3%回復無しでの攻略雑記

3%が無い場合の対処例
・物理型は邪竜でSP吸収
・邪竜が乗らないボム影葱は、大自然スーツ+キマ靴。
・確殺圏内なら大鷲or暴走を外して、大自然スーツ+キマ靴優先。

簡単な狩場ならこれで経費を削減したり
所持量に空きが出て、ドロップを多く拾いやすくなったりと
良い感じになります。

装備を色々と持ち替えて遊ぶのが楽しいですね。短時間に早くクリアする
だけでなく、いかに経費を減らせるかと言う点でも工夫する必要が
あります。簡単な狩場の周回MDであっても、中々面白いですね。

また職が変わると、持ち込むアイテムががらりと変わったりするので
職の数だけ、違う謎解きゲームをしている感じになります。
3%ありだと全部ごり押しで済むのですが。


上記以外にも、以下のようなHPSP確保手段もあります。

・スノウアーカードなどの、特定アイテムのHP回復量増加装備
・オープンエアヘッドフォンなどの討伐時SP回復
・用心棒のスーツなどの消費SP減少装備
・ヴァナルガンドの兜のHPSP吸収
・グレータードラクルホーンやハンターフライカードのHP吸収
・スキンオブシャドウのSP吸収
・C-Lifeや・ルールー靴などのHP自動回復
・高INT型は所持量49%以下。アークビショップはマニピ維持
・ウォーロックはソウルドレインでSP回復し、HP回復装備優先
・修羅は潜龍+吸気功でSP回復し、HP回復装備優先
・ソーサラーは生命力変換でSP回復し、HP回復装備優先

他にもあります。


3%回復がある時は、イーブルや試練の迷宮のような
ダメージを受けやすい狩場にも、多くの職で挑戦しやすくなるので
こちらメインだと正直3%回復は欲しいですね。

ドラム来航イベントの概要

ドラム来航イベントは、誰でも出来る短時間の作業で
「不思議な石片」を多数入手し、それを使って既存の面倒なクエストを
スキップしてしまおう!と言う主旨のイベントです。

このイベントで得た「不思議な石片」で、クエストスキップを利用しない
場合は他プレイヤーに売る事もできます。
主に初心者or復帰者など、クエストはスキップせず見たいと言う方には
資金を確保するイベントとしても機能するようです。


登場前はたった1週間と言う、イベント期間の短さが気になっていて
ボリュームの少ないミニイベントの類ではないかと
考えていました。

しかし短くまとまったからこそ、誰でも出来るようになっていた訳で
これはもしかすると、今年1~3月に登場したイベントの中で
特に成功に近いイベントではないか?とも思ったりします。

体調少し回復(/・ω・)/

体調が良い時にROを遊ぶと、妙にやる気が出ますね。
メモリアルダンジョン周回、ウィークリークエストをこなすのが
楽しいです。

ボスカードの夢があるのと、収集品やカード帖と言った
地道に稼げるものがあるのも結構良い感じです。

あと3%回復が残っている間は、戦死者の墓にずっと篭ってる事も
あります。あまり効率を考えずに、気ままに動いているので
マイペースを保てるのが良いですね。

( ・ω・)

現行の高難易度ダンジョンは、殆どがペアトリオで5秒以内に
勝負が付くため全体的に敵の耐久力が低すぎるかな?
と言うのはあります。


ただこのバランスになっている理由の一つとして
大人数を集めるのは、中々大きな手間が掛かる事にあります。

大人数でPT開始できる環境は、非常にありがたい反面
敷居の高さで参入は困難と言う実情があります。
よって最近は、少人数メインでPTを組みやすくする方向に
シフトしている雰囲気があるかも知れません。

あとは敵の耐久力が上がると、より高火力の重要性が上がるため
ますます高額装備前提になるのでは、と言う懸念点もあります。


最近は高額装備を持っていないキャラクターが、PTに参加しても
担当できる役割が非常に限られていて、ロクに貢献できない場面も
結構あります。

現行の高額装備を、バランス調整によって全く使えないようにするのも
考え物ですが、装備が無いキャラクターでもある程度活躍できる機会が
もっとあった方が良さそうです。

別の観点から見るPT編成考察

相性の良いPTを構成する際、「実力差の均衡」や「職連携」が
重要となりますが
他にも考慮すべき事情があります。

それは各メンバーの「性格・得意分野」です。


■PT編成例
・人を集めるのが得意なメンバーは、PT加入権限を持つ
・リーダーが得意なメンバーは、指揮官として各メンバーに指示を出す
・壁役が得意なメンバーは、前線で敵の攻撃を食い止める
・火力役が得意なメンバーは、メイン火力役として敵を一掃する
・隠密行動が得意なメンバーは、諜報員として敵陣の情報を探る
・狩場事情に詳しいメンバーは、現状況を伝達する
・物資運搬が得意なメンバーは、重いアイテムを回収し消耗品を配る
・会話や世間話が得意なメンバーは、PT会話で味方の士気を上げる

上述はあくまでも一例で、実際にはもっと様々な性格と得意分野を持つ
メンバーが多数存在しています。ROユーザーそれぞれが持つ長所を
いかに活かせるかが重要になってくるでしょう。


 ~おまけ、とにかく人数を集める利点~
・報酬が下がらないなど、大人数によるデメリットらしさが無いケース
・誰にでも出来る必須作業があり、人数が多いほど作業完遂が容易
・ミニマップのPTM位置表示で、遠距離にいる味方の状況を予測できる

PTを組む事について考察

PTを組むなら、例えば初心者なら初心者同士と言った感じに
極力同じ状況下にいるメンバーを集める事で
1人で解決できない問題を、複数人で解決できるようにします。

ギルドからPT編成しようとすると、大抵のケースで実力差が出て
きますが弱いキャラクターが戦力外通告を受けたり
もしくは役割が無い事で、PTを組む事を躊躇したくなったりします。
実力の近いメンバーだけで、構成する事が重要になってきます。


ただし経験差があっても、PTを組む動機はあります。
それは、お互いに異なる長所を持っていて
それぞれの弱点を補完できる協力関係が作りやすい状態です。

ROは「壁職、補助職、火力職」と言った感じに
それぞれの職長所を活かして、PT編成するケースが
度々ありました。(私はこれを職連携と呼んでいます)


私は何度か職連携について異論を唱えてきましたが
PTを組みやすくする動機の一つとして、職連携が
割と見逃せない要素になっているのは間違いないです。

一人一人のキャラクターが、それぞれの長所を持っているなら
その長所を活かす事が、PTを組む楽しみに繋がるのではないかと
私は考えています。


ただし私が職連携を、推奨しなかったのにも理由があります。

この職連携は、突き詰めると12人のメンバーそれぞれが
違う長所と役割を持っている状態となりますが
1人が急用で欠けるだけで、PTそのものが開始できない事態に
なっていた事もあります。

特に公平圏を外れてしまう事により、以後長い間PTが組めなくなる
と言う深刻な事態を引き起こす可能性までありました。

これまでも転生職が前提となったり、一人一人の装備敷居も
上がったり、多PCが必須になったりして
新規参入が困難になっていた問題もありました。

その上で、こうした問題点に対処できた一部のプレイヤーも
レベルカンストが容易に達成できる状態になれば
以後、PTを組む動機が殆ど無くなってしまい

結果的に慢性的な人材不足に陥り、転生困難な職の上位職は
募集しても殆ど来ないと言った状況が当たり前のように起きました。


職連携を追及しすぎると

 ・PTメンバー募集:1~3時間
 ・移動および準備:30分
 ・戦闘時間:3時間
 ・清算時間:30分

と言った状態になり、PTを組むには最短でも3.5時間。
少しでも問題があれば、5~6時間は普通に掛かっていました。

しかもPTが終わるまで、退席は殆ど許されない風潮になるか
1時間単位で小時間退席を繰り返す事で、結局7時間以上経って
ようやく終了となる事もありました。

「12人集まっているうちに、極力長い時間をExp稼ぎに費やしたい」
そうしておそらく思いついたのが、この流れだったと推測できますが
計7時間と言う長時間プレーは、普通のユーザーにはまず不可能です。

(人数が限られていたサーバーだと、長時間退席しながら募集されていた
 ケースもあったようです。)


これらの事情もあるなど、職連携に特化しすぎるとPTそのものが
容易に破綻しやすい状況になる事があります。
過去の事を考えると、職連携をそこまで必須としない今の方が
圧倒的に遊びやすくなっています。

ただやはり、職連携における長所についても
出来る限り目を向けたい所です。


職連携と言う考え方は、一次職の頃から存在します。

・HP回復能力が高く、多くの装備が使えるソードマン

・回避能力が高く、毒で弱体化できるシーフ

・味方をサポートでき、対悪魔or不死に特化したアコライト

・有限の物資で、遠距離ダメージを与えるアーチャー

・長い詠唱を経て、強力な魔法攻撃を放てるマジシャン

・物資運搬に長け、お金で大ダメージを与えるマーチャント

違う職同士でPTを組めば、それぞれの職の長所を
活かせるようになります。
同じ職でPTを組めば、1人で対処しきれない問題にも対応できます。

全ての職を必ずしも揃える必要はなく、またいずれの組み合わせでも
連携が自然に成立しやすい職構成になっています。
以前から「一次職でPTを組むと楽しい」と言う意見が度々出ています。

低敷居装備を考察して思う事

現行でよく使われる装備と、初心者でも入手しやすい装備を見比べると
いわゆるステータス108~120系(熾天使の花冠、カルデュイの耳など)
の中下段有無で大きな違いが発生しているように思えます。

ステータスを問わずに使いたい場合は、スペシャルエンチャント対象の
中下段(ニーヴバレッタなど)が主に候補となります。

但し現在よく使われる中下段の大半は、パッケージやラグ缶からの
算出が殆どなため入手が安定しない場合があります。

火力役は職にもよりますが、+9以上の装備複数や
高額な火力アクセサリーを多数積んでいたり
暴走や大鷲などの、様々な確率強化を受けられる状況下だと
その平均ダメージは数倍レベルの差になる事もあります。

職業による違いやMob相性もあるため、とにかく火力が必要となる
場面では人数差よりも個人差が上回るケースが目立ちます。
人数だけで圧倒するゲームと見比べれば、職や装備の重要性が高い
のは良いと思います。

ただ装備が揃っていないキャラクターは、役割が無いと言う問題が発生
する事もあります。何の役にも立てないと、PTを組むのも躊躇しがちで
すがその解決に掛かる時間も長く、結局ソロしかできない事もあります。

最近の事情をざっくり

利益を上げるゲームの特徴としては

・老若男女問わずとっつきやすい見た目
・見た目は可愛らしいのに、実際には奥深い戦闘システム
・操作はわかりやすいのに、遊んでみると意外と難しい
・ユーザーの口コミで評価が高い

などがあります。


逆に利益が上がりにくいのは

・知名度(ネームバリュー)に欠ける
・露骨過ぎる売り方
・商品説明が長すぎて、結局よくわからない(最初で詰まる)
・独自性に欠けるもの(他社商品と需要が被る。そっくり。)


ROは知名度もそこそこあり、また現在では珍しい古風の仕様など
独自性が非常に強い基本システムになっています。

但し新装備登場などで、ゲームバランスが常に変わっているため
最近はRO特有の面白さが、あまり出てこない場面も多々あります。
サービスとしては、まだまだアップデートが続く雰囲気もあり
ユーザーの想像を超えるレベルで、長続きする可能性は高いです。


本来ならもう既に、イグドラシル関連のイベントが大体進行していて
今までとは若干異なる、目新しい遊び方が出来ていたはずですが

ワールド倉庫の問題で、急遽予定変更せざるを得ない状況となり
まずはワールド倉庫無しのイグドラシル鯖イベント(新GvG)を
来月登場と言う形で、何とか開催される感じがあります。

イグドラシル鯖はワールド倉庫が軸なので、これが無ければ
従来の特設サーバー(古代遺跡、RJC、新衣装体験鯖)と
何ら変わりがありません。

(今年の1~3月は、昨年のような新しい挑戦型コンテンツが皆無であり
 殆どのイベントが、以前出ていた小さなイベントを
 そのまま再登場させる形でした。)

(現在、永続実装されているダンジョンやコンテンツが
 変化に乏しかったり、もしくは参加敷居が高いために
 結局殆ど遊ばれていないと言う問題にも関わります。)

良くも悪くも、特設サーバーで楽しめていた方にとっては
ワールド倉庫無しと言う、格差の少ないこの状況は
ある意味利点でもあります。

3%回復が残り少なくなってきました

極力3%回復を利用したほうが、経費的な都合で稼げるのですが
3%回復が無くなると、被ダメージの減少やSP燃費が重要に
なってくるため簡単な狩場でもゲーム性が出てくる事があります。

回復アイテムや装備が揃ってくると、とにかく超火力や範囲攻撃を
連打する事が安定に繋がるケースが目立ってきます。
逆に限られたHPやSPを有効活用し、一手ずつ確実に進めるのが
最適解となるケースは珍しいです。

ROはまったりゲー

ROはまったりゲーです。まったり遊んでこそ楽しいのです。
と言う事で手始めにサラの幻影9週してきました。
余裕があればジターバグにも回りたいのですが
大抵は1~3週で終わります。

他にもT_W_O、ビジョウ、GHMDハード、セイレン、イーブルなど
レアが出れば美味しいメモリアルダンジョンが数多くあります。
ただ、ソロはそこまで長続きしないので
ハートハンター臨時やモンスターハウスに遊びに行く事が多いです。
プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

↓ギルドサイトも随時更新中!
http://yoruama.mizuiworld.jp/

↓以下でも活動中!
RO丼: @Izue

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード