ラグコレと、新イベント・・・?

昨年のラグコレ
・ポイント稼ぎの「討伐クエスト」。
・複数キャラで「カカオ砕き」。
・+9古びた含む装備の「レンタル」。

特に古びたシリーズは、高性能ながらもレンタル装備であるため
ゲームバランス上の影響が少なく
比較的誰でも利用しやすかったのは良かったですね。

3%回復交換は、深淵の回廊と同様に
少し長めの討伐クエストが必要でした。
(完了時に貰えるポイントは、古びた装備のレンタルにも使えました)

この頃はチューニズムコラボ中と言うのもあり、GDやイズDが
討伐対象になっていました。
他にも個人的にオススメなリムーバMAPと、玄人向けですが獄なども。
今年はどんな感じになるのやら。


そして不思議な石片イベント(仮)は、一応初イベント?

なんで猫だろう、とか思ってましたが
実は公式ブログにそれらしい事が書かれてました。
順当に考えれば、このイベントに関連してるものは
恐らくドラム族ですね。全く別の可能性が無い訳でもありませんが。

湾ソロET95F到着!

エンドレスタワーを、ワンダラーソロで1Fから挑み
今回は95Fまで到着しました!

ラストは回復アイテム切れで戦闘不能になりました。
道中余分に使ってしまったのが痛かったようです。
76F魔剣階層と88FGH階層は要注意です。

矢やSP面の問題が大きく、所持量調整が難しいです。
ただその分、先を見据えて作戦を立てる必要があって
割と楽しかったりします。

モンハウ上級48人22分でクリア!

先日のモンスターハウス上級は、2F終わりかけから途中参加。
最終的に48人でしたが、今回は抜群の早さで終わりました。

8Fビョルグは全沸きまでに突破。
今まで8Fは約600秒だったのが、今回は290秒未満と言う
驚異的な早さ。他の階層も順調でした。

クリアタイムはなんと22分!Olrun鯖だと最速かも知れません。
ご参加された方おつかれさまでした!

2018年1~3月の新装備

 ~ラグ缶2018 January

■熾天使の羽毛[0]
熾天使の花冠セット下段。ヒール力や被ヒール量増加。混乱耐性有。
デメリット打ち消しで、詠唱物理スキルの熾天使型も検討できます。

■エメラルドリング[1]
シビア強化の他、矢節約に適したDSやシャワーも便利です。
ステータスUPにより、レンジャーや影葱にも使える場合があります。

■ソイガの書[1]
一部のドロップ系カードとのセットで獲得ExpUP。

 ~ラグ缶2018 February

■ウェルスコア[1]
アクセサリー。対高FLEE相手にも問答無用で20%命中。
2つ付けると40%命中です。攻撃速度増加や属性Mob特化も大きいです。

■悪魔の手[0]
獅子吼強化。SP消費量多め、耐久性能無し、スロット無しなど
制約は多いですが広範囲に近接攻撃を狙えます。

■日月神示[4]
ASメテオ効果を持つ本。灼熱の剣を装備できない一部職で
火属性魔法攻撃を検討できます。何気に武器Lv3。

 ~英雄の痕跡&悪夢のジターバグ 新カード

■フェイスワームの幼虫カード
■フェイスワームの卵カード
セットで昆虫Mobに適した「盾+アクセ」用のカード。

■フェイヨン警備兵&フェイヨン守護兵カード
MATK増加の他、スペルフィスト発動がしやすくなる頭カードです。

■フェイスワームカード
鎧で石化対策できます。地耐性+5%。

■ペル&キスミー・ペルカード
■シンギング・ペル&スイング・ペルカード
主に耐久力が上がるアクセ2種セットカード

■大長老アイリンカード
全サイズ耐性の盾カード。種族盾と異なり基本ATKは軽減しませんが
これが問題となるのは、ごく一部のMobだけなので基本は汎用盾として
使えます。何気に中ボスカード扱い。

■ジターバグカード
鎧でノックバック対策できます。民湾ならトゥルーサイト
(全ステ+5)が使えて凍結耐性+100%も兼ねられます。中ボスc。

■ダークフェイスワームカード
風、聖、遠距離耐性を兼ねられる肩カード。中ボスc。

■メモリアルダンジョン ボスカード
女王フェイスワームカード
fff・ジターバグカード
サラの幻影カード

 ~ラグ缶2018 March

■巡礼者の靴[0]
単品で高いディレイ減が得られる靴です。
最近の靴で定番となる、「MHP、MDEF」増加効果もあります。

■時魔術師の指輪[1]
既に時空エンチャント(大鷲など)を利用している場合に
このアクセでより強化できるなど、幾つかの用途が考えられます。

■ゴーグルハット[1]
ハートハンター軍事基地用の頭上段。
火力UPや、Mob耐性(囲まれ減なし)が優秀です。

■黒糸威胴丸[1]
鎧でDEF無視やATK増加が期待できます。MVPボスモンスターなど
DEFが比較的高めのMobに使える場合があります。+8で破壊耐性あり。


上述以外の使い道も考えられます。

ふと古代遺跡を思い出します

最近、秘密裏で各職考察する事があります。
ざっと情報収集だけして終える感じ。

これをやると古代遺跡を思い出して、また行きたくなります( -ω-)

遺跡はスケジューリング、物資管理や詰み対策、安全策、連携や統率
臨機応変な対応など考える部分も多くて楽しいのですが
遺跡でのコミュニティも割と良い思い出になったのですよね。
全鯖集合と言う展開も熱いです。

プリースト強すぎてヤバイの話

本日ラグナロクオンラインの公式ブログにおいて、記事タイトルにも
なっている通りプリーストは強かったのですよね。

2位以下に大差をつけて、男女キャラクター共に圧勝となるほど
見た目の人気の高さは尋常ではないです。
男女共に格好良さ、可愛らしさを兼ね揃えた史上最強の職です。
やはりプリースト系は大正義である!!!


と言う話と逸れますが、以前のプリーストは
見た目だけじゃなく職としても普通に強かったです。


 ~史上最強の職 プリーストのココがすごい!~

■単体火力
基本的に通常攻撃しかできないため、瞬間高火力が出せません。
ただし聖属性付与や一部修練系スキルを持っており
特に闇不死悪魔には4桁ダメージが狙えるなど意外と強いです。

(当時の通常攻撃は、前衛職が500、弓および二刀が1000以上
 鈍器のサイズ補正かつ盾持ちで1000ダメージも狙える
 プリーストは実はかなりの万能職)


■支援力
以前のROは、HPおよびSPの確保が非常に難しい玄人ゲーでした。

Zenyを集めにくいため、HP回復アイテムの乱用はできず
鯖負荷の問題もあり、FLEEを上げて避ける以外の選択肢は
殆どありませんでした。

またSP回復アイテムは、ブドウや青ハーブなどの
ドロップ品限定なため高騰していきました。

戦闘も今より長期戦である事が多く、HPは削られやすいです。
この問題を解決するのが、アコライト系のヒールでした!
さすがに連戦続きだと、SP不足でヒールも出来なくなるのですが
アコライト系がいればHP面の負担は大きく軽減されます。


■ステータス
かつてのプリーストは、バランス型もしくはSTR-AGI型が殆ど。
ただしINT型の優位性が見出され、「支援プリ」と言う型が
徐々に浸透し始めていました。

(支援プリは、製造型に次ぐ育成の難しい型でしたが
 完成すればSPが数倍レベルで持つため支援力は別格でした)


■上方修正しすぎたプリースト
・亀島パッチでSP回復力が、約十倍規模に上昇。(低~中INT型救済)
・ヒールが半永久的に使えるため、HP問題が起こりにくい。
・マニピもあるため、INTに特化しなくても十分なSP回復力。
・ブレス速度やIMと言った支援スキルも使いやすくなり
 PTはもちろんソロ時の立ち回りも非常に楽に。
・入手困難だったフェンカードの普及で、詠唱も通しやすい。
 (他にも狩場難易度低下、育成速度UPでDEX型も増加している)
・ホーリーライトが実装済みなので、INTプリがソロする場面も。
・マリンスフィアーカード普及。MBでの範囲攻撃も可能に。
 本職以上にSPが持ち、火有効Mobには常に範囲攻撃が考慮できる。
 (Exp高効率が出やすくなった)
・毒有効ならインベナムで800ダメージ。しかも通常攻撃並に出せる。
 (主要なMobは大体「火風地Lv1~2」)
・闇ブレス、LDなどの妨害スキルも持ち合わせており作戦の幅が広い。
・魔剣や深淵の騎士だろうが、回復財無しでソロ狩りできる。
 (魔剣、深淵は強Mob代名詞でしたが、美味しいMobではなかった)


これだけの強さを持っていながら、知名度が低かったため
プリーストが得意とする狩場は大体過疎狩場でした。
レアも比較的高く売れましたし
何気にNPC価格の高いドロップ品も確保しやすかったのですよね。

本来は白ポなど、コストを掛けてようやく狩れるMob達も
プリーストならコスト無しでソロ狩りできてしまいます。

スノウアーカードすらなかったあの時点から
吸収装備のGHMDに近い強さを発揮していた職が
プリーストでした。


この職の欠点と言えば

・スキル倍率が200%以下なので、瞬間的に2~4kダメージを
 連打したい場面で火力が出せない。
 (対複数戦はMBやヒールで大体何とかなってましたが)

・装備敷居が異様に高い。他職同様の高額装備が求められる上に
 肝心のストラウフカード、カーリッツバーグカードが
 露店上限を超える高額品。

・PTでは支援重視で動くため、ブレス速度や聖付与と言った
 プリーストの強みを他職に与えます。
 このためPTでの戦闘能力は、他職のほうが高くなりやすい。

・火、毒、聖が通らないMobには、ぷち強いノビ並みの火力。

・サイズ補正の都合で、小型Mobには若干ダメージが出にくい。

これらの欠点がありましたが、総合的に見ると
最も使い勝手の良い職となっていたのは確かです。


あの頃はアップデートが停滞していたのもあり、永らくプリーストが
強かったと思いますがこの状況が一転したのは
転生実装です。

この頃から、ソロorペア狩り主体の高効率狩り主体から
大規模PT主体にシフトして行く事になります。

難易度の高い新狩場では、PTを組む事を前提に調整されています。
ブラギやサービスorソウルチェンジを常時受けられる状態で
他職もスキルを連射する傾向が徐々に出来てきました。

転生でハイプリーストに用意されたのは、アスム+メディタと言った
支援用スキルぐらいで火力は相変わらず一次職レベルです。
クリ装備の追加など、一応強化はされているのですが。


この他にも、ブレスや速度スクロールで他職も自己支援が可能になり
スノウアーカード実装で、HP確保も容易に。
やがてリニューアルによって、範囲攻撃でSP吸収がメジャーになり
聖属性武器も徐々に増えていき、闇不死Mobが倒しやすくなりました。

一方でアークビショップはと言うと、デュプレライトや聖魔法が
追加されましたが
やはり以前ほどの万能性はなく、闇不死悪魔に強い
後衛魔法職と言うイメージが目立ってきました。

これはかつて、初期のアコライトが前衛職として強すぎた事にも
起因しているようです。HPSPを、ソロで容易に確保できる事が
当時どれだけ問題視されていたかを彷彿とさせます。

エンドレスジョニー

先日湾がLvカンストになった都合で、ソロETを再開しました。
物資を使い切る前に帰還してしまうので、どこまで登れるかは
まだまだ研究段階です。もっと挑戦機会を増やしたいですね。
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

↓ギルドサイトも随時更新中!
http://yoruama.mizuiworld.jp/

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード