2013、2014古代遺跡(RK、WL、珍、民湾)

■ルーンナイト
2013年私的難易度:未登場
2014年私的難易度:★★★☆☆(クリアが難しい)

2014年初登場の職。RR以降永らく狩りの不人気職とされ、クリアのイメージが全く沸かないという話も多かった職です。唯一救済されたドラゴンブレスもLv130のHP&SPでは機能しないと評判。

にも関わらず公式から「最強の騎士」と言う触れ込みがあり、Mobもそれに合わせて高レベルのものが多数配置。この状況下に多くの冒険者達は頭を捻っていました。

しかし2倍日が訪れルーンナイトに挑戦するプレイヤーが増え始めた時、多くの冒険者達はルーンナイトに対する見方を180度変え始めました。

作成がネックとなるルーン全種20個をフルに使うことができ、元々の高い職性能に加え欠点となる火力不足も人数で補えます。

おまけに主力スキルは大抵遠距離or範囲なので安全性が保障されやすく、張り付かれても前衛職としての長所が活きるためそう簡単に倒れない。

これらの状況下から古代遺跡有利とされるソーサラーと似通った性能であり、いわゆる魔法が物理に変わっただけという見方をしてもあまり大差ないほどです。

初回クリア時には庭の猛攻ラッシュを乗り切っても生存者数が20名を超え、更に遠距離型の天敵であるチェンにクラストで対策できる型がいれば負ける要素が殆どなくなります。

2倍日の日数とタイミングも良く、2014年度に計7職存在するMob配置高難易度職の中でも「最速でクリア報告」「唯一のフリーファイトで突破報告」が出ておりその強さを周囲に知らしめました。

■ウォーロック
2013年私的難易度:未登場
2014年私的難易度:★★☆☆☆(まだ安定しやすい)

2014年初登場の職。この時点でまともな攻撃手段がクリムゾンロック、チェーンライトニングぐらいしかなかった職。火力職にそぐわぬMob配置の緩さに、無敵とも言えるホワイトインプリズンが使えるためクリアは容易かと思われました。

しかし9Fで広範囲タゲ流れや状態異常による事故が多発し、10Fでもホワイトインプリズンが通用しない場面が所々に。更に闇Mobが多数でWLにとって不利な配置。決して楽とも言い難い職でした。

人手不足で序盤は音沙汰なしでしたが、2倍日が2日しかないながらもいずれも土日で条件が良好。クリア報告も早い段階で出ました。

クリア安定のABと同グループであり、ファルクス共闘の機会が最も多い職でした。AB隊が裏ルートに辿り着けず、WL限定のフリーファイトでそのままファルクス撃破した例もあります。(私も丁度WL側として参加していました)

■ギロチンクロス
2013年私的難易度:未登場
2014年私的難易度:★★★★★★★★★★★★★★★(異次元)

2014年初登場の職で、2倍日も遅かったことからイベント期間中盤まで殆ど話題に出なかった職。全職中最も遅い段階から職情報が出始めました。

2倍さえ来ればマシな結果になるかも知れない。そう思っていた多くのユーザー達は、やがてそのギロチンクロス遺跡の戦慄さに表情を変えざるを得なくなります。

2倍でどうにかなる問題じゃないと疑問視していた冒険者も居たほどで、2倍日以降は明らかに別次元の難しさだと言う事が周知されました。

ギロチンクロスもレンジャー遺跡同様の過酷なMob配置となっており、しかもそれらの強敵に対し限られた回復剤で対峙するしかない。サポートスキルを受けられないギロチンクロスにはロクな遠距離スキルが無く、両手に武器を持ち近接することがほぼ必須です。

その癖何も考えずに突っ込むと序盤から瞬殺されると言う想像を遥かに超える難易度。ギロチンクロスの強さが特に出てくるLv165ならともかく、古代遺跡ではLv130でそれらの強敵に挑まなければならない。

あまりにも異様すぎる光景に目を逸らしたくなる参加者達。更に後半になるほど敵の勢いはより加速して行きます。

この遺跡でのみ、ギロチンクロスにしかない能力が強く反映されやすいと評判です。それらの特徴を上手く活かすことで、終盤まで生き残る可能性が飛躍的に上がります。

ギロチンクロスはイベント期間の実質最終日となる月曜日に、2日目かつ最後の2倍日がありました。なんとこの日のある時間に、1度だけ13人のクリア者が出ていたことを一部のユーザー達によって報じられました!

ただ「運良くクリアした!」と言っても、それを信じられるかどうかは本当に怪しいぐらいの難易度なのでクリア可否の判断についてはあなた次第となります。

■ミンストレル&ワンダラー
2013年私的難易度:未登場
2014年私的難易度:★★☆☆☆(まだ安定しやすい)

2014年初登場の職。火力重視だと盾が持てない上に攻撃手段の限られた職で、ルーンナイト以上に攻略の仕方が想像しにくくクリアのイメージが沸かない職という評判でした。

しかしいざ2倍日が訪れると、想像以上に豊富な敵無力化スキル群&高耐久力&有り余るほどの連続ダメージ(そして全三次職中最大クラスの激ラグ)ですぐにクリア報告が出た職です。Mob配置がWL同様緩いものとなっており、十分ごり押せるレベルでした。

RK、影葱、メカと同グループであり、いずれもクリア率がそこそこ高い職なので共闘の可能性がある職でした。

民湾自体はとにかくラグとの勝負で、前線や孤立者は回復が叩けず圧死するという欠点が最も大きく出てしまった職です。

この激ラグでも比較的クリア回数が多かったことから、民湾なりの強さを実感された方がいらっしゃる事でしょう。

2013、2014古代遺跡(皿、メカ、ジェネ、AB)

過去の古代遺跡イベントを思い出しながらの各職評価その2です。

■ソーサラー
2013年私的難易度:★☆☆☆☆(クリアしやすい)
2014年私的難易度:★★★★☆(クリアが非常に困難)

触媒不要&範囲のバキュームや、あらゆる敵に通用する無属性のサイキックウェーブ。攻撃力不足も人数で補えて、味方が倒れにくく人手不足に陥ることが殆どない職です。

Mob配置もソーサラーの性能に合わせて緩めのものとなっており、2013年は諸々の条件の良さからイベント開始間もなくクリア報告が出た職。報酬獲得の容易さからメカ・修羅に並ぶ人気職の一つでした。

あまりのクリア報告の多さに2014年では強いMob配置に差し替えられたものの、遺跡ではソーサラーの長所が相変わらず強く出ており終始安定します。

しかしニーズヘッグの影が確定で登場し、これがあまりにも相性が悪く多くの生存者達が常に壊滅してしまうほどの大惨事となりました。その脱落者数はアムダライス発狂を超えるレベルで、歴代でも最大級の被害状況であることに間違いはありません。

クリア報告が、イベント期間後半まで出なかった職となりました。2013、2014共に修羅と全く同じ流れを辿った職。2014年は志半ばで10F突破できなかった参加者が多数出ており、2014年遺跡のクリア困難職の一つに数えられます。

各職で苦渋をなめさせられる終盤の難関「庭ラッシュ」を、大多数の魔法火力であっさり撃破してしまう様子は一見の価値あり。

■メカニック
2013年私的難易度:★☆☆☆☆(クリアしやすい)
2014年私的難易度:★★★☆☆(クリアが難しい)

2013年は強いMobが多数登場するにも関わらず、FAWに任せるだけで最後まで順調に進みクリア報告も早い段階で出ました。2013年度で最もクリア容易な職とされ、終始大人気でした。

2014年はその状況から一転し、FAWアイテムに所持制限が掛かりFAWを設置するだけで良いと言う事は無くなりました。

これにより道中の生存者数が下がったり、終盤は敵数に圧倒されてクリアを逃す参加者が続出。2倍日が修羅と被り実質2日しかないチャンスと思われました。しかしメカニック隊の根強い奮闘により2倍日とは関係しない日にクリア報告が発生!多くの冒険者達に光明が見え始めました。

2013年から強Mob配置になっているにも関わらず、クリア率が比較的高めのメカニック。実際に動かしてみるとFAW以外にも優秀なスキルが多く、基本能力が全体的に高い職というのを実感できます。

■ジェネティック
2013年私的難易度:★★☆☆☆(まだ安定しやすい)
2014年私的難易度:★★☆☆☆(まだ安定しやすい)

全三次職中最も知名度が低く、戦い方が全くイメージできないと言う話が多く出ていたほどの不遇職。しかし前評判の悪さと違い、使ってみると意外と強かったという意見が多く出ました。

個数制限があるものの、クリアするのに困らないスキル触媒の数々。カートブーストが使用不可なものの、様々な攻撃手段を持っていることから中々隙を見せない職。

一方で魔法職扱いなのか、MHPの低さが問題視されます。ただしMob配置も緩いほうなのでしっかり対策すればクリア可能。

2014年は第3グループの一つとなり、このグループには全職制覇の障害となる修羅、ソーサラー、ギロチンクロスの3職が含まれているという過酷な構成になっていました。

その第3グループの中で唯一クリア容易な職がジェネティックで、しかも2倍日が4日あるという徹底された優遇職でした。裏ルートのファルクスクリアを達成した参加者も多い職です。

2013、2014共にジェネティックのみピンポイントで発生するアムダライス発狂(ヴァンパイアギフト)の原因解明が遅れ、アムダライス登場回のみ戦闘不能者が大量続出した職でもあります。

■アークビショップ
2013年私的難易度:★★★★☆(クリアが非常に困難)
2014年私的難易度:★★☆☆☆(まだ安定しやすい)

全三次職中最も根強い人気を誇る職で、2倍日とは関係なく多くの参加者達が集まる職です。また出現Mobはアークビショップの性能に合わせて緩いものが配置されていました。

にも関わらず、2013年はクリア報告が後半まで出なかったクリア困難職の一つに。その障害となったのが参加者の型の偏りでした。

公式にはおそらく「退魔5:パッシブ5」の比率が前提だったと予測できますが、現実には「退魔6:支援3:パッシブ1」ぐらいの比率で圧倒的なパッシブ不足という状況に。

三次職の中でも最大HPが低くなりやすく、火力ステータスだとセリアのファイアーボールやセシルのシャープシューティングで大量脱落者が相次ぎました。またパッシブはそもそも序盤脱落率が高く、後半は一人も残っていないと言う状況が多くありました。

多数登場する聖Mobに無力なことが多く、人手不足で終始手詰まりとなっていた職です。パッシブの重要性が周知されてようやく光明が見え始めます。そしてついにクリア!職人気があったにも関わらず、ロイヤルガードと並ぶクリア困難職となりました。

2014年はMob配置がほぼ流用で登場し、更に的確な指揮があったため2倍日がレンジャーと同日であったにも関わらずクリアチャンスが最も多い職に変化。その生存者数は全三職から見ても最大人数。多くの参加者達の反対意見を振り切って、裏ルートクリアを主張し深淵の王ファルクス撃破を最短で達成させた職です。

アークビショップ自体は耐久力の無さ、実質的な装備制限の厳しさが問題となるものの防御スキル自体は豊富。更にアドラムスの様々な欠点が古代遺跡において作用しにくく、その強さを十二分に発揮していました。パッシブ型もまともに作れば他職にはない性能を発揮するなど、その潜在能力を実感しやすい職です。

2013、2014古代遺跡(RG、修羅、影葱、連)

過去の古代遺跡イベントを思い出しながらの各職評価です。

■ロイヤルガード
2013年私的難易度:★★★★☆(クリアが非常に困難)
2014年私的難易度:★★★☆☆(クリアが難しい)

古代遺跡を代表する職。コンセプト通りの高耐久と団結力に、十分過ぎる強さを持つ攻撃スキルの数々。しかし前半から強力なモンスターが多数登場し、終盤ほど熾烈なまでの敵の猛攻ラッシュが始まっていき味方の士気を徹底的に削ぎ落とします。

2013年&2014年共にユーザーの動向はほぼ同じで、前半から人手不足が顕著となりイベント後半の2倍日までクリア報告が出なかった職。

しかし古代遺跡でロイヤルガードの職性能の高さが浸透し、様々な要因を考慮しても全三次職中1,2位を争うほどの強職ぶりを発揮しました。

■修羅
2013年私的難易度:★☆☆☆☆(クリアしやすい)
2014年私的難易度:★★★★★(クリアできる気がしない)

残影が使用不可だったにも関わらず、職バランスとイベント仕様の優遇で2013年度のクリア容易職の一つに。各自が最後までソロし続け生存できればクリア。ポイントも稼ぎやすく人気職の一つでした。

2014年ではMob配置が差し替えられます。更に2倍日が少ない上に、早い段階に2倍初日の登場。この時点では全職含めてクリア報告が殆ど出ていない状態で、結果的に後半の実質1日しかチャンスがありませんでした。

鯖負荷が顕著に出ていたこともあり、2014年度におけるクリア困難な職の一つに数えられました。

金剛がマイナス方向に作用しやすく、思った以上に機能しない。残影が解禁されたにも関わらず、クリア報告は数えるほどしか出ませんでした。

修羅自体はバランスの良い強さを持ち、その万能性を活かせば他職には無い使い勝手を誇る職でもあります。その回のクリア達成者は大抵少数になるのが、遺跡の難しさを物語っています。

■シャドウチェイサー
2013年私的難易度:★★★☆☆(クリアが難しい)
2014年私的難易度:★☆☆☆☆(クリアしやすい)

2013年時点ではフェイントボムの知名度が低く、全員が団結して地道に共闘し合うというある意味正攻法のプレーで攻略。一方でクリアの達成感が強いため比較的評判の良い職でもありました。

2014年でもMob配置はほぼ流用。いくつかの新装備に加えフェイントボムによる自由なプレーが浸透してから、ローグ系らしさが強く出つつもクリアが最も楽な職に変化。各種完封スキルも非常に優秀で、状況の良さから2014年古代遺跡最有利職と誰もが認めるほどでした。

■レンジャー
2013年私的難易度:★★★★★★★★(クリア報告が殆ど出ていない)
2014年私的難易度:★★★★★(クリアできる気がしない)

RR以降の高い前評判や、それに伴う参加者数の多さなど参加状況に恵まれていた職。しかし蓋を開けてみると、何かを間違えたとしか思えない異常なMob配置。

ノックバック不可や多人数混戦など、レンジャーの様々な長所が活かせない状況。その条件の悪さから誰もが認める2013年度クリア最難関職。多くの冒険者達が雪辱を果たせないままイベント期間が終了。2013年時点ではクリア者が1%を下回るのは間違いなく、誰一人クリアしていないのでは?という噂も。

2014年古代遺跡で「リベンジ」と言うタイトルが付く理由となった職。しかしMob配置はおおよそ昨年通りな上に2倍日が2日しかなく、なんと両方ともメンテありの火曜日。しかも昨年のクリア困難職かつ人気職でもあるアークビショップと完全に被るなど、これまでにない最悪な条件で再登場し冒険者達を驚愕させました。

リベンジを願う多くの方々の健闘により、なんと2倍日開始間もなく多くの突破者からクリア報告が発生!古代遺跡探検隊において最も熱い展開だったのは間違いないでしょう。一方で従来通りの高難易度調整に、チャンスがほぼ1日しかないと言う状況は同じで相変わらずの高難関職でした。

レンジャー自体の遠距離射撃or罠というコンセプトが強力に作用し、公式説明の通り殆どダメージを受けないまま多くの敵達を倒せてしまうほどのスペックを持っています。そのままでは倒せない強敵達にどう対処できるかがテーマになっていました。

セカンドコスチュームが可愛すぎてつらい

ジェネティックが可愛すぎてつらい。
遺跡でジェネティックを動かして以降、初めて今のROに
足りないものに気が付きました。
それは見た目である!!!!!!!!

個人的にはデフォルトのままでも特に不満はなかったのですが
セカンドコスチュームは今のROにおいて想像以上に重要な仕様変更だというのを
実感することができました。夢にまで出てきそうなぐらい大切です。

遺跡は無料開放だし、バランス調整放棄の手抜き実装で良いぐらいです。
運営・開発には元々の本題であるセカンドコスチュームに
とにかく力を注いでくれる方が嬉しいです。

ただ、遺跡で頑張った記憶やそれで培ったROの職知識など。
共に戦った仲間との思い出や、心に残る記憶も沢山作れましたし
実際コスチュームチェンジチケットの購入動機にもなったぐらいなので
蜃気楼コンテンツの素晴らしさは、中々見過ごせないのも確かです。

セカンドコスチュームで、今一番懸念点となっているのが
ROで一番人気であるはずのアコライト系において
一時的に公開された女修羅、女アークビショップのセカンドコスチュームが
両方とも不評だということ。

この2職は多少延期してでもグラフィック調整したほうが良いと思います。

男アークビショップはセカンドコスチュームに対する反対意見を
あまり聞かないのでそのまま実装しても良さそうですが
女修羅、女アークビショップは注目度が高いグラフィックなので
やはり万全の状態にしておいたほうが良さそうですね。


未実装のセカンドコスチュームの話は
人によって意見が変わりすぎるので
話題にすべきではないですが、あえて私の意見を。


女アークビショップは先月のセカンドコスチューム公開時に
見た目のしょぼさが目立ってしまったために
不評となった背景があります。

この背景から、ロングスカートの方がおそらく好評に繋がりますが
ミニスカート路線でも通用する可能性はあります。

ミニスカートだとウォーロックの2ndグラと被りやすいのに注意します。
しょぼいとももっさりしすぎとも言われないような
スッキリしたグラフィックにする事がユーザーの反響に繋がります。

ミニスカート、ロングスカート両方の良さを活かしたのが
アークビショップのデフォルトコスチュームとなりますが
2ndはあえてミドルスカートと言う選択肢もありますね。
無理に聖職者らしさを追及しなくても大丈夫かと。


男修羅は、やはり服を着たほうがいいのかなと思う部分はあります。
セカンドコスチュームが一度も公開されてないので
どうなるかは予測不可能ですね。
白シャツと修羅の肉体を上手く使うことはできないかな?

女修羅は、転生二次職の女チャンピオンを
うまく上位職としてデフォルメするか
こちらも白シャツを利用して露出を減らしてしまうのもありですね。

最近音沙汰が無いですが、既に裏で動いている可能性も考えられます。

男修羅、女修羅共にどうなるかは作る側次第な部分もあり
ひとまずは運営・開発の動向に期待です。


余談ですけど、私は女ジェネティックに白服黒ミニスカートが
似合いそうだなーと昨年12月ごろに思っていた所に

間もなく公式ブログで、ジェネティックのセカンドコスチュームがほぼ似たような色合いで公開された時は本当に驚いたのを覚えています。たまたま方向性が被ったんでしょうね、稀によくあります。ちなみにスカートの形は予想できませんでしたがこちらも中々良いです。

パッケ価格が1万円なので、これをコスチュームチェンジチケットに換算すると20キャラ分に相当します。コスチュームチェンジチケットは1つ500円と安く、月額の1/3の価格で変更できますね。

支援ABでソロGHMDに挑戦!

ジュデ1持ちの支援ABでようやくソロGHMDに挑戦。
予想通り普通にクリアできました。属性相性的にも良く
ソロでも使える強力な支援魔法が多数揃っています。
クリアするだけなら比較的余裕のある職だと言うのを実感しました。

複数の職を育てていく中で、色々な火力装備を集めた恩恵もありますね。

ワンダラーという三次職

ABと皿も相当ですが、最近の湾の変貌ぶりはすごいです。
元々強力な補助スキルを多数持ち、古びたシリーズ実装で
+7が入手できればPT必須職の仲間入り。

更にエメラルドイヤリングで単体魔法火力もこなせるようになり
遠距離・近接・魔法全てが整った汎用性の高い攻撃性能を
一つのキャラで持つ事もできます。

見た目に関しても、好みがはっきり分かれますがそうした問題も近年中に
実装されるであろうセカンドコスチュームで解決される可能性が高いです。
前情報から湾の2ndはかなり評判が良く、期待度の高さは相当なものでしょう。

ここ数ヵ月前まで続いた湾とはもはや全くの別物です。
見た目も大きくパワーアップし、職性能も向上・・・。
あれ、これいつから三次職だと勘違いしていたのでしょう。
我々の知らないうちに、四次職が実装されつつあるかのようです。

スキルショトカのドラッグ&ドロップ

スキルショートカットをドラッグ&ドロップすると
そのスキルショートカットを消去することができます。

ただ移動を頻繁に行う場合や、ダブルクリック専用のショートカット利用時に
ドラッグ&ドロップしてしまい、意図せずスキルショトカを
消してしまう事も多いのですよね。
このあたりどうにかならないかなぁ、と言う話が出ていました。

プレイヤースキルってなんぞ?

さて以前ギルド内でもお話した内容に似ていますが
ギルドサイトでは体調管理とその次にプレイヤースキルを
重視するように記述していますが

このプレイヤースキルと言う表現はかなり漠然としていて
操作の上手さだけが重要となるのか、それ以外の心遣いも含めるかどうか
について明確に記載していないのですよね。

ぶっちゃけ私も常に意識している訳でもなく
ギルドとしてどういうメンバーが理想であるかも
具体的に決まっている訳でもないのですよね。
で、現状ギルド内は操作上手い人が大半を占めている事もないのであります。
あれ、これサイト修正したほうがいいんじゃね?(。-ω-)

各三次職のLoVAコラボダンジョン真化ボス攻略

永劫の戦上級を「道中の制圧なし」で直にボスに向かい
そのまま倒してしまおう!と言う企画に
各三次職で挑戦し見事クリアできたので
その一連の流れを簡単に書いてみることにします。


■レンジャー(私的難易度:★★☆☆☆)
BaseLv165なのと、アンリミエイムドが強いので攻略は楽でした。

ハワードはアンクルに掛けてそのまま撃破。

マガレ戦は速度減少の直後に睡眠を受ける事があるため
ナイトメアc挿しの頭装備を所持した方が楽ですね。
たまにアンクルに掛かったままニューマを張られますが
発生する頻度は高くないので効果切れまで待機。

カトリはごり押しましたが、後回しにして戦闘場所を広くとれば
殆どダメージを受けずに倒せるはずです。

ガイルはアジリティアップ&近接攻撃が厄介ですが
しっかりショッカーに掛けてクリティカル(シャープシューティング)で攻撃。
アジリティアップが切れたらエイムドで一気に勝負を付けました。


■メカニック(私的難易度:★★★☆☆)
徒歩メカで挑戦しました。まだBaseLv158なので状態異常が厄介ですが
FAWの攻撃は止まらないため耐え続けるだけでも倒せそうです。
基本はパワースイングで真化ボスを1匹ずつ撃破しました。

ハワードの攻撃はMHP装備&回復剤連打で耐えて
ガイルもクリティカル装備で通常攻撃し倒せました。


■シャドウチェイサー(私的難易度:★★☆☆☆)
シャドウリングが2個あったため、ノックバック対策しつつ
バックスタブ連打するだけでクリアできました。
耐久面も、壁際のフェイントボム併用で余裕の撃破。
私のキャラクターの中で一番クリアが楽な職だったと思います。

状態異常を受けながらでも倒せました。
仮にシャドウリングなしでも、フェイントボムでガイル以外は
倒せるはずなのでクリアできる見込みはあると思います。


■修羅(私的難易度:★★☆☆☆)
BaseLv165のため状態異常を殆ど受けないのと
マガレ、カトリ、ハワードは修羅身弾。ガイルは大纏でそのまま倒せるため
特に問題なくクリアできました。

ハワードやガイルとの真っ向勝負が無理でも
大纏の足止め効果を利用すれば
かなり低敷居の装備でもクリアできる可能性があると思いました。


■ロイヤルガード(私的難易度:★★☆☆☆)
もともと高MHP職なのと、バニシングポイントが強力で
ガイル以外はそのまま倒せるため
三次職の中では攻略しやすいほうだと思います。

ただしBaseLv&VIT不足で、スタンが非常に危険なため
個人的にクリアに苦労したキャラクターです。


■ルーンナイト(私的難易度:★★★☆☆)
BaseLv148でしたが、高MHP職かつ
状態異常無効のリフレッシュを15分フルで使えるため
耐久面にかなりの余裕がありました。
前衛騎兵職ならではの所持量の高さも良いです。

低Lvでクリアできる可能性が最も高い職だと思います。

マガレ、カトリ、ハワードはボウリングバッシュで地道に攻撃。
ガイルはクリティカル装備でパッシブ主体。
範囲攻撃が機能しにくく、また攻撃力の低さで時間が掛かりましたが
無事クリアできました。


■ウォーロック(私的難易度:★★☆☆☆)
マガレのみヘルインフェルノ、他はチェーンライトニングで撃破。
ハワードのみ直接抱えるのは困難なので
クァグマイアで後退しながら戦い無事クリアできました。
もっと苦労すると思っていましたが、意外とあっさり戦えました。


■ギロチンクロス(私的難易度:★★★☆☆)
二刀+エンチャントデッドリーポイズンで高い攻撃力を出せるため
各ボスが比較的早いペースで倒せます。

ただし盾が持てないため、ハワードとガイルには注意が必要でした。
ガイルはカタールでクリティカル、ハワードはクロスインパクトで
対峙し無事勝利できました。


■ジェネティック(私的難易度:★★★☆☆)
マガレ、カトリはカートトルネードで撃破。

ガイルはクリティカル装備で地道に攻撃しましたが
詠唱阻止されない装備を付けてアシッドデモンストレーションの方が
戦闘時間は短縮できると思いました。

BaseLv不足のため、スタンはVIT20料理で対策しました。
ハワードが少々厳しいため
こちらはスポアエクスプロージョンで戦い無事クリアしました。


■ワンダラー(私的難易度:★★★☆☆)
ガイルはMATK付きの鞭+耐性盾を持ち振動残響。
他は嵐の弓でシビアレインストーム+振動残響で撃破。

弓は基本的に盾が持てず、また所持量にも余裕がない職なので
ハワード戦は距離を空けながら振動残響で応戦し
無事クリアしました。


■アークビショップ(私的難易度:★★★★☆)
支援ABで挑戦。ジュデックス1+デュプレライト5が攻撃手段となります。
いずれも属性&MDEF的な都合もあり時間が非常に厳しかったです。

所持量の問題もあって、ハワードはSW連打しつつの長期戦。
STR20料理や各種補助効果を使って何度も挑戦したところ
ようやく15分ギリギリでクリアできました!

おそらくアドラor殴りABならもう少し余裕があると思います。
支援ABでのクリアは達成感が大きいので
これはこれで挑戦してみる価値があったのかも知れません。


■ソーサラー(私的難易度:★★★★☆)
精霊が実質動けず、サイキックだとカトリ。SFだと特にマガレが
ネックとなり制限時間が特に厳しい職だと思いました。

私の場合、まず最初にカトリをSFで撃破し
残り3ボスをバキュームで足止めしつつサイキックで一斉攻撃しました。

ステータスが防御寄りな都合もあって、サイキックだけだと
時間が足りないので出来る限りダメージの上がる装備にし
途中からSFも混ぜたりして15分ギリギリでクリアできました!

精霊なし前提のSFステであったり、クラウドキル取得タイプなら
もう少し余裕が出ると思いますが
いずれも条件の厳しさから万全の体制で挑めない方も多いと思います。

ただ耐久面で言えばカトリ以外からダメージを受ける機会が少なく
地道に戦うと言う面では、ある意味やりやすく面白い職だと思います。


 ~締め~
これで無事12職クリアとなります。

やってみて思ったのは、最低でもBaseLv160以上で状態異常対策しないと
直でボスと戦うのはかなり無理がある難易度だと思いました。
ある程度強い装備も必要ですね。

例え制圧なし上級が無理でも、しっかり5箇所制圧してからボスに挑めば
範囲状態異常が無くなって楽ですし
中級なら攻略しやすく報酬も大して変わらないため
各自の都合で丁度良い難易度に設定できるダンジョンだという印象でした。

こういうユーザー視点で難易度を決めるダンジョンというのも
悪くないと思いました。

なお併せて「戦闘不能なし&戦闘中の補給なし」も達成していました。
特に支援ABやサラは時間がギリギリなので、寧ろこの条件でないと
クリアできない可能性が高くなると思います。
しかしやろうと思えば、結構行けるものですね。

学園団からウェルス転送

そういえばファンタスマゴリカクエスト終了させてると
楽園団2Fからウェルス転送してもらえるようになりました。
これでウェルスセーブorポタメモする必要が無くなりました!
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

↓ギルドサイトも随時更新中!
http://yoruama.mizuiworld.jp/

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード