FC2ブログ

ラグ缶2019 March考察

「ラグ缶2019 March」で、割と良い装備達が多数ラインナップされているので考察内容を公開する事にします。

公式情報(ラグ缶2019 March)

 ~A賞(レア)~

■ウォーロックカトリーヌ(MVP)カード
該当職で使うとかなりすごい。イラストが何故か普通の直立姿勢ではなく、前膝を↓にしているのがポイントです。

■アメンホテプカード
「深淵のドレス」の元になっただけあって強い。ここ数年で動くアメンホテプが増加傾向にあり、高度成長期を彷彿とさせます。

 ~B賞(レア)~

■ハワード=アルトアイゼン(MVP)カード
一部での実用例が考えられます。接尾語に「ある有名NPC」の名前が付きます。

■忍耐の指輪[1]
アクセサリーで人耐性3%が光る逸品。そこ、「プロンテラ軍用手袋[1]」でいいとか言ってはいけません。こちらはなんとモンスターにも効果が出て、しかも転生2次職以下で装備できます。

■マジカルリング[1]
主にボルトスキルの強化に使います。装備自体はLv20から可能。

■ジェミニ-S58の目(青)[0]
スタンや一部スキルに耐性を持つ、獄向け用中段装備。

■エンジェルフェザー[1]
シンプルにまとまった見た目で、個人的に一押ししたい一品です。なんとLv1から装備できます。

■麒麟の角[1]
装備し続ける必要がある他の類似装備とは異なり、こちらはスキルを使うだけで自分や周りの移動速度を上げられます。どこからともなく「ジョンダパス」と言う囁きが聞こえても、決して後ろを振り向いてはいけません。

■サファイアリスト[1]
ステータスやスポア強化が割と便利。

■インペリアルグローブ[1]
RG用職リング第二号。OB取得型だと割と強いです。

■時魔術師の指輪[1]
セット効果が一部のケースで強力です。何気に単品で使うアクセサリーとしても良いスペックです。

■長司祭の指輪[1]
主に完全回避とヒールが強化され、セット効果が強力です。

■虹色のマフラー[0]
メタリックの秒間火力が結構上がります。

 ~C賞~

■リングオブジュピター[1]
LUK型の火力アクセサリーとしてはトップクラスで、熾天使型から乗り換えると言う声も。「リンゴオブジュピター」ではありません。

■冒険家の帽子[0]
そんな装備があったのを今思い出しました。弱くなるけど獲得Expが若干上がる場合があります。

■アイアンシールド[1]
盾で「ノックバック不可+壊れない」が両立できるすごい装備です。平然と+8を要求してくる鬼畜仕様。

■レインボウ[1]
最初に名前だけ聞いて、弓だと思ったのは私だけではないはず。

■やわらか羊の帽子[0]
羊だと思ったら実はしつじだった。と言う事はありませんのでご安心下さい。

■死霊魔術師のニット帽[1]
ネクロマンサーファンに必見と言いたい所ですが、全然ネクロ要素がありませんでした。そもそもファンがいない説。

■試験管ヘアバンド[1]
ちょっとおしゃれな頭上段。割と使えます。

■回復の光[1]
回復量はすごい。消費SP増加でガス欠を起こしても知りません。

■エクセリオンレッグ[0]
気が付けば職靴の陰に隠れて、S設計図より使いやすいものが沢山出てしまいました。Z設計図やA-Hitとの併用など、何だかんだで使い道があります。

■カルデュイの法衣セット_B(カルデュイの法衣[1] / ラフィネスタッフ[0] / ラフィネシールド[1])
「聖+アンフロ+破壊不可」が両立できるため今でも使えます。

 ~D賞~

■ブラックヴェール[1]
該当Mob相手に使うとなかなか強力。最初髪の毛だと思ってました。

■実験成体ゴート型キャップ[1]
ヴェルナー研究所向け。

■セイフティロッド[1]
人耐性が高い。肝心な時にヒールを発動してくれる孔明の罠。

■スタッフオブピアーシング[2]
この杖の名を聞く度に、DEF/MDEF計算式の変更を思い出します。転生2次職だと割と強い。

■元素の服[1]
一時期はゴス挿しの筆頭候補でした。転生2次職以下で使える重量50の鎧。

■タコ帽子[1]
おいしい魚が本当においしくなります。重量効率が割とすごい。

■堕天使の盾[1]
転生2次職以下でも装備できます。

■ヴァルキリーケープ[1]
職業によって「反射or完全回避」が付きます。転生2次職以下も装備可能。

■漁師の靴[1]
弱くなる代わりに獲得Exp増加効果あり。見た目はまんまシューズ。

 ~E賞~

■紫糸威胴丸[1]
鎧で必中効果が得られます。どれだけHITを上げても当たらない相手に一考の余地あり。

公式情報(ラグ缶2019 March)

1月エンチャント対象追加の装備考察

公式情報:「スペシャルエンチャント」と「スロットエンチャント」の対象アイテムがさらに追加!

 ~新たなスペシャルエンチャント対象装備~

■スナイピングベール[1]
元よりライフルスキル(特にマススパイラル)の強化に適した肩で、リベリオン主力肩とも言える性能でした。今回のエンチャント追加により、高精練なら単純に今までよりも使いやすくなります。

■狐耳鈴リボン[1]
実装当初は「頭上段」で「攻撃速度+10%」が得られる便利な装備でした。近頃は「攻撃速度+12%」の頭上段も作成可能など、ほぼ下位装備になっています。今回から「ASアドレナリンラッシュ&純粋なLUK125以上の確率Dex+100」「攻撃速度2」などが付けられるようになります。

■堕天司祭の闇光外套[1]
属性耐性(聖闇)、無属性魔法強化など現状でも使い道のある装備です。今回のエンチャント追加で、INTが更に上がるなどより使い勝手が増します。+9なら肩で「Mdef50%無視」が付く場合もあり、専用の装備で構成すれば強力な効果を発揮します。

■鴉天狗の面[0]
純粋なSTRが高いと効果を発揮しますが、最近だと他の装備よりも候補になりにくい状態でした。今回から「名弓1~2」や「カードスロット」などが追加可能で、完成すれば遠距離主体のSTR型に中々便利な中段装備となります。

 ~スロットエンチャント対象装備~

■悪魔崇拝者の靴[0]
主に「属性魔法(無、火、闇)」での確殺用に使える靴です。肩セットでより使い勝手が増します。「ワンダラー、ミンストレル、サモナー」なども候補になります。今回より+8以上なら、カードスロットが追加可能となりました。

■裁きの靴[0]
聖魔法強化に適した靴で、現在でも度々候補になります。+8以上でカードスロットが追加できるようになり、更に使いやすくなります。

 ~総評~
全て実質的な上方修正となります。類似装備との差はそこまでありませんが、「スペシャルエンチャント」や「靴カード」をうまく活かせば割と強力です。

ラグ缶2019 Februaryのアイテム考察

公式情報(ラグ缶2019 February)

 ~A賞(レア)~

■修羅チェン(MVP)カード
BaseLvや職業の条件が合致した場合などに、基本能力を上げる肩カードとしてトップクラスの性能を発揮します。セット効果が使えるかどうかは要検証。

■ミストレスカード
頭カードでジェムストーン消費を抑えられますが、デメリットでSPを余分に消費する恐れもあります。主にSPが余る場面において、ジェムストーン分の所持量が気にならなくなるメリットがあります。

 ~B賞(レア)~

■ハティーカード
鎧カード。高確率で攻撃してきた相手を凍結させられます。「月食の装束[1]」に挿した場合は、「凍結にならない」や「水属性モンスター」への大幅なダメージアップが期待できます。

■プロンテラ軍用手袋[1]
属性耐性は基本的にグロリアスリングの下位的性能。ただしグロリアス装備のような取引制限が無いため、四属性耐性5%を得られるアクセサリーとして使い回せる場合があります。一応プレイヤー耐性は高め。

■くわえたハートのエース[0]
セット効果の「クリティカルスラッシュ耐性」や「純粋なLUK」に応じた「ASPD、クリティカルダメージ増加」があります。「ギャンブラーシール」自体にもCRI増加があるなど、クリティカル型向けの中下段です。

■大神官の手袋[1]
「魔力1~2」と同時に利用する事で、魔法ダメージを上げられるアクセサリーです。

■精霊王の指輪[1]
主に「ダイヤモンドダスト」「アースグレイヴ」の連打に適しています。このアクセサリーのみだと火力不足になりがちですが、他の様々な装備と組み合わせる事で化ける場合があります。

■インペリアルブーツ[0]
ロイヤルガードの「バニシングポイント」に適した靴です。該当スキル持ちならバニシング型以外でも候補になります。

■執行者のシューズ[0]
「メテオアサルト」の無詠唱化や威力増加が主用途となります。他にもスキル取得に応じた能力上昇量が大きいため、「メテオアサルト」に限らず多くの型で候補になります。

■守護騎士の首飾り[0]
純粋なAGIの高いキャラクターにおいて、セット効果で非常に高い「ATK&攻撃速度増加」が得られる頭下段です。高いASPDを求められる物理スキル型であれば、多くのケースで最高水準の性能を発揮します。

■トラベラーシューズ[0]
「メタリックサウンド」を主体とした靴。「悪魔崇拝者の靴」のほうが使いやすいケースもありますが、こちらも火力&防御共に優れており用途次第で有利になる場合があります。

■悪魔の手[0]
「獅子吼」強化を中心とした様々な効果を得られる修羅用の頭上段です。該当スキルは「天羅地網」「修羅身弾」との両立が困難になりますが、「獅子吼」メインの専用型として構成すると中々強いです。

■ヘヴンリーオーダー[0]
純粋なステータスに応じた能力上昇があり、主に「防御&補助面」が強化されます。一部は既存の中段を超える場合もあります。LUKに振っていて、かつアビス武器を使う前提なら火力面の補完も期待できます。

 ~C賞~

■ジェジェキャップ[0]
経費問題や取得スキル指定がネックですが、「アシッドデモンストレーション」を使う場合において非常に強力な頭上段です。

「クレイジーウィード」も強化されますが、こちらは「平均2.4発ほど命中」の不確定スキルで「地属性固定」という制約があります。主に「風属性モンスター」を中心とした範囲狩りなら一考の余地があります。

ただし使いやすさは「スポアエクスプロージョン」や、必中かつ一部属性対応の「カートキャノン」が上回る場合もあります。

設置スキルを除去する用途においても、反射ダメージの増加がデメリットになるため注意が必要です。この与ダメージの増加は、確殺狩りを前提としない場合に役に立つ事があります。

■不死鳥の冠[0]
「オーバーブランド」に適したロイヤルガード用の頭上段。専用のスキル振りが指定される上、スキル使用時にも多少の工夫が求められます。一般マップでは、「バニシングポイント」に近い火力が出ます。

■プロテクトフェザー[0]
主に「純粋なVIT」の高いキャラクターが、「プロテクトクロース」とのセットで耐久力を大きく上げられる中段です。スペシャルエンチャント対象となり、運が良ければスロットを付けられる場合もあります。

■幸福の盾[1]
「タラフロッグカード」など、耐性盾カードとのセットで獲得経験値が上がります。「アネモスシールド」と同等の「DEF150、重量350、要求Lv90」です。

■沸騰する混沌の盾[1]
「闇耐性+25%」および「+7でASPD+2」の盾。属性盾を前提とした型が、闇耐性を上げたい場合に候補となります。

■ガイアシールド[1]
「地耐性、盾破壊不可、DEF150」などの効果を持つ盾。例えば「シールドスペルLv1、アースドライブの設置除去」を使い分けたり、「地耐性&盾破壊不可」を両立するなど複数の強みを活かす場合があります。

■射向の大袖[1]
盾の耐性用カードを挿す事で、遠距離耐性と他の耐性効果を同時に得られます。敵の遠距離攻撃が厄介となる場面で活躍しやすくなります。

■純白なマーチングハット[1]
攻撃時一定確率で念属性が付与され、念属性モンスターにダメージを与えやすくなります。ダメージが無ければ付与されないため、無属性武器を利用する場合は注意が必要です。

■陣羽織[1]
ダブルアタックによって、クリティカルではない通常攻撃(スペルフィストなど)のダメージを一定確率で上げられます。ただし「三段掌」も発動するため、確殺狩りなどで使いにくくなる場合があります。

■時空マント[1]
「上位の時空ブーツ」とのセットで、主に「防御関連」の能力が補完されます。単品でも「エクスエンチャント」(ステータス、属性耐性、先鋭1~2など)が便利で、また性能の割に「重量40」と比較的軽いです。

■改良型濃縮エルニウムの箱
防具の精錬成功率が上がり、失敗しても精錬値-1で済みます。主に希少性の高いレア防具や、高額品の精錬に使われます。

■炎魔獣の羽[1]
物理・魔法共に、「火属性モンスター」に与えるダメージを上げられる肩です。+10になると「火耐性100」も付くため、完成すれば耐性用としても優秀です。

■改良型濃縮オリデオコンの箱
これを使って武器を精錬すれば、失敗しても精錬値-1で済みます。

■特選ネコ缶(マグロ)の箱
「カード剥がし」や「ワールド倉庫のエキスパートプラン」が可能になります。5個集めれば、MVPボスカードを剥がす事もできます。

 ~D賞~

■バブルガムの箱
討伐時のアイテムドロップ率を増加。主にボスレアなどに利用されます。

■タウラスハット[1]
「ロックリッジ」において、「火力&耐性」を同時に上げられる頭上段です。耐性はDEFとは異なり、囲まれ補正が無いため対多数戦での生存率も上がります。類似装備の中では、要求Lvが130と高めです。

■聖祭の羽衣[1]
「ヒール系使用時」の回復量が上がり、MHP増加などの効果も同時に得られる鎧です。鎧破壊対策はありませんが、+8で睡眠耐性を得られるなど後方からの支援に適した性能です。闇アンフロも可能です。

■スティングのシルクリボン[1]
「地耐性+20%、破壊不可、重量30」の3つの利点があり、スカラバガーデン戦で起用する場合があります。破壊不可の頭上段の中でも比較的軽く、「スロット有り、デメリット無し」と言った独自の強みがあります。

■戦闘教範50の箱
獲得経験値増加の消耗品。

■ヴァルキリーハンマー[4]
職業に応じた特殊効果が得られる鈍器で、スロットの多さが利点となります。BaseLv70~149の火力用武器としても、候補の一つになる性能です。重量も10と軽め。

■マラクの皮[1]
「CRI、クリティカルダメージ、攻撃速度」が同時に得られる肩です。主にクリティカル型で候補になります。

■アインヘリヤルの鎧[1]
精錬値に応じた「人耐性」を持つ鎧で、「カルデュイの法衣」と同じく要求Lv90となります。セット効果で「呪いにならない」「ATK増加」があるなど、一部のケースで使える場合があります。

■紅蓮のストール[1]
「要求Lv1」の「消費SP」を減らす肩です。

■不死のチゲ鍋(大)20個の箱
「VIT+10」の料理。VITには「MHP増加効果」があるため、型を問わず生存率向上に使えます。また「HP+回復アイテム」の効果上昇により、物資温存や緊急時のHP回復がしやすくなるケースがあります。

■日月神示[4]
攻撃時オートスペルで「メテオストーム」が発動する本。

 ~E賞~

■Job教範50の箱
獲得JobExp増加の消耗品。戦闘教範と同時に使えます。

■テュポーンの皮[1]
+7以上の「魔法での討伐時SP回復」や、+8の純粋な「AGI&VIT」に応じた「MATK、DEF」上昇があります。肩自体に「MDEF+10」もあるなど、様々な効果を同時に得られる魔法型向けの肩です。


公式情報(ラグ缶2019 February)

モロク決戦カード考察(2019年1月実装品)

公式情報(新カード13種が登場! 新たな力を宿して強敵に立ち向かえ!)

■フレイムゴーレムカード
武器カード。付与はPTメンバーにも使えますが、失敗時は武器が外れるリスクもあります。主に「火属性固定」が通用する狩場で候補の一つになります。「物理攻撃+10%」もあるため、一応汎用武器にもなります。

■死神アンクカード
ボスドロップの頭カード。「リーフキャットカード(水耐性+10%)」と同等で、「毒属性耐性+10%」「石化耐性+50%」「Mコメット耐性+50%」もあります。上中段の2箇所に挿す事ができます。

■モルス・ネクロマンサーカード
ボスドロップの頭カード。「ジャイアントホーネットカード(風耐性+10%)」と同等で、「念耐性+10%」「睡眠耐性+50%」「Mジャックフロスト耐性+50%」もあります。

■フレイムサンドマンカード
鎧カード。「火耐性+5%」「発火にならない」の効果を持ちます。大抵は「火耐性以外」の対策も必要になるため実用化は難しいです。主にスキルで、鎧に聖属性を付与できる場合などに候補となります。

■フレイムコンドルカード
肩カード。用途が非常に限定される事から、大抵は他の肩カードを挿した方が使いやすくなります。「火属性」かつ「人間形or無形」のモンスターを、「クリティカル」で攻撃する場合などに候補となります。

■ブリナラネアカード
中ボスドロップの肩カード。「マルスカード(水耐性+30%)」「ダスティネスカード(風耐性+30%)」よりも+20%高い上位的な性能を持っています。

■ムスペルスコールカード
中ボスドロップの肩カード。「ジャックカード(火耐性+30%)」「ホードカード(地耐性+30%)」よりも+20%高い耐性を持ちます。

■フレイムバグカード
靴カード。精錬値が高いほど「火魔法」(クリムゾンロック、マタタビランス(火)、サイキックウェーブ(火)など)が強化されます。火力上昇において、「グレイヴベリットカード」を上回りやすい性能です。

■堕落した生命のカード
主に完全回避型において、靴カードの候補の一つに含まれます。ただし+8以下だと「[ECO] タイニー・アルマカード」の方が役に立ちます。費用対効果が問題になりますが、+9以上の「MHP/MSP」増加効果が利点です。

■フレイムフリルドラカード
アクセサリーカード。DEX増加量は「魔神の集中3」よりも +1 高いため、ステータス無詠唱の手助けになります。純粋なDEX125以上なら、遠距離ダメージアップの効果も得られます。

■魔神の使徒・アハトカード
中ボスドロップのアクセサリーカード。「フレイムフリルドラカード」よりもステータス上昇効果に優れています。セット効果のATK&MATK増加量も高めで、既存カードの火力を上回るケースがあります。

■魔神の使徒・シナイムカード
中ボスドロップのアクセサリーカード。主に「魔神の使徒・アハトカード」とのセット運用が考えられます。

■絶望の神モロクカード
ボスドロップのアクセサリーカード。「インスピレーションLv1」とあわせて最大で「AllStatus+32、ASPD+1、ATK+220、HIT+35、MHP増加」など割と強力ですが、時間毎のHPSP減少や反動ダメージに注意。


公式情報(新カード13種が登場! 新たな力を宿して強敵に立ち向かえ!)

2018年9~12月に実装された装備メモ

 ~ラグ缶2018 October~
■フローズヴィトニルの鎖[1]
■ブラックフェザー[0]
■炎魔獣の羽[1]
■金剛石のマント[1]

 ~ラグ缶2018 November~
■無双の指輪[1]
■インペリアルブーツ[0]
■精霊王の宝冠[0]

 ~深淵の回廊 第1回(2018年)~
■緋色のアセイミー[1](STR50)
■クラデニェッツ[1](STR110)
■浮遊するジオイア[0]
■フレイムバード[0]
■王級ミニメロン[1]
■不思議なハト[0]
■ドワーフのひげ[0]
■キングスメイル[1]
■降霊術士のドレス[1]

■深淵の回廊エンチャント
・一部エンチャントの付与候補に「アルカナ」が追加。
・+8以上でエンチャント候補が追加(「強撃4」「増幅4」「アルカナ」など)。

■ティアマトエンチャント
「浮遊するジオイア[0]」にエンチャント可能。

 ~ラグ缶2018 16thAnniversary~
■古びた派遣隊の指輪[0]
■ファフニールスケイル[0]
■もこもこお魚シューズ[0]
■ラドゥーンの皮[1]

 ~リペアメモリーエンチャント~
■主記憶装置[1]

 ~16thアニバーサリーパッケージ~
■白の騎士団の鎧[1]
■炎雷魔女の首飾り[0]
■ヴェスパーヘッドギア[1]
■リトルガーデン[0]
■武侠靴[1]

 ~16thアニバーサリーイベント~
■フルフォース[1]
■ホロウシューズ[1]
■星の眼帯
■負傷兵の眼帯
■アリエスダイアデム[1]
■カプリコーンクラウン[1]
■パイシーズクラウン[1]
■アリエス
■カプリコーン
■パイシーズ

年末ラグ缶('18~)のアイテム考察

今回は「年末年始スペシャルラグ缶'18-'19」に登場する
装備やアイテムそれぞれの考察を行ってみます。
(下記以外の考察例もあります)

 ~A賞(レア)~

■無慈悲なジオイアカード
肩カードで風魔法が大幅に強化されます。非常にレアリティの高いカードで、普通に狙ってもまず入手できません。ウォーロックの「チェーンライトニング」に適した性能ですが、「マタタビランスLv3」や「サイキックウェーブ(ベントス込み)」の強化にも使えます。他にも「風属性耐性+50%」などの効果もあるため、耐性用としても使えます。

■キエル-D-01カード
頭カードで大幅なスキルディレイカットが見込めます。主にブラギの唄が受けられないソロor少数時において、ディレイの長いスキルの使い勝手が大幅に増します。ディレイ減少が実質的な火力増加になり、補助スキルの連打にも利用できるなど幅広い使い道があります。

 ~B賞(レア)~

■マヤパープルカード
隠れた敵が見えるようになる頭カードです。エクセリオンレッグ(Z-Clairvoyanceの設計図)でも代用できますが、装備部位の違いからこちらも候補になります。中ボス級のカードでは、最も入手しにくい類なので高値が付きやすいです。

■麒麟の鎧[1]
聖アンフロ用としては「+9カルデュイの法衣[1]」が上回りますが、こちらは「マルクカード(凍結しない)以外の鎧カードが利用できる」と言うメリットもあります。聖アンフロとして利用する場合でも、比較的安価で入手できて重量も軽いためこちらも候補になります。

■おもちゃの注射器[0]
ホワイトスリムポーションの回復量が上昇し、重量効率が割と優れたHP回復アイテムになります。%回復とは異なり、MHPがそこまで高くない場合にも効果を発揮しやすくなります。BaseLv70から使えるのもポイントで、コストを気にしなければ低Lv育成にも役に立ちます。

■愛しさの欠片[0]
BaseLv100以上なら詠唱妨害不可エンチャント付きの下段も候補になりますが、愛しさの欠片はBaseLv50から使えるという利点があります。上位装備登場によって費用対効果が良くなったため、今でもそこそこの需要があります。

■奇跡の青薔薇[0]
一定確率で聖属性が付与される頭下段です。スキル攻撃でも発動します。物理ダメージが不足していると発動しないため、元々の属性武器には注意。聖属性が有効な狩場では、下手な頭下段を付けるよりもこちら固定にした方が火力が高くなる場合もあります。

■大自然のドレス[0]
人間・動物・風・地相手にダメージを与えやすくなります。鎧で凍結対策はできませんが、「地鎧」「壊れない」「ノックバックしない」「重量40」と様々なメリットがあります。意外と使い道の多い鎧になる場合があります。

■深淵のドレス[0]
不死・悪魔・闇相手に有効な鎧です。こちらも凍結対策できませんが、「闇鎧」「壊れない」「ノックバックしない」「重量40」と悪くない性能です。主に火力職が、一部狩場で候補となる人気の高い鎧です。

■巨大樹の若葉[0]
魔法火力は「暴徒のスカーフ」や「浮遊する太極玉」などが上回りますが、こちらは最大でも「DEX120」で近い火力が得られます。また装備詠唱短縮率も高めになります。何気に要求Lv80と、競合装備の中でも低いほうです。

■戦乙女の雫[1]
「マグヌスエクソシズム」「オラティオ」に適しているだけでなく、スキルディレイ減やSP自然回復量+50%などの効果も持つアクセサリーです。駆魔型だけでなく、支援用アクセとしても利用価値があります。

■虹色のスカーフ[0]
アンリミットの使用頻度を20%→50%程まで引き上げられ、更にアローストームの連打数を上げられます。与一の肩掛けと競合しますが、代わりにアローストームに適した性能になっています。使い方次第で、軽い属性耐性肩としても機能します。

■天邪鬼の鬼面[1]
独特なステータスを要求されますが、様々な効果を同時に得られるなど用途が幅広いです。ステータス補正が高くなり、特にステータス影響度の高い職では最も有用なアクセサリー(2)になる事があります。

 ~C賞~

■パワードチップ[1]
魔導ギアの単独行動に適したアクセサリーです。こちらを使うよりも、他のパワード装備セットでPTを組んだ方が扱いやすくなる場合もあります。しかしこちらは少ない装備部位で、主要な効果を複数得られるメリットもあります。MVPカード(靴:チャールストン3号)と併用する事で、使い勝手が大幅に増します。

■ワークキャップ[0]
主にアックストルネード強化用の頭上段。単純な火力増加目的としても利用できますが、グリードも無詠唱になるなど地味に便利です。

■ネロシールド[1]
「水耐性+壊れない+重量50」などの様々なメリットを同時に得られる盾です。+6でも実用レベルですが、+8なら更にステータスに応じた追加効果が得られます。

■クリティカルアンクレット[1]
主にBaseLv50~99で候補になるクリティカル用アクセサリーです。BaseLv100以上で使うには、セット占有率が三箇所なのがネック。一応ステータス不問で効果を得られるメリットがあります。

■レインボウ[1]
実用化は難しいですが、パッシブ装備では比較的火力が高めで見応えのある頭上段です。要求Lv80。殆どの職や型において、魔法火力で攻撃できるようになる装備です。

■フリオニウィング[1]
単純なHIT増加用途としても使えますが、MVPカード(武器:フリオニ)とのセットで「必中+50%」「石化にならない」が付くためこちら需要で揃える場合もあります。

■執行者のマント[1]
特にギロチンクロスのソウルブレイカーに適していますが、同時に「MHP」「遠距離耐性」「MDEF」「ディレイカット」などの様々な効果も得られる肩です。

■ソイガの書[1]
アクセサリーカードとのセットで獲得経験値が上がります。

■スクトゥム[1]
スロット付きの完全回避盾です。BaseLv100以上なら「金剛石の盾」が候補になりがちですが、こちらは「重量50」「要求Lv10」と言う利点もあります。主に「盾カード」「完全回避」の両立に使います。

■エクセリオンシールド[1]
エクセリオンエンチャントで属性耐性、Atk、Matk、MaxSPなどから選択した能力を上げられます。盾自体の効果も優秀で、幅広い用途が考えられる盾です。

■改良型濃縮オリデオコンの箱
これを使って武器を精錬すれば、失敗しても精錬値-1で済みます。

■改良型濃縮エルニウムの箱
防具の精錬成功率が上がり、失敗しても精錬値-1で済みます。主に希少性の高いレア防具や、高額品の精錬に使われます。

■オルレアンのフルコースの箱
6種の料理効果が得られます。複数の料理を個別に使うのは手間ですが、これがあれば1種だけで済みます。更にATKとMATKの増加効果もあります。

 ~D賞~

■虹色の翼[1]
時計塔に適した頭上段で、対象Mobに深淵の騎士などが含まれます。時計塔以外の狩場でも使える場合があります。火力が高く、耐性も囲まれ補正で下げられません。

+8で石化にならなくなります。他にも時計塔に関わる転送が利用可能。要求Lv30で、早い段階から利用できます。

■フェイスワームの卵殻[1]
フェイスワーム系に使える火力&耐性頭上段。何気にHIT+20効果もあります。要求Lvも30と低めで、序盤のHIT問題にも対処しやすくなります。

■バブルガムの箱
討伐時のアイテムドロップ率を増加。主にボスレアなどに利用されます。

■クリスナーガ[1]
育成序盤から使える汎用魔法短剣で、要求Lv30です。高精練なら他の様々な杖よりもMATKが高くなります。マランエンチャント対象。

■戦闘教範50の箱
獲得経験値増加の消耗品。

■ネクタルスーツ[1]
要求Lv1、重量30の全職装備可能な鎧。

■ヴァルキリーケープ[1]
職業に応じて、反射もしくは完全回避効果が付きます。転生職のBaseLv1から装備可能です。

 ~E賞~

■Job教範50の箱
獲得JobExp増加の消耗品。戦闘教範と同時に使えます。

■黒糸威胴丸[1]
ATKとDEF無視が同時に上がる鎧。特に+8なら「DEF50%無視」「壊れない」が同時に付くため使いやすくなります。

年末年始スペシャルラグ缶'18-'19

イリュージョン装備&カード考察

イリュージョンダンジョンで入手できる「装備&カード」にも、中々役に立つものがあります。

防具の殆どは未精練でも十分な効果を持ちます。BaseLv170以上で高額装備がすぐに入手できない方は、とりあえずイリュージョン防具で固めておくとダメージアップが期待できます。

またディーヴァ装備などの従来の特化品と比べて、Mobや狩場を問わず効果を発揮するものが多いです。中には狙いのエンチャントが付く事で、強力な装備として使える場合があります。

ただし強化しても既存装備より若干火力が下がったり、他職or型比較で微妙な評価に収まるものも含まれます。対Mob戦かつ様々な部分を考慮した場合に、一部候補となるニッチなものもあります。

 ~個人的なイリュージョン装備考察例~

■イリュージョン風魔手裏剣・風鳥[1]
「風魔手裏剣・花吹雪[3]」と同格の風武器。花吹雪は「聖属性」「+9でSP回復効果」が付くのに対し、こちらは「スロット1で強撃5」「ディレイ減」があります。

■イリュージョンアイアンドライバー[1]
一般的な鈍器と同じく射程2。ASはノックバックする心配もなく、威力もそこそこ高め。ただしパッシブで強いかどうかは発動率次第。この武器は「高ATK&強撃5」も優秀で、ASが無くともアコライト系なら十分候補になります。

■イリュージョンポールアクス[1]
Y.S.Fセットと同時に利用した場合、スパイラルピアースがハンドレッドスピアに次ぐRKの高火力連射スキルとなります。ハンドレッドより火力は若干下がりますが、SP燃費の良さなどこちらならではの利点があります。

■イリュージョンウォーアクス[1]
「アックスブーメラン」の詠唱速度を速める事で、徒歩メカでもトップクラスの単体大ダメージ連射が可能になります。基本性能も高水準の片手斧です。

■イリュージョン無形剣[1]
「念ディーヴァ武器」「セイヴザキング[3]」「霧の妖刀[3]」に類似しますが、サイズ補正や装備可能職の違いからシーフ系の念武器候補になる場合があります。

■スティックキャンディロッド[1]
マジシャン系限定ですが、完全回避+20や混乱耐性と併用できます。他の多くの杖同様、武器破壊の心配もありません。

■イリュージョンバリスタ[1]
アーチャー系のみ。重量350ですが「遠距離+50%」や「強撃5」などが付くため、これ一本で複数のMobに大ダメージを与えやすくなります。

■イリュージョン黙示録[1]
近接必要でAS威力も特別高い訳でもありませんが、聖魔法ABやボルト系皿が、聖Mob相手にもダメージが入りやすくなります。

■イリュージョンマフラー[1]
特化ではなく「ATK&MATK」そのものが上がるため、相手やこちらの攻撃手段問わず強化する事ができます。独自のエンチャントが可能で、遠距離耐性も多めに確保できます。

■イリュージョンシューズ[1]
「ATK、MATK、MHP、MSP」が万遍なく上がるバランスのとれた靴です。エンチャントで「真理の解放」が付くと中々強力。「光速」が付く場合もあります。

■イリュージョン骸骨の指輪[1]
MATK上昇効果を持つ左アクセサリー。エンチャントで「暴走した魔力」「光速」が付く場合があります。

■イリュージョンリング[1]
「イリュージョン骸骨の指輪[1]」のATK版。

■吸血鬼のしもべ[1]
「イリュージョン骸骨の指輪[1]」の物理&魔法攻撃上昇版。

■イリュージョンMobのカード
これまで出たカードの類似品が含まれます。「不吉なフリーズタートルカード(水魔法強化)」「不吉なPタートルカード(ヒール上昇&闇属性耐性)」「怨恨のソヒーカード(MSP+20%)」などがあります。他にも純粋なステータス125で効果を発揮するカードもあります。

2018年5~8月頃に実装された装備メモ

■蜃気楼チャレンジ
・調査団の帽子[1]

■ラグ缶2018 July
・プロンテラ軍用手袋[1]
・虹色のスカーフ[0]
・古代モロクのショール[1]

■サマーパッケージ2018
・剛勇無双の紋帽子[1]
・ブースターシューズ[1]
・浮遊する太極玉[0]
・プロテクトクロース[0]
・連合軍司令官のマント[1]

■異形の迷宮
・アビスシリーズ(武器と盾)

■イリュージョンダンジョン
イリュージョン装備や新カードなど

■ラグ缶2018 August
・イリュージョンアイズ[0]
・トラベラーシューズ[0]
・ネロシールド[1]

■僕のドキドキ冒険記Ⅴ
・スタッフオブパフィ[1]
・スターフィッシュスーツ[1]
・特殊環境活動用ブーツ[1]

■ラグ缶2018 September
・勇者のブローチ[1]
・ワークキャップ[0]
・聖祭の羽衣[1]

2018年4~5月に実装された装備メモ

■新種族ドラム実装
「くわえたニンジン[0]」「盾のサイズ&属性耐性c」「肩の無&属性耐性c」など。
(消耗品として「ラザーニャ特産缶詰」が実装されたのもこの時です。)

■Z設計図追加
それぞれ「破壊不可」「ノックバック不可」「ハイドやクロークが見える」を始めとした一部効果を持つZ設計図の実装。

■ラグ缶2018 Spring
「パワードチップ[1]」「大自然のドレス[0]」「海魔獣の鱗[1]」

■ラグ缶2018 June
「アクセラレータチップ[1]」「不死の軍団認識票[1]」「実験成体ゴート型キャップ[1]」

■思念体エンチャント
「強靭」エンチャント追加(古びたシリーズの防御性能若干増加)

くわえたニンジン[0]

さりげなく「くわえたニンジン[0]」が実装されていますが
こちらは全職装備可な下段装備で、ニンジンのHP回復量が増加します。
アイスクリームやミルクよりも、回復量が少ない代わりに
「Zeny効率、重量効率」がかなり優秀ですね。うまく使えば便利そうです。

ラグ缶2018 April新装備考察

→公式サイト:ラグ缶2018 April

新装備考察例(以下に該当しない使い方もあります)


■タウラスハット[1]
ロックリッジMobに対し、与えるダメージが増加し
耐性効果(囲まれ補正無し)も付く頭上段。


■不死鳥の冠[0]
スロット無し&スキルポイント調整が必要な頭上段。
バニシング連打に近い火力を、OBで発生させる事ができるので
対多数戦でのSP消費を軽減しやすくなります。
また、指への負担を減らす事もできます。


■おもちゃの指輪[1]
既にバッシュ、ボウリングバッシュを使っている場合などに
選択肢の一つになる可能性があります。実用化は容易ではないので
計画をしっかり練った上で使う事を推奨します。
何気にハンマーフォールLv5使用可能です。


→公式サイト:ラグ缶2018 April

2018年1~3月の新装備

 ~ラグ缶2018 January

■熾天使の羽毛[0]
熾天使の花冠セット下段。ヒール力や被ヒール量増加。混乱耐性有。
デメリット打ち消しで、詠唱物理スキルの熾天使型も検討できます。

■エメラルドリング[1]
シビア強化の他、矢節約に適したDSやシャワーも便利です。
ステータスUPにより、レンジャーや影葱にも使える場合があります。

■ソイガの書[1]
一部のドロップ系カードとのセットで獲得ExpUP。

 ~ラグ缶2018 February

■ウェルスコア[1]
アクセサリー。対高FLEE相手にも問答無用で20%命中。
2つ付けると40%命中です。攻撃速度増加や属性Mob特化も大きいです。

■悪魔の手[0]
獅子吼強化。SP消費量多め、耐久性能無し、スロット無しなど
制約は多いですが広範囲に近接攻撃を狙えます。

■日月神示[4]
ASメテオ効果を持つ本。灼熱の剣を装備できない一部職で
火属性魔法攻撃を検討できます。何気に武器Lv3。

 ~英雄の痕跡&悪夢のジターバグ 新カード

■フェイスワームの幼虫カード
■フェイスワームの卵カード
セットで昆虫Mobに適した「盾+アクセ」用のカード。

■フェイヨン警備兵&フェイヨン守護兵カード
MATK増加の他、スペルフィスト発動がしやすくなる頭カードです。

■フェイスワームカード
鎧で石化対策できます。地耐性+5%。

■ペル&キスミー・ペルカード
■シンギング・ペル&スイング・ペルカード
主に耐久力が上がるアクセ2種セットカード

■大長老アイリンカード
全サイズ耐性の盾カード。種族盾と異なり基本ATKは軽減しませんが
これが問題となるのは、ごく一部のMobだけなので基本は汎用盾として
使えます。何気に中ボスカード扱い。

■ジターバグカード
鎧でノックバック対策できます。民湾ならトゥルーサイト
(全ステ+5)が使えて凍結耐性+100%も兼ねられます。中ボスc。

■ダークフェイスワームカード
風、聖、遠距離耐性を兼ねられる肩カード。中ボスc。

■メモリアルダンジョン ボスカード
女王フェイスワームカード
fff・ジターバグカード
サラの幻影カード

 ~ラグ缶2018 March

■巡礼者の靴[0]
単品で高いディレイ減が得られる靴です。
最近の靴で定番となる、「MHP、MDEF」増加効果もあります。

■時魔術師の指輪[1]
既に時空エンチャント(大鷲など)を利用している場合に
このアクセでより強化できるなど、幾つかの用途が考えられます。

■ゴーグルハット[1]
ハートハンター軍事基地用の頭上段。
火力UPや、Mob耐性(囲まれ減なし)が優秀です。

■黒糸威胴丸[1]
鎧でDEF無視やATK増加が期待できます。MVPボスモンスターなど
DEFが比較的高めのMobに使える場合があります。+8で破壊耐性あり。


上述以外の使い道も考えられます。

スペシャルエンチャント対象にダークハンドなどが追加!

 →公式サイト: 「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!

個人的に+8ダークハンドの超越者エンチャがいいなと思いました。
ダークハンドは元々使い勝手が良いのですが
これに更にMHP&MSPが、大幅増加となるのは大きいです。

暴徒型だとスペブレが被ってしまいますね。
他の中下段を使う場合には、このスキル追加は便利そうです。

人間形特化もハマると強いです。+8ライオットと比較すると
+8ダークハンドは、人間形に特化しすぎかなぁとも思うのですが。
現行で考えれば、大体厄介なのは人間形モンスターなので
悪くはないですね。無形・悪魔などの別種の強敵が出てくると
また色々と構成し直したくなるかも知れませんが。

そもそも+8に辿り着くのは困難ですが
可能なら+9ダークハンドにして、更にエンチャントを付けたくなります。

「フェンcを、他のアクセcに変えるなら詠唱妨害不可」
「耐久力をより上げるVit+7」
「詠唱など様々な型に恩恵があるDex+7」
「他にも名弓2、攻撃速度2、消費SP-4%、エンチャセットなど」

と言った感じに、どれも用途が考えられるので
何を目標にするか迷いますね。

 →公式サイト: 「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!

新パッケージ(15thアニバーサリー)登場装備考察

詳細は以下ページに記載されています。

 →【公式サイト】15thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版


■グレータードラクルホーン[1]
+9以下の火力頭としては

・DEF無視&ASPD:リス耳フード帽[1]
・サイズ100%:クイーン・アンズ・リベンジ[1]
・ボス特化&不壊:ブリュンヒルデのダイアデム[1]

の方が大ダメージになりますが、こちらも物理特化が高く
「HP吸収」と「火力」が両立できる「壊れない頭上段」として
注目できます。

+10の「覇王」が発動すれば、近接(STR)武器において
最高水準のダメージが期待できます。

「ヴァナルガンドの兜[1]」のような、SP吸収はありませんが
「邪竜の鎧[1]」「天狗の巻物[0]」と同時に利用できます。

更にスペシャルエンチャントで「闘志2」などが付いたり
「消費SP-4%」や「スキルディレイ-6%」と言った
単品でも使える効果を付加する事ができます。



■ニーヴバレッタ
「高精錬のニーヴ武器」を前提としますが
「ATKorMATK」の増加量は、中段でも最大値に達する事があります。

ステータスに応じた各能力も増加し、更にスペシャルエンチャント
によって「闘志1~2」や「ASPD+1」「Hit+10」などの効果も
同時に付加できます。
またスロットが付く事で、兜カードと併用できるようになります。



■ロイヤルマント[0]
95%で止まりやすい属性耐性を、この頭下段で100%にできます。

更にスペシャルエンチャントにより、「Atk3」「Hit+5」
もしくは「詠唱妨害不可」などが付けられます。



■フェアリークロース[1]
大幅な「完全回避」「MDEF」上昇や、「人間耐性+5%」と
カードに応じた「属性耐性 合計75%(火水風地対応)」が
全て同時に得られる防御用肩装備です。

更にスペシャルエンチャントで、「闘志1~2」や
「攻撃速度2」「消費SP-4%」「スキルディレイ-4%」などの
一部便利な能力を付加できます。



■スカラバハイヒール[1]
スカラバからドロップされる、一部武器とのセット効果があります。

「勇者の靴[1]」と同様に、スペシャルエンチャントで
属性耐性が「最大30%」に達します。
「スキルディレイ」を付加する場合、「勇者の靴[1]」よりも
若干高い値となります。

他にも「ハイレベル」「消費SP-4%」を付加する場合もあります。



 →【公式サイト】15thアニバーサリーパッケージ ダウンロード版

15thアニバイベント 新装備(パッケージ以外)一部考察

詳細は以下公式ページの「データ」に掲載されています。

 →【公式サイト】15thアニバイベント「ゴールデン・プレシャス・ツアーII」(アニバーサリークエスト)


■名も無き剣士のブーツ[1]
ディーヴァシューズ(ボス特化+ATK増加オプション)
に近い性能を持ちますが、こちらはBaseLv99から装備できて
更に「攻撃速度、MHP、MSP」も同時に上げられる靴です。

イグニゼム=セニア(MVP)カードとのセット効果により
大幅な「STR、FLEE」増加と非常に高いHP&SP自動回復効果を
得られます。

同じ靴である「執行靴、勇者靴」等が使えなくなります。
その代わりデメリット効果なしで、型や職問わず
近接武器(STR)ダメージが大きく強化されます。
物理型において、トップクラスに使える靴の一つになると見ています。


■ジェミニ
頭装備や攻撃手段問わず「物理or魔法特化+3%」が付く兜カード。
比較的入手が現実的な割に、ミンストレル&ワンダラーの
ATKorMATK増加効果もあるなど役に立ちます。


■サジタリウス
物理攻撃の場合、討伐時のSP回復効果が地味に便利です。
更にレンジャーなら、精錬値に応じた大幅なHIT増加が
期待できます。


 →【公式サイト】15thアニバイベント「ゴールデン・プレシャス・ツアーII」(アニバーサリークエスト)

新装備考察(ラグ缶2017 15thアニバーサリー)

ラグ缶2017 15thAnniversaryで登場した装備4種について。

■天邪鬼の鬼面[1]
考察難易度で言えば、今までの装備よりも遥かに高いです。
しかしこのアクセサリーは、使い方次第で
最も強力なアクセサリーと化す事もあるなど
これまでの常識を覆す玄人向け装備です。

このアクセサリーは、一見すると様々な効果が付くように見えますが
実はダメージUP系や攻撃速度関連の効果が全く入っておらず
ステータス分の上昇しかありません。

この事もあり、性能が従来の装備よりも読みにくい上に
火力重視において最適解とならないケースが多いです。
しかしステータス依存度の高い攻撃スキルであれば
既存のアクセサリーを超える事もあります。


天邪鬼の鬼面[1]の強さを活かすには
・素STR18ごとのMDEF15%無視
・素LUK18ごとのDEF15%無視

の2つが最も重要となります。

例えば「素LUK54以上」の物理型であれば、「DEF45%無視」となるため
鍛冶師の手甲[1]に次ぐDEF無視値になります。

(鍛冶師はステ不問でDEF50%無視となり、更にボス特化があるため
 ダメージ的に見れば鍛冶師の方が有利になりやすい。)

・「鍛冶師(50%)+素LUK54鬼面(45%)」で「DEF95%無視」となり
「DEF200前後」のMobに有利。

・「魔グロ(50%)+素LUK54鬼面(45%)」で「MDEF95%無視」となり
「MDEF50前後」のMobに有利。

・「素LUK108以上」の鬼面なら、「DEF無視90%」となり
「DEF無視装備」がこれ1つだけで十分になる場合がある。

・「素STR108以上」の鬼面なら、「MDEF無視90%」となり
「MDEF無視装備」がこれ1つだけで十分になる場合がある。

・「DEF1500以上、MDEF400以上」の極めて硬いMob相手だと
「DEFおよびMDEF無視」が「100%」あったほうが良いので
素STRorLUKが「72以上」もしくは「126以上」が必要となります。

しかし素LUKや素STRが高すぎると
主要ステータスにあまり振れなくなるため
逆に使い勝手が落ちるケースもあります。


天邪鬼の鬼面[1]を使いこなすには

・STRの高い魔法攻撃考慮型
・LUKの高い物理攻撃考慮型

のうちいずれか1つである事が条件となり
更に「高DEFor高MDEF」対策が、「装備」や「スキル」で取りにくい職
および型である必要があります。


天邪鬼の鬼面[1]は、「DEXでVIT増加」「VITでDEX増加」
と言う利点も追加で得られます。

この2つの基本ステータスは、殆どの主要な型で
「80~100前後」まで振っています。

「VIT、DEX」は「物理or魔法型」問わずそのメリットが出てくるため
総合的に見て「天邪鬼の鬼面[1]」が有利になるケースもあります。

・例えば「高MHPの前衛職」だと、このアクセサリー1つで
MHPが5000以上増える場合もあるなど耐久面でも優秀です。

・DEX増加には「HITや詠唱速度」増加もあり、これが割と大きいです。

各ステータス増加によって、状態異常耐性も得やすくなります。
非常に様々な用途が考えられる、可能性の高い装備です。


■戦乙女の雫[1]
ME強化により、「不死・悪魔Mob集団」の一掃が狙えて
しかも青ジェム消費量がそこまで多くありません。
全サイズへの魔法特化もあるなど、期待度の高いアクセサリーです。

このアクセサリーは、支援用としても優秀で
「詠唱-10%、ディレイ-5%、SPR+50%」の全効果を
同時に得られます。

更にオラティオの詠唱が劇的に早くなります。
特にABは、聖属性攻撃の頻度が多いため
このアクセサリーは便利です。

また従来は、盾or頭上段持ち替えで
「オーディンの力Lv2」を使うケースもありましたが
こちらはアクセサリーの持ち替えで対処できます。

所持アイテムや装備構成、ショートカット全般を見直す事で
ABがより使いやすいキャラクターへと変化します。


■灰羽のブーツ[0]
この靴は、主にクラスター型が劇的に使いやすくなる装備で
威力UPの他にも、装備カスタマイズのしやすさで
狩場に応じた対策が取りやすくなります。

レンジャーは、遠距離職と言う利点が出やすいものの
長期戦コンテンツでは「火力&物資&耐久力」など
あらゆる部分に問題があり特に実用化が難しい職の一つでした。

しかしこの靴は、そういったレンジャーの欠点を補う
ポテンシャルがあります。

またエイムドボルトでの確殺敷居を下げたり
大鷲に依存しないシャープシューティングで
高い平均ダメージを出す事も可能です。

「アロスト強化」や「詠唱カット」は、この靴で殆ど得られないため
この2つが重要となる型は注意が必要です。

この靴で罠弓兼用型を、より考慮しやすくなりますが
スキルポイントが厳しいため
「ウォーグライダー」「カモフラージュ」などの一部のスキルを
満足に取得できない可能性があります。

代わりに戦闘面で、あらゆるケースに対処できるようになります。
この靴は何気に、セット効果での人間耐性も付いているため
アヴェンジャー武器やニーヴ武器との相性も良いです。


■アンソニの服[1]
MDEFや完全回避の他、高精錬で破壊不可や人間耐性も付いており
+9だとクリティカルスラッシュが1ダメージになります。

壊れない鎧としては、重量40と最も軽い部類です。
またアンソニc挿しなら、更にDEF+250や凍結耐性なども追加されます。
従来のセット鎧同様、敷居は高いですが中々使える装備です。


 →ラグ缶2017 15thAnniversary(公式サイトへのリンク)

天邪鬼の鬼面 早見表

―――――――――――――
素STR 18~ 35:Int+3 MDEF無視+15%
素STR 36~ 53:Int+6 MDEF無視+30%
素STR 54~ 71:Int+9 MDEF無視+45%
素STR 72~ 89:Int+12 MDEF無視+60%
素STR 90~107:Int+15 MDEF無視+75%
素STR108~125:Int+18 MDEF無視+90%
素STR126~130:Int+21 MDEF無視+100%
―――――――――――――
素AGI 18~ 35:Luk+3 完全回避+1
素AGI 36~ 53:Luk+6 完全回避+2
素AGI 54~ 71:Luk+9 完全回避+3
素AGI 72~ 89:Luk+12 完全回避+4
素AGI 90~107:Luk+15 完全回避+5
素AGI108~125:Luk+18 完全回避+6
素AGI126~130:Luk+21 完全回避+7
―――――――――――――
素VIT 18~ 35:Dex+3 詠唱速度+1%
素VIT 36~ 53:Dex+6 詠唱速度+2%
素VIT 54~ 71:Dex+9 詠唱速度+3%
素VIT 72~ 89:Dex+12 詠唱速度+4%
素VIT 90~107:Dex+15 詠唱速度+5%
素VIT108~125:Dex+18 詠唱速度+6%
素VIT126~130:Dex+21 詠唱速度+7%
―――――――――――――
素INT 18~ 35:Str+3 ディレイ-1%
素INT 36~ 53:Str+6 ディレイ-2%
素INT 54~ 71:Str+9 ディレイ-3%
素INT 72~ 89:Str+12 ディレイ-4%
素INT 90~107:Str+15 ディレイ-5%
素INT108~125:Str+18 ディレイ-6%
素INT126~130:Str+21 ディレイ-7%
―――――――――――――
素DEX 18~ 35:Vit+3 MHP+1%
素DEX 36~ 53:Vit+6 MHP+2%
素DEX 54~ 71:Vit+9 MHP+3%
素DEX 72~ 89:Vit+12 MHP+4%
素DEX 90~107:Vit+15 MHP+5%
素DEX108~125:Vit+18 MHP+6%
素DEX126~130:Vit+21 MHP+7%
―――――――――――――
素LUK 18~ 35:Agi+3 DEF無視+15%
素LUK 36~ 53:Agi+6 DEF無視+30%
素LUK 54~ 71:Agi+9 DEF無視+45%
素LUK 72~ 89:Agi+12 DEF無視+60%
素LUK 90~107:Agi+15 DEF無視+75%
素LUK108~125:Agi+18 DEF無視+90%
素LUK126~130:Agi+21 DEF無視+105%
―――――――――――――

一見すごそうな装備ですが、諸々の事情で
かなり賛否両論の分かれる装備だと思います。

更にロックリッジ新装備考察

前回書いた「ロックリッジ新装備考察」が、短文でまとまったので
逆に色々イメージしにくいんじゃないかと思いました。

とは言え全てを詳しく書くと長くなるので
私の基準で「これは使えそう!」と思った
装備や用途について、もう少し詳しく書く事にします。

・以下に記載していない別の用途があったり
 未掲載でも使える新装備があります。

■トップラウンドライダーカード(武器c)
武器種問わず物理+10%。銃なら更に+5%。
全ての敵にダメージUPできるので
白騎士cと同じく汎用武器として作り上げる事もできます。

■トップサイドライダーカード(武器c)
杖ならセシル(転生二次)cとDOP(MVP)cの上位的性能。
ASPDが欲しい魔法職の汎用武器としてこのcが使えます。
更に+10なら魔法+5%もあって使いやすいです。

■トップブレードライダーカード(肩c)
デメリット効果により、装備無詠唱が難しくなる点に注意。
ただし素ステータス120以下なら、高ATKor高MATK肩に挿す事で
あらゆる敵や攻撃手段に使える肩となります。
更に詠唱妨害不可を肩で取れる珍しい装備です。

■ラウンドライダーカード(靴c)
グリーンペロスcに類似した性能で、更に追加効果があります。
靴のMHP確保を基準とした場合に、強さを実感するカードです。
[LoVA]真化ルールーcに似た用途となりますが
こちらはSTRに依存しにくい点で採用価値があります。

■物影[3](武器)
超フリー対策の一つ。
乱華で対処できないものの、苦無を安易に使う場面でもない。
そんな状況下にも対処できる武器の一つです。

FLEE回避を前提とした戦いにも活用できます。スキルは近接扱い。
高威力を出すには、専用のステータスで構成する必要があるため
使い手を選ぶ武器とも言えます。

■起源の書[3](武器)
サバイバルセットのような耐性効果はないものの
サイキック、SF問わず使えるソーサラーのメイン武器候補。
単品ですぐに使えるという構成のしやすさが強みになります。

■自警団の弓[3](武器)
強撃が付くため汎用性があり、更に特化武器としても成立します。
高精錬が必要になる点と、ディーヴァウィングでも十分代用できるため
無理に揃える武器ではありません。しかし完成すると便利です。

■大自然のギター[3] or 大自然のロープ[3](武器)
弓同様に汎用、特化どちらにも優れた楽器および鞭。
更に人耐性も付加されるなど非常に高い性能を有しています。

■風魔手裏剣・花吹雪[3](武器)
ATK、スロット数、属性、エンチャントなどあらゆる効果が優れた武器。
影狼・朧における、最終武器候補の筆頭に挙がる使い勝手を
持ちます。何気に+9のSP回復効果も良いです。

■栄光のロックリッジバッジ[1] & 名誉のロックリッジバッジ[1]
入手敷居の割に性能が破格なので、まだ装備の揃っていない
駆け出しプレイヤーに推奨できるアクセサリーの一つです。

■自警団のスーツ[1](鎧)
比較対象が「抹消者のローブ」「超越者のローブ」「覚醒のローブ」
になると反射やMDEF増加が主用途になりがちです。
ただしこの鎧もMATKは高めなので、ひとまず+7にしておけば
当分は使えるレベルの強さを持つ鎧になります。

■用心棒のスーツ[1](鎧)
「海竜の鎧」と同じく、職を問わず鎧で消費SPを減らせます。
SPが不足する狩りで候補となる鎧です。

■大自然のスーツ[1](鎧)
鎧単品で高いHPSP回復効果が得られます。
HP自動回復に適しますが、SP回復量も決して低くない優秀な鎧。
敵がそこまで強くないマップの、時間稼ぎに使う事で
回復剤の温存が狙えます。

■用心棒のスカーフ[1](肩)
乱華を大きく強化する肩で、影狼・朧に使える強力な防具です。
乱華ではない風魔手裏剣投げも同等の威力になり、詠唱妨害不可や
ディレカット連射可能と言った強みを活かせます。

ロックリッジ新装備考察

→「ロックリッジ ~新大陸の開拓者~」特設サイト - データブック(公式サイトへ)

ロックリッジ新装備は、入手に手間の掛かる装備が多いイメージですが
完成すれば中々の性能を発揮するものが多いです。
実装直後の情報を見て、思った事を以下に幾つかまとめます。

・以下に記載した内容以外の用途もあります。

■トップラウンドライダーカード
白騎士cの銃版。+10なら全Mob特化に。

■トップサイドライダーカード
主に+5↑杖に使えるASPD確保c。武器種問わず+10で魔法5%UP。

■ブレードライダーカード
対属性Mob盾の火版。火Mobへの与ダメージアップ用に。

■ガスターカード
アリス盾の一般版。デメリットがある代わりに40%耐性と若干高めです。

■コヨーテカード
肩で水&念&遠距離耐性を同時確保。サイキック&JF複合対策など。

■トップブレードライダーカード
肩で詠唱妨害不可用。+7のステ不問ATK&MATK増加にも注目。

■カニバラウスカード
肩でMATK&ASPD確保。MATK増加肩に挿して素Int130型用などに。

■プラズマラットカード
肩でATK&ASPD確保。素Str130型の高ATK確保など。

■ラウンドライダーカード
靴のMHP10%がメイン用途。一部素ステ120型の追加効果も中々です。

■サイドライダーカード
靴のMHP10%。素VIT120型ならハイレベルなしで単品MHP15%が可能。

■物影[3]
影斬り用武器で、単品でも実質CRI+100が得られます。
影狼・朧専用武器で、デメリット無しの必中攻撃が可能です。

■鉱員のつるはし[3]
slot3で強撃が付く両手斧。高精錬で徒歩メカ用の強力な武器に。

■起源の書[3]
slot3でエンチャント可能な本。サイキックソーサラーのメイン武器候補。

■自警団の弓[3]
slot3で強撃が付く弓。弓型のメイン武器候補。

■大自然のギター[3]
slot3で強撃が付く楽器。VIT、MHP、人耐性、ArV強化もあります。

■大自然のロープ[3]
slot3で強撃が付く鞭。VIT、MHP、人耐性、ArV強化もあります。

■風魔手裏剣・花吹雪[3]
slot3で強撃が付く風魔手裏剣。聖属性。

■自警団のバッジ[1]
エンチャント用アクセの一つ。MATK+30&反射。

■大自然のネックレス[1]
エンチャント用アクセの一つ。討伐時SP+5。

■栄光のロックリッジバッジ[1] or 名誉のロックリッジバッジ[1]
Lv100↑なら全職可。駆け出し用アクセとしては結構強いです。

■自警団のスーツ[1]
主にMDEF増加や反射用途がメイン。鎧エンチャント2種活用可能。

■精霊のローブ[1]
主にサイキックの変動詠唱短縮用。鎧エンチャント2種活用可能。

■用心棒のスーツ[1]
主に消費SP減少用。鎧エンチャント2種活用可能。

■鉱員のベスト[1]
主に物理型の風Mob特化用。鎧エンチャント2種活用可能。

■大自然のスーツ[1]
HPSP回復効果のある鎧。鎧エンチャント2種活用可能。

■精霊のマント[1]
サイキックに特化した肩。肩エンチャント2種活用可能。

■用心棒のスカーフ[1]
風魔手裏剣スキルおよびFLEE&HP&遠距離耐性強化肩。
影狼・朧がETなどの長期戦コンテンツで、優先して付けたい肩装備。
ソロでも使いやすい乱華と、範囲が狭い代わりにディレイカットで
連射できる風魔手裏剣投げと使い分けます。肩エンチャント2種可能。

■鉱員のリュック[1]
肩エンチャント対象且つ肩自体の効果で、幅広い用途が考えられます。

以前登場したECOコラボ装備の話

9/5よりROのモンスターハウスで、ECO関連アイテムの出現率UP。
と言うことで、ECOとのスペシャルコラボレーション第2弾時に
登場した装備の考察を再度掲載してみました。
既にご存知の方は、目新しい情報は特に無いかと思います。

■神魔バフォメットの角[1]
特にデュプレライトに特化しており、更にATKや攻撃速度増加などが
あります。HIT不足でない限り、殴り型アークビショップはこの頭装備が
火力確保に適します。鈍器とのセット効果もあります。

■[ECO] タイニー・アルマカード
全てのスロットに装着可能なAllStatus+2。ステータス調整を前提とする
場合に使います。

■[ECO] ブリキングRX1・アルマカード
ブーストナックルなら、敵を問わず特化効果が付きます。
他にも必中攻撃+5%により、+7でスロットの多い武器に複数挿せば
いざと言う時の命中率確保手段になるかも知れません。

■[ECO] ミニー・ドゥ・アルマカード
武器で少しでも完全回避を確保したい時に使用します。
また精錬値に応じたヒール系強化もあります。用途次第で強力です。

■[ECO] サラマンダー・アルマカード
火・闇属性・遠距離耐性が付きます。他の肩cに比べ、突出した効果は
ありませんが複数からの耐性を同時に得たい場合に候補となります。

■[ECO] モーモー・アルマカード
ミルク回復量が増加する靴cです。ミルクの価格効率が圧倒的に良くなり
更にそこそこ重量効率も有します。また高精錬ならVIT&INTを確保できます。


他にもグロリアやリカバリーが使用可能となる、消耗品が入手できる
場合もあります。
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

新サイト「RO修練」はこちら

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク