FC2ブログ

新カード実装MD ドロップ増加期間が後半に突入します

なんだかんだで結構稼ぎになりました。
実装時期が、2014年のメモリアルダンジョンが大半なので
既に装備の揃った方だと楽勝かと思います。(サラの幻影は2015年)

様々なメモリアルダンジョンで、ボスカードが狙いやすくなった点は
良いですね。色んなダンジョンを回る楽しみがあります。
ただドロップ増加対象のメモリアルダンジョンが、期間中は特に美味しく
なるのでそちらを優先的に攻略する形になっています。

しかし一部の方に申している通り、私はクリアが余裕になり過ぎると
モチベーションが上がらなくなるため
凡ミス誘発によるクリア失敗が時々あります。

また史上最強の装備(※強いとは言っていない)みたいなのをやって
遊んだ方が良いのかも知れませんが

カード自体は割と欲しいものが多くあるので、やはり最適な所持装備で
早くクリアして回転率を上げたいと言うのもあります。
(今はドロップ率も高いようですし)

金策狩りは、原則少人数(と言うかソロ)で行く方が美味しいのもあって
変化に乏しくどうしても単調になりがちなのですよね。

なるべく変化が出るように、12キャラクター全てが別の職と言う
構成になっているのですがそれでも全体的に難易度が低めで
ワンパターンになりがちなのは否めません。

とは言えゼニー自体は、着実に稼げているため
まだ装備の揃っていない初心者プレイヤーの方々には
中々良いイベントになりそうです。
討伐さえできれば、ボスカードの夢もあります。

美味しいイベントには間違いないため、今とりあえず稼ぎたい
と言う方には是非ともおすすめできるイベントです。
特に初心者なら、戦闘職であってもPTで挑む必要性があるなど
割と楽しめるかと推測できます。

ロビー鯖で何を目的にするか?と言う考察記事

現状発表されているロビー鯖と言うのは、あくまでも現行のROを前提に
人手不足や人数格差の問題を解決する事が
第一目標となっています。

1.観光鯖として機能する時期(倉庫テスト)
  ↓
2.GvG鯖としても機能する時期(負荷対策テスト)
  ↓
3.PvE鯖としても機能する時期
  ↓
4.全鯖間の取引鯖としても機能する時期

コンテンツが増えるごとに、ロビー鯖の遊びの幅は
徐々に増えて行くかと推測できます。


今でも各鯖で主催されるユーザーイベントのために
それぞれの鯖にキャラクターを作って、イベント会場に足を運ぶ
と言った遊び方があります。

ロビー鯖が観光鯖となる事で、特に実装直後は
ユーザーイベントが開催される可能性は高いと見ています。
イベントが無くとも、たまたま別鯖の人と合流したりして
雑談し続けるケースもあるようです。


ロビー鯖では、早い段階で
新GvGが追加される事がわかっています。

従来のサーバーでは、戦闘相手が大体決まっていたり
そもそもまともに戦闘が行われていないサーバーがあるとも
言われています。ロビー鯖では、単純に人数が増えるため
これらの問題はある程度緩和されます。

ワールド倉庫に移した装備は、原則元の鯖でしか取り出せない
(別鯖には移動できない)と言う制限付きで使えるようになると
推測できます。古びたシリーズやグロリアス装備も、チケット交換の
ような形で従来通り使用可能になりそうです。

異なるのは、挑戦する場所によって
参加人数が一定範囲内に定められている点。(小・中・大規模など)
また報酬も、今までの宝箱を叩くものから変わるかも知れません。


GvGテストにおいて、サーバー負荷が許容範囲内におさまれば
おそらく次にPvEコンテンツが追加されます。

今までは高難易度PvEイベントを実装しても、人数の少ないサーバー
だとそもそも話にならないぐらい難しくなります。
逆に人数の少ないサーバーを基準に調整すると、人数の多いサーバー
ではあっさりクリアできてしまい面白みに欠けます。

そのため挑戦型コンテンツとしても、報酬獲得コンテンツとしても
バランス調整がしにくく特設鯖の方がやりやすいと言うのが
これまでの状況でした。もちろん特設鯖を前提にしてしまうと
通常鯖での育成や装備集めは、結果にあまり関与しなくなってきます。

ロビー鯖では、キャラクター自体は引き継げないにしても
Lvや装備は同じもので挑めるようになります。
通常鯖で、どれだけキャラクターを育てられるかが重要になります。


あとは取引用のサーバーとして、機能するかも知れないと言う点。
すぐに全アイテムの制限を解除してしまうと、相場が混乱してしまう
ため当分は一部のみ次々と開放する形になります。

仮に取引制限が無い状態が、常時続くのであれば
装備の大半を別鯖に移動すると言った
いわゆる「サーバー移住」なども出来てしまいますし
別鯖でのキャラクター量産も考えられます。

さすがに取引にも、ある程度のルール付けがされる事で
移住やキャラクター量産には実質的な制限が付くようになると
推測しています。
どのようなルールになるかは公式発表待ちです。



それぞれのコンテンツは、実装後も徐々に修正or追加などが
行われると見ています。

各鯖ごとの状況やルール付けの違いがあり、同じROの話題でも
サーバーが違うと話がかみ合わない事もあります。これを一つの鯖に
集約すれば、ロビー鯖での話題は全鯖共通となります。

これにより同じROユーザー同士としても、相手とほぼ同じ状況で
会話や議論などが行いやすくなります。また公式としても
新たなコンテンツを実装する上で、バランスを取りやすくなります。



実は少なからず、Lv上げ&装備集めの過程を省いて
戦闘だけを楽しみたいユーザーが一定数いらっしゃる事も
確認しています。

その意図としては、全員平等な条件で挑めるという点。
参入敷居が低く、誰でもすぐに挑戦可能な事も挙げられます。

発光しました

bika.jpg

ぴかー!

旧RO強敵一例(亀島パッチ以降基準)

ふと10数年前のROを思い出して、強いと思った一部Mobを考察。

■ハンターフライ
風Mobの強敵代表。必中HITが同時配置Mobの数ランク上(167)で
かなりの高レベルもしくは必中攻撃でないと
物理攻撃が殆ど当たらないモンスター。

ATKもASPDも高く、長期戦になると結構厳しい相手。
移動速度もチョンチョン同様のアクティブモンスターで
ハンターフライに追い回されるプレイヤーが続出。

テレポートで横沸きしては、オーラロード中のマジ系の妨害を
してくるなど中々厄介な相手。HPは割と低いようなので
詠唱の早いアーススパイクで、一気に勝負を付ける事が可能。


■ライドワード
無形Mob特有の高ATKに付け加え、ASPDやFLEEも比較的高く
移動速度もそこそこ早いため対処しにくい。

おまけにHPやMDEFが結構ある上に、無属性なので弱点が付けない。
それに比例しないExpの低さで、典型的なお邪魔Mob扱いですが
スルーするにはちょっと痛すぎる。夢にまで出てくるトラウマ級のMob。


■ジョーカー
必中HIT220相当で、高レベルでもHIT補正が無いと当てにくい。
QMで妨害してきたり、属性変換で急遽推理ゲーに突入する事がある。
なお不死属性化すると、高INTなプリーストにヒールで狩られる模様。


■彷徨う者
必中HIT286の規格外Mobで、普通の物理型は高HIT装備でも
当たらない。ATKやASPDもかなり高く、張り付かれると痛い。
移動速度が非常に早く、よりにもよって「フェイ→→」と言う
一次職が通りやすいマップにも出てくる事からインパクトが強い。

一般Mobの中でも群を抜く強さがあるものの、高DEXなハンターの
ダブルストレイフィングであっけなく狩られる事がある。


■ダークフレーム
出現地域が局所的過ぎるせいで、知名度が低いMob。

しかしその実態は、ライドワードをゆうに超えるATK。決して低くない
FLEE。闇3で魔法が通りにくく、MEで相手するにもMDEF的に厳しい。
更に状態異常スキルを豊富に持ち、下手すると一方的に攻撃され
続けるなどステータス以上に強い。

天敵は物理プリ。ダークな衣(バースリー挿し鎧)を纏ったプリーストに
あらゆる攻撃を防がれ、アコプリスキルで散々弱体化される。
最後は「除霊!」と言う掛け声と共に、ガラスを叩き割られてしまう。


■アークエンジェリング
中ボスで、多数の取り巻きと共に襲い掛かってくる。
抱えるのは難しくないものの、9999ヒールを高頻度で使用するため
ベ●ホマ乱発のラスボス並みに詰みゲーと化す事も。


■ミュータントドラゴン
ATKの千の位が高い強敵。鈍重であるものの、一撃ダメージが痛い。
マグナムブレイクによって、火鎧なしだと高VIT騎士以外は全滅しかね
ないほどの超火力が出る。おまけにパサナcはカード帖限定の超高額c
なので、対策を取るのが難しい。


■ミステルテイン
ジョーカー超えのFLEE、桁外れのHITなど魔剣でも群を抜くステータス
の高さ。何気に盾破壊も持っている。長期戦の末に回復アイテムを
大きく削られる点でなかなか厄介。


■オーガトゥース
移動速度、ATK、ASPDが高い。GD2Fや時計B4Fなどの人気マップに
出現する中ボスなため、かなりのプレイヤーがこの魔剣に狩られて
います。パッシブ火力は魔剣最大で、更にソニックブローによる大ダ
メージの恐れあり。非回避型だとミステルテインよりも厳しい中ボス。


■深淵の騎士
一般Mobながら、中ボスクラスの威圧感を持つ強敵。全体的なステー
タスは、魔剣シリーズよりも数ランク上で更に高威力攻撃スキルや
防御スキルも取り揃えているなど強さの格が違う。マップに数体いる
らしく、GH騎士団や古城を巡回していると結構な頻度で遭遇します。


■ドッペルゲンガー
RO初期からいるMVPの一つ。プレイヤーと同じ見た目をしているため
不意に攻撃されて戦闘不能になる事があります。
マップを怒涛の勢いで巡回して、PTを次々と壊滅させる事も。
大量の死体の群れが見えたら、その近くにドッペルゲンガーが
いるかも知れません。

スペシャルエンチャント対象にダークハンドなどが追加!

 →公式サイト: 「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!

個人的に+8ダークハンドの超越者エンチャがいいなと思いました。
ダークハンドは元々使い勝手が良いのですが
これに更にMHP&MSPが、大幅増加となるのは大きいです。

暴徒型だとスペブレが被ってしまいますね。
他の中下段を使う場合には、このスキル追加は便利そうです。

人間形特化もハマると強いです。+8ライオットと比較すると
+8ダークハンドは、人間形に特化しすぎかなぁとも思うのですが。
現行で考えれば、大体厄介なのは人間形モンスターなので
悪くはないですね。無形・悪魔などの別種の強敵が出てくると
また色々と構成し直したくなるかも知れませんが。

そもそも+8に辿り着くのは困難ですが
可能なら+9ダークハンドにして、更にエンチャントを付けたくなります。

「フェンcを、他のアクセcに変えるなら詠唱妨害不可」
「耐久力をより上げるVit+7」
「詠唱など様々な型に恩恵があるDex+7」
「他にも名弓2、攻撃速度2、消費SP-4%、エンチャセットなど」

と言った感じに、どれも用途が考えられるので
何を目標にするか迷いますね。

 →公式サイト: 「スペシャルエンチャント」のできる装備が追加! 特別なエンチャントでさらなる高みを目指そう!

[動画]史上最強の勇者(ルーンナイト)で幻の遺跡ソロ

以前作成した非公開動画を、色々練り直してニコ動に投稿しました。
動画編集に12時間も掛けて、何やってるんだろうとか
言わないで下さい。

 →【RO】史上最強の勇者(ルーンナイト)で幻の遺跡ソロ(ニコニコ動画)

12遺跡での挑戦ステ&装備一覧画像

各職遺跡の後半日に作成したファイルから
それぞれに挑戦した時のステータス&装備一覧を
掲載した画像を撮影。

■遺跡の条件
BaseLv130 / JobLv50 のキャラクターのみ。
使用可能な装備が、特設鯖ごとに決まっています。


・旧式のキャラクター構成です。最新の装備には対応していません。

■ジェネティック遺跡
01_2nd_Gen.jpg
・武器はヴァルキリーハンマーも優秀。

→過去記事:ジェネティック遺跡の感想など

■ギロチンクロス遺跡
02_2nd_Glt.jpg
・ポンチョセットや俊敏時空を利用したカタール型。

→過去記事:ギロチンクロス遺跡の感想など

■メカニック遺跡
03_2nd_Mec.jpg
・パワードセットなどのギア装備は、カート内に搭載。

→過去記事:メカニック遺跡の感想など

■ロイヤルガード遺跡
04_2nd_Roy.jpg
・直前に実装されたレッグを起用。ライオット+インペリアルセット型。

→過去記事:ロイヤルガード遺跡の感想など

■アークビショップ遺跡
05_2nd_Arc.jpg
・錆びたアームでHIT増加。塩で聖属性付与可能。ポンチョセットでCRI確保も。

→過去記事:アークビショップ遺跡の感想など

■レンジャー遺跡
06_2nd_Ran.jpg
・盾が無いなど耐久力は低め。釣り&指揮用に高VIT型へ移行。

→過去記事:レンジャー遺跡の感想など

■ウォーロック遺跡
07_2nd_War.jpg
・前半日はエンジェルフェザー、後半日はアンド肩でASPD確保。

→過去記事:ウォーロック遺跡の感想など

■ミンストレル&ワンダラー遺跡
08_2nd_Wan.jpg
・レッグでMatk&MHP確保。ボス戦はライオット+アリス盾に切替。

→過去記事:ミンストレル&ワンダラー遺跡の感想など

■シャドウチェイサー遺跡
09_2nd_Sha.jpg
・W影輪を意識したスイッチ型。緊急時はフリーファイト用装備に変更。

→過去記事:シャドウチェイサー遺跡の感想など

■ソーサラー遺跡
10_2nd_Sor.jpg
・転生2-1DOP確殺型。所々で無属性サイキックに切り替え。

→過去記事:ソーサラー遺跡の感想など

■修羅遺跡
11_2nd_Sur.jpg
・典型的な身弾構成。

→過去記事:修羅遺跡の感想など

■ルーンナイト遺跡
12_2nd_Run.jpg
・急遽両手剣型から片手剣型に移行。厄介な生体Mobはライゾで確殺。

→過去記事:ルーンナイト遺跡の感想など

ルーンナイト遺跡の感想など

2017年12月に、一週間限定で公開されたルーンナイト遺跡の話。

■全体の動向
楽勝とは行かないものの、新装備で全体的に火力が底上げされており
比較的少人数でも広範囲スキルで突破。厄介なMobは単体高火力で
瞬時に討伐可能。Mobの殆どが一掃となる安定回の多い職でした。


■主力型
主にウィンドカッター型、クラスト型、BB型、ドラブレ型など。
ハンドレッド型、クリティカル型が活躍していたケースもあります。


■装備事情
衣装や一部装備を除いて、ほぼ修羅遺跡流用。
アルティメットモードチェンジャー、ポイズンスピア、灼熱の剣、
くわえたハートのエース、勇者の靴など様々な新装備が使えました。


■私はこの型で挑戦!
「クラスト+パッシブ」の両立型で挑戦。当初は両手剣メインで行く
予定でしたが大半が未販売。中盤以降に片手剣や片手槍を主体とした
構成に切り替える形になりました。

両手剣なら「エイシルなしASPD193」が達成可能。
他にもUMCウィンドカッターに切り替えて、序盤やキミ戦などで
一気に勝負を付ける事も多かったです。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版


■ルーンナイト遺跡 限定ルール
待機所でルーンストーンを入手できます。

一部のMVPボスモンスターが、若干変更されています。


■この職の要注意モンスター
「リフレクトシールド、ストーンスキン、ニューマ」で
型によっては攻撃手段が限られるケースがあります。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

修羅遺跡の感想など

2017年09月に、一週間限定で公開された修羅遺跡の話。

■全体の動向
11回目の体験鯖で余裕かと思いきや、想定を遥かに超えるレベルで
クリア率が低かった攻略困難な遺跡。その割に少人数クリア回が
多かったなど、他の遺跡には無い珍しい傾向がありました。


■主力型
主に「身弾天羅型、阿修羅型」の2つ。「雷光型」などもありました。


■装備事情
ブリュンヒルデのダイアデム、鍛冶師の手甲、破戒僧の数珠、
エクセリオンシールド、フリオニウィング、金剛石の靴を始めとした
様々な新装備が遺跡で使用可能になりました。


■私はこの型で挑戦!
「身弾、天羅、大纏」などの、GHMD全盛期と大差ないスキル構成に
ニーヴエンチャントなどの新装備を追加する形で構成しました。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版


■修羅遺跡 限定ルール
庭スカラバの数が、一部職よりもやや少なめです。
一部のMVPボスモンスターが、若干変更されています。


■この職の要注意モンスター
主に超フリーMob。DF持ちのランデルや茨にも苦戦する事があります。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

ソーサラー遺跡の感想など

2017年07月に、一週間限定で公開されたソーサラー遺跡の話。

■全体の動向
約1年ぶりの高難易度配置で、さすがに苦労する部分もありましたが
後半日から安定してきました。


■主力型
「サイキック型」がメイン。
道中ボスは「スペルフィスト型」「クリ型」などが大健闘。


■装備事情
主に「刻の牢獄、セリーヌのブローチ、魔術師のグローブ、
エルヴィラカード」などが追加。


■私はこの型で挑戦!
スペルフィストをメインとし、「風精霊なしでASPD193」と
「風精霊ありで、属性耐性を両立したASPD193」の2パターンで
調整。一部はサイキック装備に切り替えて範囲攻撃する型です。


■遺跡期間終了後
現在では「巨大樹の若葉」が実装されています。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版


■ソーサラー遺跡 限定ルール
制限アイテムとして、「くもの糸10個」が
追加で配布されます。(最深部を除く)


■この職の要注意モンスター
マジックミラー持ち。特に「ニーズヘッグの影」は取り巻き全てが
反射してくる上に、スペルフィストでも対処しにくい闇4属性です。
ミラー持ちMobが大量に押し寄せてくると、一斉反射の可能性あり。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

シャドウチェイサー遺跡の感想など

2017年03月に、一週間限定で公開されたシャドウチェイサー遺跡の話。

■全体の動向
影葱に弓高火力まで追加され、民湾同様のごり押し感がありました。
ただ物資が少々厳しい点と、元々玄人職であった事から
少人数時にフリーファイト化しやすくなっていました。
少数メンバーの分散によって、一度のみ三地点合流クリア達成。


■主力型
主に「トライアングル型、ボム型」があり、「クリムゾン型、
バックスタブ型」で運用されるケースもありました。


■装備事情
シャドウチェイサーガーティーカード、シャドウリング、守護騎士の
首飾り、+8時空マント、フェアリーフのギリ粉などが追加。


■私はこの型で挑戦!
「トライアングル、ボム、スタブ」のスイッチ型として構成。
相手に応じて「単体火力、範囲火力、必中火力」を切り替えて
大半のMobに対処しやすい構成にしました。そしてこの職でも
遺跡1~10Fソロクリア達成。どうしてこうなった(喜劇


■難易度
上級基準 - 職限定2014年版


■シャドウチェイサー遺跡 限定ルール
制限アイテムの、マステラの実が「200個」までです。
クローンスキルは、遺跡Mobもしくは専用マップで所定のものが習得可。


■この職の要注意モンスター
ボムやトラショが通用しない「セシル=ディモン、庭スカラバ」
射程の長いMobは、フェイントボムLv3の切れ目に攻撃してきます。
反射&状態異常持ちの「ブワヤの影」も中々強いです。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

ミンストレル&ワンダラー遺跡の感想など

2016年12月に、一週間限定で公開された
ミンストレル&ワンダラー遺跡の話。

■全体の動向
初日の早い段階から余裕クリアで、多地点攻略も達成。
最大で四地点合流クリアと言う、前代未聞の戦績が挙がりました。


■主力型
エメラルドイヤリング型。メタリックの各個撃破をメインとし
念Mobにはアローバルカンで対処できます。


■装備事情
新体操リボン、嵐の弓、有刺鉄線、麒麟の角、暴徒のスカーフ、カー
リッツバーグ騎士団の鎧、小型偵察機、浮遊する氷、ダークハンド、
金剛石の盾、栄光の証など様々な装備が追加されていました。


■私はこの型で挑戦!
「メタリック、シビア、バルカン、矢撃ち」の使い分け。
MVP大量獲得のバーゲンセール状態で
なんと遺跡1~10Fソロクリアまで達成。どうしてこうなった(喜劇


■難易度
上級基準 - 職限定2014年版(民湾専用配置)


■ミンストレル&ワンダラー遺跡 限定ルール
セシル=ディモン(転生)が、全てTE版に変更。
一部のMVPボスモンスターが、若干変更されています。


■この職の要注意モンスター
タナトスの絶望など



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

ウォーロック遺跡の感想など

2016年09月に、一週間限定で公開されたウォーロック遺跡の話。

■全体の動向
範囲や射程に恵まれており、大人数時は余裕で突破できます。
この時点で少人数向けのスキルも追加されており、少人数回も含めて
全体的にクリア率が高めでした。


■主力型
「チェーンライトニング、クリムゾンロック、ジャックフロスト」が
メインで、「ウォーターボール」によるボス火力も目立ちました。
使用可能なスキルは、ほぼ全てが取得候補になるほどの
多種多様な遊び方が出来る遺跡となっていました。


■装備事情
ポロロッカシューズ、堕天司祭の闇光外套、[LoVA]真化ラグナロク
カードなどが追加されています。
どうでもいいですが、エンジェルフェザーも割とお気に入りです。

まさかのシャドウスタッフ未販売。アイオーンスタッフがあると言う
事は、やはり公式は影杖が強すぎる事を把握されている模様。


■私はこの型で挑戦!
シャドウスタッフが+4になると予測し、ヘルインフェルノASPD189型
で構成。しかし杖が未販売だったためスタッフオブピアーシングを
利用。Quick→SoEで大量の味方を落としたのは忘れたい思い出。


■遺跡期間終了後
約半年以降に、「セリーヌのブローチ、魔術師のグローブ、悪魔崇拝
者の靴、巨大樹の若葉」などの装備が追加されています。


■難易度
上級基準 - 職限定2014年版(他職同様)


■ウォーロック遺跡 限定ルール
2014年では、3Fなどの一部転生二次DOPがTE版だったはずですが
今回は他職同様、転生二次DOPのままでした。
MVPボスモンスターのほうは、概ね2014年同様の緩い配置です。
浄化の茨が沸かなくなっています。


■この職の要注意モンスター
深淵の騎士などの、闇Mobへのダメージ手段が限られます。遺跡には
これらのMobが大量に出るため、無対策だと押し負ける事があります。
所定のタイミングで使う、ファルクスのマジックミラーにも注意。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

レンジャー遺跡の感想など

2016年07月に、一週間限定で公開されたレンジャー遺跡の話。

■全体の動向
ニューマやLS使いが大量に存在するため、アンクルを置くと詰み
アンクルを外すと味方全滅と言うケースが多かったです。
遠距離攻撃や魔法攻撃、範囲状態異常が度々飛んでくるのも厄介。

古代遺跡探検隊リベンジの実質メイン職。全職中2番目に難しいと
推定され、少人数攻略は最もクリア困難になる可能性があります。
大人数時は、慣れてくると安定クリアできる事もありました。


■主力型
「鳥狩パッシブ」を基本とし、他にも「黒羽UMCクラスター型」や
「壁型、ヒール型」など非常に様々な選択肢がありました。


■装備事情
アルティメットモードチェンジャー、与一の肩掛け、リス耳フード帽、
サバイバルオーブ、熾天使の花冠、蒼き夜光石、
くわえたイチゴ、大神官の手袋などが追加。

別職の遺跡で「空飛ぶガラパゴ」の追加も確認されていましたが
クリア回数が所定値に到達せず、販売されませんでした。


■私はこの型で挑戦!
「狼パッシブ型」で構成。「釣役、後方火力」のいずれかを
担当する形になりました。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版(レンジャー重視調整)


■レンジャー遺跡 限定ルール
「堕ちた大神官ヒバム」の出現率が極端に低かった気もしますが
偏りの可能性もあります。


■この職の要注意モンスター
射程が同等な上に、各種ステータスが高めの「セシル=ディモン」。
アンクル対策を持つ生体や庭スカラバにも気をつけます。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

アークビショップ遺跡の感想など

2016年04月に、一週間限定で公開されたアークビショップ遺跡の話。

■全体の動向
ジェネティック遺跡以来の中難易度配置。配置が比較的緩めな事や
人気職である事から初日からクリア者が続出。
まだ少数であるものの、多地点攻略の流れが僅かにありました。


■主力型
「審判型、ジュデ型、クリ型」の3つが特に目立ち
「ME型、デュプレ型」もありました。


■装備事情
約1年前に登場した「カルデュイの耳、錆びたアーム」が遺跡鯖でも
使用可能!他にも「ロザリオの首飾り、長司祭の指輪」など
幾つか追加されています。


■私はこの型で挑戦!
「デュプレ型」で構成。火力としては「審判型、ジュデ、クリ型」
が優位に立つため、殆どのケースで「釣&壁役」を担当する事に。
ASPD193は、自己アドレナリンラッシュ使用を前提に調整しました。


■遺跡期間終了後
「裁きの靴」が現在では実装されています。


■難易度
上級基準 - 職限定2014年版


■アークビショップ遺跡 限定ルール
制限アイテムの、マステラの実が「150個」までです。
追加で「アドレナリンラッシュスクロール40個」が配布されます。

9Fにドレイク出現・・・のはずが、今年は他職同様マヤーが出るため
水耐性が無くても戦いやすくなりました。


■この職の要注意モンスター
マジックミラー使いや、魔法が一切通らない聖Mobなど。
聖Mobはヒール持ちが多く、倒すならパッシブ高火力推奨。
後半戦で物理型が、誰一人生存していない事が結構あったようです。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

ロイヤルガード遺跡の感想など

2016年02月に、一週間限定で公開されたロイヤルガード遺跡の話。

■全体の動向
唯一予告なしで、メンテ後に突然登場となったロイヤルガード遺跡。
古代遺跡探検隊を代表する職で、メカニック遺跡とは異なり
正攻法のようなスタイルが基本。相変わらずの難易度でした。


■主力型
2013年から続く「バンディング+バニシング型」が今年も主力に。
超フリー持ちの生体戦などで、「イクシード型」が大活躍。
他にも色々試す方が、多くいらっしゃいました。


■装備事情
エクセリオンレッグ、インペリアルリングなどが追加されています。


■私はこの型で挑戦!
「インペリアルセットのバニシング型」で構成。
ヘスペルスリットを取得して、一部のボスからレアなMVPを獲得!


■遺跡期間終了後
貴族の仮面、インペリアルグローブ、ガイアシールド、アネモス
シールドが実装されています。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版


■ロイヤルガード遺跡 限定ルール
入場前の待機エリアでBaseExp5%にできます。

エミュール=プラメールが出現する可能性があります。


■この職の要注意モンスター
「チェン=リウ」は、イクシード1確できるかどうかで大きく変化。
マミーセットグングニールがあるとは言え、「超フリーMob」は
時間が掛かります。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

メカニック遺跡の感想など

2016年01月に、一週間限定で公開されたメカニック遺跡の話。

■全体の動向
本来の古代遺跡2014年配置と言う事で、ランドグリスゴースト等が
前回同様に再登場。メカニック遺跡は多人数ほど難易度が下がる
ため、なるべく大人数で攻略する風潮が強かったです。


■主力型
パワードセット登場により、相変わらず「アームズ型」が多数を占める

かと思いきや「徒歩型」も割といました。近接高威力を取るか、
長射程および必中火力を取るかの二つに分かれます。


■装備事情
トルネードアックス、新パイルバンカー3種、パワードセット、
スティングのシルクリボンが追加。
また、消耗品に「ギア誘導ビーコン」が追加されています。


■私はこの型で挑戦!
「徒歩型(カートターミネーション型)」として構成。
ドフレの斧を主力武器としますが、超フリー相手には
「パイルバンカーT」で「ダメージ+スタン」を狙います。

所々で「アームズ&バリア」にスイッチする事で
7F遠距離Mobや9F怨霊武士にも応戦しやすくなりました。


■遺跡期間終了後
ほぼ同時期にアルクイエンのネックレスが実装。
現在では達人の斧セットもよく利用されています。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版


■メカニック遺跡 限定ルール
制限アイテムとして、「ブリガン20&鉄45&鋼鉄10」が
追加で配布されます。(最深部を除く)
Zenyリセットは、調整エリアでしか行えません

エミュール=プラメールが、複数体出現する事があります。


■この職の要注意モンスター
FAWで倒れにくい茨など。大量のタゲを取られてFAWが
全く機能しなくなる恐れがあります。




 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

ギロチンクロス遺跡の感想など

2015年12月に、一週間限定で公開されたギロチンクロス遺跡の話。

■全体の動向
1年ぶりの超級基準配置!ジェネティック遺跡よりも
難易度が数ランク上かつ、セカンドコスチューム初の高難易度配置で
クリア率はおそらく全職中2番目に低い遺跡となりました。


■主力型
火力&持久力のバランスに優れた「カタール型」「二刀型」が基本。
今年は「クロスインパクト」も大活躍!昨年の様子から
「ソウルブレイカー型」で、生存率を高める傾向も多くありました。


■装備事情
性能バランスの良い「カタール」や、高DEF対策の「錐二刀」が優秀。
「クロスインパクト」は「一撃ダメージ重視」の装備。
「ソウルブレイカー」は「ディレイカット」で構成します。

新たな装備として「ヴァルハラアイドル、エクスプロージョンガム」
などが追加されました。


■私はこの型で挑戦!
昨年のクリ二刀から一転し、カタール型として再調整。
複数の属性耐性が求められる場面では、クロスインパクトに
切り替える型として構成しました。


■遺跡期間終了後
主にSbr用の「執行者のマント」、MA用の「執行者のシューズ」が
実装されています。


■難易度
超級基準 - 職限定2014年版(+2015年セカコス遺跡専用調整)


■ギロチンクロス遺跡 限定ルール
入場前の待機エリアで新毒を入手できます。

ランドグリスゴースト3体が、全てミミンに変更。
ニーズヘッグ2種の代わりに、RSX&ヴェスパーが登場。
一部のMVPボスモンスターが、若干変更されています。


■この職の要注意モンスター
接近すら許さない「セシル+弓ガディ」の大群。
リフレクトシールド持ちの「ネクロマンサー」「ブワヤの影」。
スキン持ちの「庭スカラバ」など。



 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

ジェネティック遺跡の感想など

2015年11月に、一週間限定で公開されたジェネティック遺跡の話。

■全体の動向
1年ぶりの遺跡に、一部新装備が追加!致命的な鯖負荷も無く
快適に動けました。しかしやはり1職目と言う事もあり、横沸きや
事故による脱落が相次ぐなど遺跡鯖の難しさを物語っていました。


■主力型
遠距離火力として「アシッドデモンストレーション」が安定の強さ!
「スポアエクスプロージョン」は重複しないため、共闘時は通常マップ
ほどの使い勝手を発揮しません。が、所々で使えました。

Sホムは「バイエリ(馬)」の「SW+スタン」が定番ですが
セラの取り巻き召還、ディーターのATK増加、エイラの沈黙など
各種Sホムの活躍シーンがありました。


■装備事情
遺跡鯖にエクセリオン装備登場!ライオットチップと共に高い存在感
を示しました。「詠唱+ディレイ」減が狙える破損チップ2種とセット
でアシッドデモンストレーションがより使いやすくなりました。

他にもレクイエム装備、ヴァルキリーハンマー、俊敏のグローブ、
サングラス[1]、古びたシリーズ、グラストヘイムの傍観者などが
ありました。


■私はこの型で挑戦!
2013年から続く投擲型で再挑戦。ライオットセットをフルに使った
ADS主体の耐久型として構成。イベント後半からカートトルネード
にもスイッチできる型として急遽調整し直しました。


■遺跡期間終了後
遺跡期間終了の翌月に、サファイアリストが登場。
現在では試験管ヘアバンド、ケミカルグローブも実装されています。


■難易度
上級基準 - 職限定2014年版


■ジェネティック遺跡 限定ルール
制限アイテムとして、「白スリム200」や「各種触媒(13種)」が
追加で配布されます。(最深部を除く)


■この職の要注意モンスター
ADS対策を持つ「アムダライス」。


 ~関連ページ~
ジェネティック遺跡
ギロチンクロス遺跡
メカニック遺跡
ロイヤルガード遺跡
アークビショップ遺跡
レンジャー遺跡
ウォーロック遺跡
ミンストレル&ワンダラー遺跡
シャドウチェイサー遺跡
ソーサラー遺跡
修羅遺跡
ルーンナイト遺跡

+9邪竜の鎧を購入

何となく+9邪竜の鎧を購入したら、レモンをあまり使わなくなりました。
カード未挿しなので、属性鎧の欲しい狩りでは固定装備にできませんが。

おそらく+8でも運用できたかと思いますが、3%回復ありでも
邪竜の鎧は使い道がありますし
後から+9が欲しくなると面倒なので、今のうちに+9を確保しました。

不要になったら売ってしまえばいいし・・・。
と思ったのですけど、SP剤を他の物資に置き換えられるとかで
なかなか使い勝手が良いので手放す事はなさそうです。

「ライド+影肩」だと「頭上段と肩」を占有してしまうので
邪竜がLv上げ用途として見ると、割と安定した性能ですね。

今でこそ回復装備が増えて、選択肢は豊富になりつつありますが
3%回復が無い時のソロって
こういう回復用の装備がほぼ必須になるのですよね。

選択肢を狭める原因になるため、一部コンテンツでは
吸収効果などの回復系統の装備に、使用制限を掛けたほうが
ゲームになりやすい類の装備な気がしなくもないです。

2018年 お雑煮作成メモ

■価格
おもち 500z * 5個 = 2,500z
おさしみ 37z * 5個 = 185z
甘口ソース 532z * 6個 = 3,192z(DC価格)
冷たい出汁 304z * 7個 = 2,128z(DC価格)
---------------------------
お雑煮 = 原価8,005z

■重量
おもち 8 * 5個 = 40
おさしみ 3 * 5個 = 15
甘口ソース 1 * 6個 = 6
冷たい出汁 1 * 7個 = 7
---------------------------
材料合計68→お雑煮完成後10


 ~小ネタ~
お雑煮作成は、材料を所持量MAXギリギリまで積んで
作成する事ができます。

ただし1回で最大100個ずつなので、都度所持量6,800の空きを
作る形で十分です。

(材料4種全てを、毎回100セットずつ購入する方法よりも
 「甘口ソース、冷たい出汁」などの軽いアイテムを
 200セット以上持っておくと、より早く作成できます)

所持量やカートの状況により、若干異なる手順を取る場合が
あります。他にも効率の良い作成方法が考えられます。


 ~その他の正月イベントネタ~
今年も干支神から、各地転送が可能です。
各地転送は無料か有料かによって、若干台詞が変わります。

2018年が現れた!

(・ω・)<2018年が あらわれた!


(・ω・)<2018年の こうげき!
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

新サイト「RO修練」はこちら

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク