FC2ブログ

修羅遺跡鯖終了!

セカンドコスチューム体験鯖および遺跡探検お疲れ様でした!
個人的には、好調な出だしで次々とMVP獲得&少人数クリアを
達成するなど高難易度配置にも関わらずひたすら順調でした。

やはり敵の配置が厄介なだけあって、所々事故もありましたが
残影の機動力や身弾の遠距離攻撃があるため割と安定していました。

まさかのエクセリオンシールド[1]が、1週間前に登場となりましたが
すぐに考察して実戦投入できたのも大きかったと思います。

最近は金剛石の盾[0]を使う傾向が多かったのですが、安定度を保つ
ために丁度スロット有りの使える盾を考えていた所でした。


修羅は2014年の初の二倍日にも、生存人数4名で10F突破
していたのですが今回ほぼ同じ状況で初日クリアできました。

逆に全体として見ると、耐久力が異様に低い2職を除いて
クリア率が最も低い高難易度職と言う側面もあります。
やはり修羅は、ハマる人にはとことん強い職であるものの
その実情は扱いが難しい玄人向けの職であると思わざるを得ません。

今回の修羅はシャドウチェイサーに似た使用感があるものの、こちら
は自力でHP&SP回復が可能。緊急回避能力と相まって、詰み状態に
なる事が特に少ない職だったと言うイメージでした。

【今回確認できた修羅遺跡の独自ルール】
・セリア=アルデが登場しない。(カトリーヌ=ケイロンが多い)
・スカラバガーデンの数が、一部職よりも若干少ない。

- 個人記録リスト -
【生存人数】
・2人生存10Fクリア。(2回)
・3人生存10Fクリア。
・4人生存10Fクリア。
・7人生存10Fクリア。
・6人生存ファルクスクリア(2回)
・7人生存ファルクスクリア
・約85人生存ファルクスクリア(2地点含む)
・1人生存9F突破

【開始人数】
・8人開始で10Fクリア。
・15人開始でファルクスクリア。
・89人開始でファルクスクリア。
・2人開始で9F突破。

【その他】
・1回の挑戦で出現したMVP10種全て獲得。
・1回の挑戦で9MVP中7MVP獲得。
・朝9時の回で10F突破。
・ファルクス二地点合流クリア。
・ファルクス前に残り14分で到着。
・ソロで苦痛のロイヤルナイト撃破。
・最深部で時間切れ退場。
・深淵で時間切れ退場。

イベント期間中のMVP獲得or討伐状況
・女王フェイスワーム(ソロ撃破MVP、ペア撃破MVP、トリオ撃破MVP、壁役MVP、身弾MVP)
・セリーヌ・キミ(身弾MVP、ペア撃破、壁役専任)
・ファラオ(ペア撃破MVP、3人生存MVP、壁役MVP、身弾MVP)
・怨霊武士(3人生存MVP、物理MVP、身弾MVP、壁役専任)
・アムダライス(ソロ撃破MVP、壁役MVP、身弾MVP)
・堕ちた大神官ヒバム(ペア撃破MVP、トリオ撃破MVP、物理MVP、身弾MVP)
・彷徨う紫色の竜(1人生存MVP、ペア撃破、トリオ撃破MVP、身弾MVP)
・ニーズヘッグの壁(1人生存MVP、ペア撃破、トリオ撃破MVP、身弾MVP、取り巻き壁役)
・女王スカラバ(ペア撃破MVP、壁役MVP、身弾MVP)
・誘いの魔眼(ソロ撃破MVP、ペア撃破MVP、トリオ撃破MVP、身弾MVP)
・深淵の王ファルクス(壁役MVP、合流MVP、身弾MVP、ドロップ権獲得)


修羅のセカンドコスチュームは、概ねソーサラーと同じく賛否両論
あれど割と悪くない衣装でした。ソーサラーがよりスマートになった
のに対し、修羅は若干派手になったという印象です。

特に♀修羅は元のコスチュームが良いので、相変わらず好きな方を
選ぶ形になるでしょう。どちらのコスチュームもそれぞれの独自の
雰囲気があって良いです。


今回の遺跡は「身弾型」「阿修羅型」の二つが想定通り強かったです。
逆に「双龍コンボ型」は全く見る事がありませんでした。

高難易度配置でありながら、朝~夕頃のクリアが割と多かったのと
「ファルクス前14分余り」「開始人数一桁で10F突破」
「二地点合流(共に1時間切り)」など、前代未聞の戦績が挙がった
この職は実はかなりの強さを持つ職なのかも知れません。

修羅遺跡意外と楽しい

修羅も何でもあり感があって面白いですね。
火力性能に癖があるものの、それを補う防御or機動力などがあるため
思った以上にサクサク行ける事があります。

何気に新記録達成も幾つかあるなど
今回の遺跡は、個人的にはかなり順調な流れとなっております。
問題はゴーレム成長速度が、全職中最も遅い部類の職で
思った以上にクリアされてないのが少々気になる所でしょうか。

難易度が高めな分、結構面白い展開になる事も多いです。

修羅遺跡54分10F突破

ファルクス前、船長からの通知で6分余りとのこと。
他職の楽な遺跡を思い出すレベル。修羅の強さを改めて実感しました。

修羅遺跡の細かい情報幾つか

とりあえずセカンドコスチューム体験鯖で分かった事幾つか。

・テラグロリア~ラグ缶9月までの新装備は大体販売リストあり
(エクセリオンシールド[1]、ディヴィットシールド[1]、共和国の帽子[1]、
天狗の下駄[1]など。主にBaseLv130以下で装備できるもの)

・新装備は殆ど+7まで使用可能。ディヴィットシールド[1]は+4。
(類似装備のヴァルキリーシールド[1]も+4まででした)

・新ニーヴエンチャント(命中、回避、幸運)は全てエンチャント可能。

・今回も初期入手限定品が存在しています。
(s無し俊敏の時空ブーツ、未エンチャのプロンテラ装備など)

・修羅遺跡は身弾or阿修羅型が多め。
 範囲火力は天羅or雷光型、たまに別のスキルが見れる事も。


 -追記-
体感修羅を動かしてみて、やはり火力はそこまで高くないイメージ。
なのですが、特に少人数回においてクリア率が高いです。

残影はやっぱり便利ですし、いざと言うときの阿修羅や白刃or金剛など
もうまく機能させればかなり安定する所があります。

高難易度配置では珍しく、早朝を除くほぼ全時間帯でクリアチャンスが
あるのは修羅が総合的に見て強いからなのか。もしくは装備が強く
なったのか。遺跡攻略法が浸透してきたからなのか。よくわからない
ですが、この職は他の遺跡とは別の攻略しやすさがあります。

修羅遺跡 10MVP獲得クリア達成!

修羅遺跡、一度の挑戦で登場した10種のボスモンスターから
全てMVPを獲得できました!

道中のランダムボスはアムダライスでした。
まさかこの職で達成できるとは思ってませんでした。ラッキーでした。

修羅遺跡 8人開始で10F突破!

修羅遺跡、8人開始で挑戦したところ無事10Fクリア達成しました!
高難易度配置を、この人数でクリアできたのは始めてです。

今回生存された方は5名。時間ギリギリだったため
ファルクスは倒さずに帰還しました。
もっと順調に行けば、少人数開始でのファルクス討伐も
視野に入るかも知れません。

ともあれお見事でした!

修羅遺跡 18人開始で10F突破!

まさかの2日目にして18人開始10Fクリアを達成!
また別の回では、19人開始でファルクス討伐できました!
諦めずにチャレンジして良かったです!
うまく行けば、もっと良い結果になるかも?

なお、今回ファルクス挑戦権自体が殆ど無かった影響で
最後に取れたMVPはファルクスとなりました。残りの「怨霊武士、堕ちた
大神官ヒバム、ニーズヘッグの影、女王スカラバ」からもMVPは取れて
いるため、これで裏ルートのMVPはコンプリートできました。

修羅遺跡 1日目

やはりいざやってみると、修羅遺跡は難易度が高いですね。
早い段階で1度10F突破できたものの、それ以降は最深部到達ならず。

ゴーレムの数値から見て、初日に10Fクリアできたのは夕方と夜の
2回きりみたいです。片方はファルクスも倒したらしい?

11回目のセカコス遺跡でありながら、思ったよりクリア率が低くて驚き。
まさか難易度据え置きでここまで大変だとは。
前回のソーサラーがいかに強かったのかを思い知る事になりました。


今回の遺跡は、体感で従来の遺跡よりもMVP獲得が難しいようです。

それでも「女王フェイスワーム、セリーヌ・キミ、ファラオ、アムダライス、
彷徨う紫色の竜、誘いの魔眼」の6種からMVP獲得!

残りの5種(怨霊武士、堕ちた大神官ヒバム、ニーズヘッグの壁、
女王スカラバ、深淵の王ファルクス)もぼちぼち狙って行く事にします。
ただ今回は、悠長にMVPを狙ってられない状況も多いため
取れたらラッキーぐらいの気概で良いのかも知れません。

キウイおいしい

本日ついに修羅のセカンドコスチューム実装と言うことで
セカンドコスチューム体験鯖も1週間限定(26日まで)の登場となります!

コーディネートを楽しむ目的でオープンされたこの鯖ですが
中身は2014年に登場した古代遺跡探検隊ほぼそのままと言う…。

しかし、戦闘モーションも含めて色々チェックできる点で
意外とコンテンツ的には合致しているのと
脱線して従来の遺跡鯖みたいな楽しみ方ができたりします。

遺跡は難易度据え置きな上に、この3年間で登場した新装備達が
殆ど使用可能なのでさすがにクリア率は上がっています。
それでも丁度良い難易度で、更に蜃気楼補正&職限定と言う条件から
未だに絶妙なゲームバランスを保っている点には注目できます。

遺跡鯖 - 参加人数別考察

遺跡鯖は、参加時間や地点によって状況が様変わりするので
同じ配置のダンジョンでも
その印象ががらりと変わるのが特徴です。

■60~100人
夜21~23時頃の人の多い地点は、大体この人数になります。
人が多いだけでなく、常連メンバーの参加率も高い傾向にあるため
この人数になると古代遺跡は祭りムードと化します。
一部のケースで発生するラグが脅威なので、そこだけは特に注意。

■40~60人
夜18~24時頃の一部地点は、大抵この人数におさまります。
体感で100人の時と大差ないか、もしくはそれより早く進みます。
比較的クリア率が高い上に、ラグも少ないため
快適ながら最も安定して攻略できるバランスになります。

■25~39人
夕15~19時、深夜0~2時頃の一部地点がこちらに該当します。
この人数でクリアするには、事前に遺跡に慣れておきたい所です。
ゴールデンタイム中も、トラブル等で人があまり集まらなかった地点は
この人数になる事がたまにあります。

■13~24人
土日昼12~15時もしくは深夜2~4時の人の多い地点などに、この人数に
おさまる事があります。かなり人数が少ないためクリア率は下がりますが
時折攻略法を熟知されているメンバーが多数集まる事もあります。

■5~12人
土日朝8時~昼12時に多く集まった地点は、大体この人数になります。
僅かながら裏クリアが狙える最小人数に近いです。但し一人ひとり
の力が非常に重要となります。
遺跡に本気で挑むなら、この人数が最も面白いです。

■2~4人
早朝5時~朝8時や、昼前の人の少ない地点は4人以下になる事があり
ます。非常にレアなケースですが、深部まで調査できる可能性も。

■1人
時間帯問わず、人のいない地点を狙えば大抵この人数になります。
PTは怖いけど、ソロでちょっと試したい方などが参加されます。
朝時間はメイン地点ですら、誰一人参加していない事も多いため
この場合は否応なしにソロになります。

エクセリオンシールド[1]と修羅遺跡

■修羅遺跡の登場前考察
おおよそ何か来るであろうと覚悟していましたが
「エクセリオンシールド[1]」の登場により、私が修羅遺跡用に
構成していた専用型は見直しを迫られる事態になりました。

従来までは「攻撃力&使い勝手」共に上位だったのが、今は相対的に
見て「攻撃力」だけが高水準の尖ったキャラになったと言うイメージです。


最近はどの三次職も、ダークハンド[1]有利なケースが多くありました。
しかしエクセリオンシールド[1]の登場により
ライオットチップ[1]が基本能力で逆転してしまうケースまで現れました。

この盾はスロット有りなので、金剛石の盾[0]が抱えがちな
Mob耐性が種族に限られるといった問題までカバーします。
幸いにも、一部の主要な設計図が対象から外されているので
類似装備と横並びする性能にギリギリ収まっているイメージです。

修羅遺跡の型候補

修羅遺跡まで残り1週間半となりました。と言う訳で修羅遺跡の型一覧
を掲載してみました。(一部装備が登場しない可能性もあるため注意)
もちろんこれら以外の型もあります!


■阿修羅型

阿修羅覇鳳拳を重視した型。チェン1確すら視野に入るほどの
威力で確実に敵を倒す事ができます。修羅の数少ない必中手段
の一つで、アジリティアップ使いのMobには特に強いです。

 →阿修羅型の記事

■下駄雷光型

天狗の下駄[0]で雷光弾を活用する型。射程&範囲が広く集団戦に向き
ます。耐久力の高い後方火力であるため、生存率は群を抜きます。
大人数攻略時において、安定した役回りが可能です。

 →下駄雷光型の記事

■身弾型
GHMD全盛期のソロ修羅を、遺跡用に最新化した型。
単体、範囲共に高い秒間ダメージを与えられます。
少人数攻略時において、第一線での活躍が期待できます。

 →身弾型の記事

■スパルタカス身弾型

スパルタカス[2]などのナックルをメインとしたマイナー型。
AGI初期値でASPD185になるため、ステータスに余裕ができます。
余った分を「DEX、INT」に多く振れば、命中率&詠唱速度も高水準に。

 →スパルタカス身弾型の記事

■雷光身弾型

雷光型の一つ。広範囲&長射程の雷光弾をメインとしつつも、身弾
での単体火力も想定した型。サブ火力として獅子吼の利用を
検討するなど幾つかの構成例が考えられます。

 →雷光身弾型の記事

■閃光連撃型

閃光連撃で戦うマイナー型。ダメージを上げて一部の強敵を確殺したり
號砲効果での範囲攻撃を狙います。SP燃費に優れた
近接大ダメージが与えられるなど、独自の強みがあります。

 →閃光連撃型の記事

■コンボ羅刹型

双龍脚→大纏崩捶→羅刹覇鳳撃のコンボで戦う型。
瞬間的な大ダメージを与える事で、強敵相手に
一気に勝負を付ける事も可能です。

 →コンボ羅刹型の記事

■完全回避型

敵の通常攻撃を避ける型。特化すれば完全回避100近くに達するため
通常攻撃を殆ど受けなくなります。金剛なしでも高い壁性能を発揮する
ほどで持久戦に強い壁型として活躍します。

 -追記-
3年前に比べて、生体阿修羅1確など様々なものが達成しやすい装備構成になっています。色々試してみるのも面白いかも知れません。


 →追加で所持しておきたい装備一覧

修羅遺跡とエクセリオンシールド[1]の噂

巷で新装備登場の噂がありますが、中でも修羅遺跡に関わるのは
エクセリオンシールド[1]です。

現状まだ情報が乏しく、正確なシミュレートができる段階ではありません
が一見してかなり使えるであろうという推測が立っています。

この装備を遺跡で活かすには、ステータスや他部位の装備にも
幾つかの調整を加える必要がありそうです。

修羅遺跡 - 追加で所持しておきたい装備一覧

この記事は2017年頃の古い情報です。

いずれもクリアの成否に関わるほどの効果を発揮する事があります。
必要に応じて所持しておきたいです。

■属性耐性
・エクセリオンウィング[0](肩)
・時空マント[1]
・肩の属性耐性カード(ダスティネスカードなど)
・金剛石の靴[1]
・属性盾各種
・スティングのシルクリボン[1](頭上段)
・ガイアスカード(頭)
など

■HIT装備
・HITやDEXの上がる装備やエンチャント
・フリオニウィング[1](肩)
・マミーカード(武器)
など

■スペルブレイカー
・ウォッチャーカード(アクセ)
・薔薇の花冠[1](頭上段)
・銀細工のブレスレット[1](アクセ、遺跡商店限定)

■HP回復
・C-Life(設計図エンチャント)
・[LoVA]真化ルールーカード(靴)
など

■練気+吸気功(SP回復)用
・ケラウノス[1] 2個
・天狗の下駄[0]
など
↑「吸気功」は、味方の気弾を吸わない位置での使用推奨。

■阿修羅用
・MSP増加装備

■属性鎧カード
・エンジェリングカード(聖)
・ゴーストリングカード(念)

↑軽い鎧(ブリーフ[1]やカーリッツバーグ騎士団の鎧[1]など)に
挿しておくと役に立ちます。

■ナックル
武器切替だけですぐに高ASPD化します。

■クヴァシルリング(アクセサリー)
深淵の王ファルクスの専用ギミック対策に
「レッドクヴァシルリング[0]」「ブルークヴァシルリング[0]」を所持。


他にも使える装備があります。

コンボ羅刹型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

コンボ羅刹型の遺跡構成例
STR94 AGI79 VIT85 INT15 DEX88 LUK21

双龍脚→大纏崩捶→羅刹覇鳳撃で、敵に大ダメージを与える型。
羅刹覇鳳撃はLv10で遠距離、Lv4で近接扱いになるスキルです。
双龍脚→大纏崩捶→號砲と繋げる事で、強い範囲攻撃も可能。

 ~装備例~
武器: +7 レクイエムスマッシャー[0]
武器: +7 錆びたアーム[3](深淵の騎士カード3枚)
武器: +7 ノーブルクロス[1](サンタポリンカード1枚 闘志8 闘志8)
頭上段: +4 ライオットチップ[1](ガイアスカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](消費SP-15% 闘志2 闘志2)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](Atk3 HIT+5 Str+2)
頭下段: エクスプロージョンガム[0]
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-Hit A-MaxHP)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-Hit A-MaxHP)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Wind A-Frozen A-Str)
鎧: +6 カーリッツバーグ騎士団の鎧[1](イビルドルイドカード 名弓1)
肩: +8 時空マント[1](ワクワクカード SpecialStr Str+7 Str+7)
靴: +7 エクセリオンレッグ[0](S-Atk C-Life A-Def)
アクセ: 鍛冶師の手甲[1](ミンストレルアルフォシオカード)
アクセ: 鍛冶師の手甲[1](ワンダラートレンティーニカード)

 →コンボ羅刹型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

閃光連撃型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

閃光連撃型の遺跡構成例
STR120 AGI1 VIT85 INT1 DEX83 LUK20

単体、集団問わず近接して「閃光連撃」します。
隙の多いスキルなので、チャンスを見計らって攻撃します。
全て近接なので、ニューマ内でも命中します。

 ~装備例~
武器: +7 レクイエムスマッシャー[0]
武器: +7 錆びたアーム[3](深淵の騎士カード3枚)
武器: +7 ノーブルクロス[1](サンタポリンカード1枚 闘志8 闘志8)
頭上段: +4 ダークハンド[1](ガイアスカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](HIT+10 闘志2 闘志2)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](Atk3 HIT+5 Str+2)
頭下段: エクスプロージョンガム[0]
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-Hit A-Atk)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-Hit A-Atk)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Wind A-Frozen A-Str)
鎧: +6 ドレイクコート[1](イビルドルイドカード 闘志1)
肩: +8 時空マント[1](ワクワクカード 闘志2 Str+7 Str+7)
靴: +7 力の時空ブーツ[1]([LoVA] 真化ルールーカード 闘志2 闘志2)
アクセ: 鍛冶師の手甲[1](タフィーカード)
アクセ: 栄光の証[0](血(腕力) 安息(体力) 死(体力))

 →閃光連撃型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

雷光身弾型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

雷光身弾型の遺跡構成例
STR94 AGI77 VIT85 INT26 DEX86 LUK21

「雷光弾」をメインとしつつも、「修羅身弾」も想定した型。
遠距離には「雷光弾」、近距離には「獅子吼」と使い分け
単体相手には「修羅身弾」で着実にダメージを与えられます。

 ~装備例~
武器: +7 ノーブルクロス[1](サンタポリンカード1枚 闘志8 闘志8)
武器: +7 錆びたアーム[3](深淵の騎士カード3枚)
武器: +7 レクイエムスマッシャー[0]
頭上段: +4 ダークハンド[1](ガイアスカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](ASPD+1 名弓2 名弓2)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](Atk3 HIT+5 Dex+2)
頭下段: エクスプロージョンガム[0]
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-Hit A-Flee)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-Hit A-Flee)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Wind A-Frozen A-Str)
鎧: +6 カーリッツバーグ騎士団の鎧[1](イビルドルイドカード 名弓1)
肩: +7 メンブリッツマント[1](ワクワクカード)
靴: +7 金剛石の靴[1]([LoVA] 真化ルールーカード 名誉(迅速) 安息(体力) 死(体力))
アクセ: ケラウノス[1](修羅チェンカード)
アクセ: ケラウノス[1](修羅チェンカード)

 →雷光身弾型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

スパルタカス身弾型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

スパルタカス身弾型の遺跡構成例
STR94 AGI1 VIT94 INT77 DEX84 LUK20

AGI分を、他のステータスに割り当てられる長所があります。
通常の身弾型と同じく、「点穴 -球-」を維持して「修羅身弾」で
攻撃。集団相手には「旋風脚+天羅地網」で応戦します。

 ~装備例~
武器: +10 スパルタカス[2](深淵の騎士カード2枚)
武器: +7 レクイエムナックル[0]
頭上段: +4 ライオットチップ[1](ガイアスカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](HIT+10 名弓2 名弓2)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](Atk3 HIT+5 Dex+2)
頭下段: エクスプロージョンガム[0]
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-Hit A-MaxHP)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-Hit A-MaxHP)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Wind A-Frozen A-Str)
鎧: +6 カーリッツバーグ騎士団の鎧[1](イビルドルイドカード 名弓1)
肩: +7 メンブリッツマント[1](ワクワクカード)
靴: +7 エクセリオンレッグ[0](S-Atk A-Hit A-Def)
アクセ: 破戒僧の数珠[1](魔神の集中3)
アクセ: 破戒僧の数珠[1](魔神の集中3)

 →スパルタカス身弾型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

身弾型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

身弾型の遺跡構成例
STR94 AGI82 VIT92 INT38 DEX70 LUK13

特に朝~昼などの少人数時において、活躍が期待できる型です。
「点穴 -球-」を維持しつつ、単体相手には「修羅身弾」で攻撃し
集団相手には「旋風脚+天羅地網」で迎え撃ちます。

 ~装備例~
武器: +7 錆びたアーム[3](深淵の騎士カード3枚)
武器: +7 ノーブルクロス[1](サンタポリンカード1枚 闘志8 闘志8)
武器: +7 レクイエムスマッシャー[0]
頭上段: +4 ダークハンド[1](ガイアスカード)
頭上段: +4 ダークハンド[1](ナイトメアカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](ASPD+1 名弓2 名弓2)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](ASPD+1 HIT+5 Dex+2)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-Hit A-Atk)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-Hit A-Atk)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Wind A-Frozen A-Str)
鎧: +6 カーリッツバーグ騎士団の鎧[1](イビルドルイドカード 名弓1)
肩: +7 メンブリッツマント[1](ワクワクカード)
靴: +7 金剛石の靴[1]([LoVA] 真化ルールーカード 血(腕力) 安息(体力) 死(体力))
アクセ: 破戒僧の数珠[1](オウルヴァイカウントカード)
アクセ: 破戒僧の数珠[1](オウルヴァイカウントカード)

 →身弾型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

下駄雷光型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

下駄雷光型の構成例
STR96 AGI61 VIT95 INT51 DEX73 LUK21

大人数時に向いた型で、生存率の高さが長所の一つです。
「練気功」で気弾確保しながら、遠距離からの「雷光弾」で攻撃
します。「阿修羅」の必中高威力も狙えて、釣役にも適した能力です。

 ~装備例~
武器: +7 ノーブルクロス[1](サンタポリンカード1枚 闘志8 闘志8)
武器: +7 レクイエムスマッシャー[0]
武器: +7 錆びたアーム[3](深淵の騎士カード3枚)
頭上段: +4 ライオットチップ[1](ガイアスカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](ASPD+1 名弓2 名弓2)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](ASPD+1 HIT+5 Dex+2)
頭下段: エクスプロージョンガム[0]
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-Atk A-MaxSP)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-Atk A-MaxSP)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +6 カーリッツバーグ騎士団の鎧[1](イビルドルイドカード 名弓1)
肩: +7 エクセリオンウィング[0](A-ASPD A-Def A-MaxHP)
靴: +7 天狗の下駄[0]
アクセ: ケラウノス[1](魔神の腕力3)
アクセ: ケラウノス[1](魔神の腕力3)

 →下駄雷光型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

阿修羅型(遺跡構成例)

この記事は2017年頃の古い情報です。

阿修羅型の遺跡構成例
STR101 AGI11 VIT74 INT100 DEX73 LUK5

セシル、ガイル、ガーティーと言った長期戦になりがちな
高FLEEモンスターに阿修羅を決める型です。
必中大ダメージにより、要所での活躍が期待できます。

 ~装備例~
武器: +7 レクイエムスマッシャー[0]
武器: +7 錆びたアーム[3](深淵の騎士カード3枚)
武器: +7 ノーブルクロス[1](サンタポリンカード1枚 闘志8 闘志8)
頭上段: +4 ダークハンド[1](ガイアスカード)
頭複数: +7 バレルヘルム[1]
頭中段: ジェミニ-S58の目(赤)[0](MaxSP+100 闘志2 闘志1)
頭下段: オープンエアヘッドフォン[0](MaxSP+100 Mdef+6 Str+2)
頭下段: エクスプロージョンガム[0]
盾: +7 エクセリオンシールド[1](オーガトゥースカード R-Wind A-MaxSP A-MaxSP)
盾: +7 エクセリオンシールド[1](アリスカード R-Fire A-MaxSP A-MaxSP)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Ground A-Frozen A-Str)
鎧: +7 エクセリオンスーツ[0](E-Wind A-Frozen A-Str)
鎧: +6 ドレイクコート[1](イビルドルイドカード 闘志1)
肩: +8 時空マント[1](ワクワクカード SpecialStr Str+7 Str+7)
靴: +7 天狗の下駄[0]
アクセ: 拳闘士のグローブ[1](甲帝スカラバカード)
アクセ: 栄光の証[0](血(知力) 安息(体力) 死(腕力))

 →阿修羅型のスキル例(わむてるらぶ様)

一部装備やエンチャントが登場しない可能性もあるため注意。
用途や目的に合わせて、上記以外の構成にする場合もあります。

 →修羅遺跡 型候補一覧

3年ぶりの修羅遺跡予測

3年前と比べて、主に以下のような変更点が考えられます。

■ASPD増加装備の充実
元々容易だったASPD上限達成が、属性盾や中下段追加でより低敷居に。

■阿修羅威力増加
特化した阿修羅の威力が約2倍に。セイレンやチェン1確が視野に入り、2人以上で共闘せずとも倒しやすくなりました。

■ウェルスアップデート
エクセリオン装備で主に耐久力増加。従来より装備変更箇所が少なく済むケースもあり遊びやすくなっています。

■レクイエム装備追加
レクイエム武器は、生体戦で強力な効果を発揮します。

■バレルヘルム追加
金剛が好きなタイミングで解除できるようになり、使い勝手上昇。

■数珠の登場
実質的な身弾&天羅型の強化に。

■ケラウノスの登場
雷光弾の威力および連射性増加。

■七王家&テラグロリアアップデート
「ダークハンド[1]+金剛石の靴[1]」セットは一部の修羅に向く性能。
名誉の新ニーヴにも強力な効果があります。

 ~追記~
他にも幾つかの装備が追加され、様々な型の可能性を広げています。

注意:ここに記載された装備の全てが、修羅遺跡で使用可能になる保障はありません。遺跡では知名度があまり高くない装備でも、バランスを大きく変えるものを意図的に未登場にさせる例があります。

[動画]ファイアーウォールで暴走した船長と戦ってみた

そういえばすっかり宣伝し忘れてましたが
動画投稿しました。思いついたら試してみたくなった系です。

→【RO】ファイアーウォールで暴走した船長と戦ってみた

次のモンハウ

人が増えるなら中級2週もありかな?
ただ従来通りのペースだと、中級1週が限界です。
今まで通り先に2週目を始めるべきか。

恐らく行けてもギリギリだと思うので、今まで通りやってみる事にします。

ミカンたべたい

TWO4週とハートハンター臨時が最近の日課です。
湾があと数日で目標レベルに達しそうなので
そろそろ金策に集中できるようになりそうです。
レベルカンストを目指すにはまだ早い、まずは装備集めだ!

そろそろ余った3%剤を使っておきたい所です。私は実質あと14日で
大部分を消費しておかないと確実に腐るので、やはり今から
ガンガン使って行くのがベストかなと。

遺跡クリア困難職3位のアレ

2015年12月、2016年7月と続くクリア困難職トップ3のラストを飾る
修羅遺跡が2017年9月中旬に再登場となります!

4位はソーサラーですが、こちらは難易度の約90%をニーズが占めて
いました。つまりニーズさえ対処できれば、皿遺跡は楽なのです!
3位と4位の間には、超えられない大きな壁があります。
当然ですが皿遺跡のノリで行くと悪戦苦闘するでしょう。

修羅の火力スキルは大体中射程で、全体的に心もとない威力のスキル
が多いです。前衛より微妙にMHPが低く、気を抜けば簡単に確殺される
耐久力。高威力スキルも連射性および燃費に難があるため
実用化は難しいです。


遺跡でクリア困難となる職は、大抵職性能に問題があり
更に遺跡登場Mob群と相性がよろしくない事が多いです。

しかし修羅遺跡(3位)の難易度は、更に難しいレンジャー(2位)とも
大きな差があります。

ギロチンクロス、レンジャーはその難易度とは裏腹に
職長所がかなり出てくるジョブなので、使いこなせば
割と良い所まで行ける職でもあります。

修羅はそれらの2職と比較すると、バランスの良い職性能に
なっています。ある意味器用貧乏と言えますが
逆に言えば万能性の高い職とも表現できます。

特に難易度1~2位との決定的な違いは、「盾の使いやすさ」です。
また各前衛職よりMHPが低いと言っても、後衛職よりは高いです。

三次職の中でも中間に位置するこの職を、どうカスタマイズするかは
各プレイヤー次第なところもあります。
またこの3年間で「エクセリオン、数珠、下駄、ケラウノス」と言った
新装備が多く出ている点にも注目できます。

セカコス体験鯖のアレ

19日の修羅遺跡が楽しみ過ぎて、既に1ヵ月ほど前に
遺跡シミュレートを済ませている私です。

近いうちに、修羅遺跡に関わる幾つかのネタを
記事にして投下しようと考えています。大体以下のような
タイトルで掲載する予定です。

・遺跡クリア困難職トップ3、うち1つは修羅
・修羅遺跡は何故クリア率が低かったのか?
・修羅遺跡で想定される型と装備構成
・修羅遺跡の各階層情報および要注意Mob考察

会話スキップの必要性を考察

メモリアルダンジョンなどの会話スキップは、特にソロプレーでの
待機時間を減らすために必要です。

しかしモンスターハウスなど、一部のコンテンツでは
準備時間の間にPT編成や作戦会議を行います。
またこうした待機時間の間に行われる、何の理由も感じられないような
雑談も実はROを楽しむ上で重要なポイントになってきます。


私の考えでは、ソロプレーやクエストなどは
プレイヤーのペースを極力崩さずスキップできる部分を増やし

PTコンテンツでは、ゲーム内アナウンスを最小限に留めて
ゆったりと相談したり、作戦会議やPT編成できる時間を
確保するべきだと思っています。

その殆どが「プレイヤーの操作に委ねる形」が一種の理想であると
考えています。


例外としては、ネコリンの秘密研究所のような
ぶっ飛んだ展開だと待機時間があっても
意外と苦痛にならない事。

今回の夏イベでも実感したのですが、冒険者アカデミーの
登場キャラクター達は何かとカオスな展開が多いです。
他のストーリーに比べて、何度見ても飽きさせる事の少ない
微妙な雰囲気がいい味出しているようです。

以前登場したECOコラボ装備の話

9/5よりROのモンスターハウスで、ECO関連アイテムの出現率UP。
と言うことで、ECOとのスペシャルコラボレーション第2弾時に
登場した装備の考察を再度掲載してみました。
既にご存知の方は、目新しい情報は特に無いかと思います。

■神魔バフォメットの角[1]
特にデュプレライトに特化しており、更にATKや攻撃速度増加などが
あります。HIT不足でない限り、殴り型アークビショップはこの頭装備が
火力確保に適します。鈍器とのセット効果もあります。

■[ECO] タイニー・アルマカード
全てのスロットに装着可能なAllStatus+2。ステータス調整を前提とする
場合に使います。

■[ECO] ブリキングRX1・アルマカード
ブーストナックルなら、敵を問わず特化効果が付きます。
他にも必中攻撃+5%により、+7でスロットの多い武器に複数挿せば
いざと言う時の命中率確保手段になるかも知れません。

■[ECO] ミニー・ドゥ・アルマカード
武器で少しでも完全回避を確保したい時に使用します。
また精錬値に応じたヒール系強化もあります。用途次第で強力です。

■[ECO] サラマンダー・アルマカード
火・闇属性・遠距離耐性が付きます。他の肩cに比べ、突出した効果は
ありませんが複数からの耐性を同時に得たい場合に候補となります。

■[ECO] モーモー・アルマカード
ミルク回復量が増加する靴cです。ミルクの価格効率が圧倒的に良くなり
更にそこそこ重量効率も有します。また高精錬ならVIT&INTを確保できます。


他にもグロリアやリカバリーが使用可能となる、消耗品が入手できる
場合もあります。
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

新サイト「RO修練」はこちら

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク