエンチャントで
属性耐性が「最大30%」に達します。
「スキルディレイ」を付加する場合、「勇者の靴[1]」よりも
若干高い値となります。

他にも「ハイレベル」「消費SP-4%」を付加する場合もあります。



 →【公式サイト】15thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版

15thアニバイベント 新装備(パッケージ以外)一部考察

詳細は以下公式ページの「データ」に掲載されています。

 →【公式サイト】15thアニバイベント「ゴールデン・プレシャス・ツアーII」(アニバーサリークエスト)


■名も無き剣士のブーツ[1]
ディーヴァシューズ(ボス特化+ATK増加オプション)
に近い性能を持ちますが、こちらはBaseLv99から装備できて
更に「攻撃速度、MHP、MSP」も同時に上げられる靴です。

イグニゼム=セニア(MVP)カードとのセット効果により
大幅な「STR、FLEE」増加と非常に高いHP&SP自動回復効果を
得られます。

同じ靴である「執行靴、勇者靴」等が使えなくなります。
その代わりデメリット効果なしで、型や職問わず
近接武器(STR)ダメージが大きく強化されます。
物理型において、トップクラスに使える靴の一つになると見ています。


■ジェミニ
頭装備や攻撃手段問わず「物理or魔法特化+3%」が付く兜カード。
比較的入手が現実的な割に、ミンストレル&ワンダラーの
ATKorMATK増加効果もあるなど役に立ちます。


■サジタリウス
物理攻撃の場合、討伐時のSP回復効果が地味に便利です。
更にレンジャーなら、精錬値に応じた大幅なHIT増加が
期待できます。


 →【公式サイト】15thアニバイベント「ゴールデン・プレシャス・ツアーII」(アニバーサリークエスト)

新装備考察(ラグ缶2017 15thアニバーサリー)

ラグ缶2017 15thAnniversaryで登場した装備4種について。

■天邪鬼の鬼面[1]
考察難易度で言えば、今までの装備よりも遥かに高いです。
しかしこのアクセサリーは、使い方次第で
最も強力なアクセサリーと化す事もあるなど
これまでの常識を覆す玄人向け装備です。

このアクセサリーは、一見すると様々な効果が付くように見えますが
実はダメージUP系や攻撃速度関連の効果が全く入っておらず
ステータス分の上昇しかありません。

この事もあり、性能が従来の装備よりも読みにくい上に
火力重視において最適解とならないケースが多いです。
しかしステータス依存度の高い攻撃スキルであれば
既存のアクセサリーを超える事もあります。


天邪鬼の鬼面[1]の強さを活かすには
・素STR18ごとのMDEF15%無視
・素LUK18ごとのDEF15%無視

の2つが最も重要となります。

例えば「素LUK54以上」の物理型であれば、「DEF45%無視」となるため
鍛冶師の手甲[1]に次ぐDEF無視値になります。

(鍛冶師はステ不問でDEF50%無視となり、更にボス特化があるため
 ダメージ的に見れば鍛冶師の方が有利になりやすい。)

・「鍛冶師(50%)+素LUK54鬼面(45%)」で「DEF95%無視」となり
「DEF200前後」のMobに有利。

・「魔グロ(50%)+素LUK54鬼面(45%)」で「MDEF95%無視」となり
「MDEF50前後」のMobに有利。

・「素LUK108以上」の鬼面なら、「DEF無視90%」となり
「DEF無視装備」がこれ1つだけで十分になる場合がある。

・「素STR108以上」の鬼面なら、「MDEF無視90%」となり
「MDEF無視装備」がこれ1つだけで十分になる場合がある。

・「DEF1500以上、MDEF400以上」の極めて硬いMob相手だと
「DEFおよびMDEF無視」が「100%」あったほうが良いので
素STRorLUKが「72以上」もしくは「126以上」が必要となります。

しかし素LUKや素STRが高すぎると
主要ステータスにあまり振れなくなるため
逆に使い勝手が落ちるケースもあります。


天邪鬼の鬼面[1]を使いこなすには

・STRの高い魔法攻撃考慮型
・LUKの高い物理攻撃考慮型

のうちいずれか1つである事が条件となり
更に「高DEFor高MDEF」対策が、「装備」や「スキル」で取りにくい職
および型である必要があります。


天邪鬼の鬼面[1]は、「DEXでVIT増加」「VITでDEX増加」
と言う利点も追加で得られます。

この2つの基本ステータスは、殆どの主要な型で
「80~100前後」まで振っています。

「VIT、DEX」は「物理or魔法型」問わずそのメリットが出てくるため
総合的に見て「天邪鬼の鬼面[1]」が有利になるケースもあります。

・例えば「高MHPの前衛職」だと、このアクセサリー1つで
MHPが5000以上増える場合もあるなど耐久面でも優秀です。

・DEX増加には「HITや詠唱速度」増加もあり、これが割と大きいです。

各ステータス増加によって、状態異常耐性も得やすくなります。
非常に様々な用途が考えられる、可能性の高い装備です。


■戦乙女の雫[1]
ME強化により、「不死・悪魔Mob集団」の一掃が狙えて
しかも青ジェム消費量がそこまで多くありません。
全サイズへの魔法特化もあるなど、期待度の高いアクセサリーです。

このアクセサリーは、支援用としても優秀で
「詠唱-10%、ディレイ-5%、SPR+50%」の全効果を
同時に得られます。

更にオラティオの詠唱が劇的に早くなります。
特にABは、聖属性攻撃の頻度が多いため
このアクセサリーは便利です。

また従来は、盾or頭上段持ち替えで
「オーディンの力Lv2」を使うケースもありましたが
こちらはアクセサリーの持ち替えで対処できます。

所持アイテムや装備構成、ショートカット全般を見直す事で
ABがより使いやすいキャラクターへと変化します。


■灰羽のブーツ[0]
この靴は、主にクラスター型が劇的に使いやすくなる装備で
威力UPの他にも、装備カスタマイズのしやすさで
狩場に応じた対策が取りやすくなります。

レンジャーは、遠距離職と言う利点が出やすいものの
長期戦コンテンツでは「火力&物資&耐久力」など
あらゆる部分に問題があり特に実用化が難しい職の一つでした。

しかしこの靴は、そういったレンジャーの欠点を補う
ポテンシャルがあります。

またエイムドボルトでの確殺敷居を下げたり
大鷲に依存しないシャープシューティングで
高い平均ダメージを出す事も可能です。

「アロスト強化」や「詠唱カット」は、この靴で殆ど得られないため
この2つが重要となる型は注意が必要です。

この靴で罠弓兼用型を、より考慮しやすくなりますが
スキルポイントが厳しいため
「ウォーグライダー」「カモフラージュ」などの一部のスキルを
満足に取得できない可能性があります。

代わりに戦闘面で、あらゆるケースに対処できるようになります。
この靴は何気に、セット効果での人間耐性も付いているため
アヴェンジャー武器やニーヴ武器との相性も良いです。


■アンソニの服[1]
MDEFや完全回避の他、高精錬で破壊不可や人間耐性も付いており
+9だとクリティカルスラッシュが1ダメージになります。

壊れない鎧としては、重量40と最も軽い部類です。
またアンソニc挿しなら、更にDEF+250や凍結耐性なども追加されます。
従来のセット鎧同様、敷居は高いですが中々使える装備です。


 →ラグ缶2017 15thAnniversary(公式サイトへのリンク)

更にロックリッジ新装備考察

前回書いた「ロックリッジ新装備考察」が、短文でまとまったので
逆に色々イメージしにくいんじゃないかと思いました。

とは言え全てを詳しく書くと長くなるので
私の基準で「これは使えそう!」と思った
装備や用途について、もう少し詳しく書く事にします。

・以下に記載していない別の用途があったり
 未掲載でも使える新装備があります。

■トップラウンドライダーカード(武器c)
武器種問わず物理+10%。銃なら更に+5%。
全ての敵にダメージUPできるので
白騎士cと同じく汎用武器として作り上げる事もできます。

■トップサイドライダーカード(武器c)
杖ならセシル(転生二次)cとDOP(MVP)cの上位的性能。
ASPDが欲しい魔法職の汎用武器としてこのcが使えます。
更に+10なら魔法+5%もあって使いやすいです。

■トップブレードライダーカード(肩c)
デメリット効果により、装備無詠唱が難しくなる点に注意。
ただし素ステータス120以下なら、高ATKor高MATK肩に挿す事で
あらゆる敵や攻撃手段に使える肩となります。
更に詠唱妨害不可を肩で取れる珍しい装備です。

■ラウンドライダーカード(靴c)
グリーンペロスcに類似した性能で、更に追加効果があります。
靴のMHP確保を基準とした場合に、強さを実感するカードです。
[LoVA]真化ルールーcに似た用途となりますが
こちらはSTRに依存しにくい点で採用価値があります。

■物影[3](武器)
超フリー対策の一つ。
乱華で対処できないものの、苦無を安易に使う場面でもない。
そんな状況下にも対処できる武器の一つです。

FLEE回避を前提とした戦いにも活用できます。スキルは近接扱い。
高威力を出すには、専用のステータスで構成する必要があるため
使い手を選ぶ武器とも言えます。

■起源の書[3](武器)
サバイバルセットのような耐性効果はないものの
サイキック、SF問わず使えるソーサラーのメイン武器候補。
単品ですぐに使えるという構成のしやすさが強みになります。

■自警団の弓[3](武器)
強撃が付くため汎用性があり、更に特化武器としても成立します。
高精錬が必要になる点と、ディーヴァウィングでも十分代用できるため
無理に揃える武器ではありません。しかし完成すると便利です。

■大自然のギター[3] or 大自然のロープ[3](武器)
弓同様に汎用、特化どちらにも優れた楽器および鞭。
更に人耐性も付加されるなど非常に高い性能を有しています。

■風魔手裏剣・花吹雪[3](武器)
ATK、スロット数、属性、エンチャントなどあらゆる効果が優れた武器。
影狼・朧における、最終武器候補の筆頭に挙がる使い勝手を
持ちます。何気に+9のSP回復効果も良いです。

■栄光のロックリッジバッジ[1] & 名誉のロックリッジバッジ[1]
入手敷居の割に性能が破格なので、まだ装備の揃っていない
駆け出しプレイヤーに推奨できるアクセサリーの一つです。

■自警団のスーツ[1](鎧)
比較対象が「抹消者のローブ」「超越者のローブ」「覚醒のローブ」
になると反射やMDEF増加が主用途になりがちです。
ただしこの鎧もMATKは高めなので、ひとまず+7にしておけば
当分は使えるレベルの強さを持つ鎧になります。

■用心棒のスーツ[1](鎧)
「海竜の鎧」と同じく、職を問わず鎧で消費SPを減らせます。
SPが不足する狩りで候補となる鎧です。

■大自然のスーツ[1](鎧)
鎧単品で高いHPSP回復効果が得られます。
HP自動回復に適しますが、SP回復量も決して低くない優秀な鎧。
敵がそこまで強くないマップの、時間稼ぎに使う事で
回復剤の温存が狙えます。

■用心棒のスカーフ[1](肩)
乱華を大きく強化する肩で、影狼・朧に使える強力な防具です。
乱華ではない風魔手裏剣投げも同等の威力になり、詠唱妨害不可や
ディレカット連射可能と言った強みを活かせます。
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

新サイト「RO修練」はこちら

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード