FC2ブログ

MVP獲得合戦例(セカコス遺跡鯖 - 超級基準)

セカンドコスチューム体験鯖のアレ。

難易度の下がった古代遺跡を、ただ単にクリアするのは
物足りないので
どうせなら他のプレイヤーを出し抜いて、MVP獲得を狙ってみよう!
と言うのがMVP獲得合戦のコンセプトでした。

ちなみに、遺跡鯖でMVP獲得する利点は原則ありません


昨年セカコス遺跡鯖終了と言う事で、同仕様の再現が
考えにくい状況なので
覚えている今のうちに、当時の戦闘状況を記事にしてみました。


■1F
MVP不在。弱いMobしかいない普通の練習階層。
人が少なすぎると、ここで全滅する事があります。

■2F
MVP不在。強いて言えばランドグリスゴーストがボスみたいな扱い。
ごり押しすると会場外にボッシュートされる戦闘不能に
なるため注意します。

場合によっては、要HITの高いブワヤの影のほうが厄介になる事も。
リフレクトシールドで脱落する人が毎年出ます。

■3F
MVP不在。代わりにMH流用のペクソジンorバコナワ出現。
無理に参戦する必要はありませんが、早く次の階層に行きたいなら
大抵ボス戦で共闘しているのは仕様。

■隠しルート4F
MVP不在。実際の所「MVP獲得合戦だ!」って言ってる変人ほど
魔法大会をスルーできないほうが楽しめるかも知れません。
何故かFDがピンポイントで決まり、コメットとストレインで
脱落する人が出るなど別の意味で面白い階層です。

■5F(隠しルート経由)
ボイタタさんはチェンジされました
MVP不在ですが、MH仕様のアトロスが出現。
かなり目立つ位置にいるので、ほぼ全員で共闘している事が多いです。

油断してるとアクアエレメンタルさんのWBが結構ヤバイ
ディミック軍団で消える人を度々見かけます。

稀にインビジブルFNが直撃したり、致命的な傷で詰む事が
あります。夜に発生する事のある「激ラグ」も大敵。回復が出ません。

■6F(隠しルート)
ついに最初のMVPボスモンスター、女王フェイスワームの登場!
この時点では味方の生存者数も多く、且つボスは大人数だと
ほとんど事故が無いためとにかく高火力推奨。力こそ正義だ!

遺跡は所持量が厳しいですが、中にはこの階層のためだけ
「フェイスワームの卵殻」と「sサングラス」を用意したり
更には入手手段の限られた、20料理を使う変人までいます。
頑張るところが違うとかそう言うレベルじゃない

■7F
MVPの代わりにMH仕様のレディータニーが出現。
どちらかと言うと、途中に大量出現するセシル&弓ガディの
ほうが遥かに厄介です。

配置が緩い職だと、そこまで苦労する階層でもないのですが
代わりにセリアが1体出てくるポイントがあります。
度々TSやFblで大穴が空くなど、一見の価値あり。

■8F(隠しルート)
セリーヌ・キミ本体が出現。闇対策は不要。
ただしSppが超痛く、火力か壁のどちらかに専念します。
正直MVP獲得狙うより壁したほうが良い事も多いです。

火力役はタゲを取らないよう、スキル攻撃or遠距離が推奨されます。
間違えてボスに突っ込み、Sppで脱落する事故が後を絶ちません。

■9F(隠しルート経由)
開始直後からMVPボスが沸いていますが、大体25%ぐらいの確率で
MVPボスが画面外で狩られている無理ゲーに突入します。

逆に約75%の確率にあたり、ボス特化で戦うとMVP獲得しやすくなります。
ただし見つけてからの持ち替えだと、その間に倒される事があるため
事前にMVP特化装備にするのも手。カトリTSが直撃しても知りません
MVPがファラオの場合、ダークブレッシングでHP1になるのに注意。

後半にもMVPボスが沸きますが、このボスが職によっては強いのと
周りにも異常数の生体Mobが出現しているため
ボスに突っ込むといつの間にかセイレンorハワードが近くに居て
MVP獲得と同時に、町に強制帰還となる例があります。

■10F
最初のMVPボスは大抵の場合、次沸きまでに超火力で速攻をかけるか
生体沸き完了まで後回しにします。
中人数時は優勢劣勢の判断が付きにくく、MVPボスと生体軍団が
混ざって壊滅する事がよくあります。楽しい。

2度目に沸くMVPは、2匹同時に出現します。
配置が難しいほうは、Lv補正状態異常や複数の大ダメージ属性攻撃が
あるため普通に戦っても厄介。あとガーティーさんは自重してください。

配置が緩いほうは、主に火力型が即刻で勝負を付けるため
片方のMVPを討伐してる間に、もう片方が狩られる無理ゲーに
突入する事が結構な頻度であります。

運が良ければ、自分がタゲっていないほうのMVPが
アジリティアップを発動するため
必中高火力装備があれば、MVP獲得率が高まります。

火鎧装備し忘れによるメテオ1確、ダークブレッシングによるHP1化
+多数の取り巻き。またタイミングが悪いと、ボムリンの自爆
一発KOするなど思わぬ返り討ちに遭う事もあります。だがそこがいい。

■深淵(隠しルート)
出始めた当初はMHPの高さで、絶望の神モロクに次ぐ
遺跡版ラスボスの扱いでしたが

対策法が周知されると、ただのボーナスMobです。

別にMVP獲得目的じゃなくても、制限時間の都合で
火力重視にして高ダメージを狙ってたりします。

■通常ルート
まず最近の遺跡だとほぼ隠しルートしか行かないので
Mob配置や対策法も周知されておらず、MVP獲得どころじゃない人も。
通常ルートのほうが、ある意味隠しルートと言えるほどレアです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

新サイト「RO修練」はこちら

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード