FC2ブログ

かつての遺跡鯖(2015年)を振り返る

2015年版の古代遺跡は、ライオットチップを含む新装備が用意されて
攻略がだいぶ楽になった印象がありますが
それでもリプレイを見ると、ゴールデンタイム大人数回での全滅が
思った以上に多くて驚きです。

さすがにルーンナイト遺跡の時期になると、装備も知識も充実しており
全体的にクリアは楽でしたが

セカンドコスチューム体験鯖のギロチンクロス遺跡では
初ファルクス討伐が、なんと5日目の夜(土曜日)まで
長引いていたのですよね。
ようやく裏ボスを倒せて皆で感激していたのを思い出しました。


【遺跡鯖の基本】

・単純に大人数PvEが面白い。

・個々の力が出やすいのは12~48人ぐらい。(鯖負荷も少ない)

・Lvや装備など、全員平等なキャラクターで挑める。

・職固定の中でも、各自の型と役割が異なり変化に富んでいる。
(自分で色々試しても良いし、周りの様子を見るのも楽しい)


【遺跡鯖の奥深さ】

・HP&SPが実質有限で、所持量管理で熟考する。(特にHP確保)

・敵の強さやルール的に、戦闘のリスクが高く駆け引きが面白い。
(攻撃ごり押しは必ずしも有効でなく、防御偏重でも完結しない)

・制限時間までに間に合わせるため、効率の良い戦闘方法を追求。

・少人数救済があり、頭数だけでなく技量も重要になります。


【ルール指定されていない独自の楽しみ方】

■制限時間(90分)よりも早く帰還すると、効率良く次に参加できる。

次の回に参加できる「20分、50分、80分」が目安。
慣れてくると「90分」ではなく、「50分」か「80分」での帰還が多い。
空いた時間は、退席時間を長く取りやすいのもポイントです。

■少人数時は攻略進行度を追求するダンジョン

クリアの難しい朝~昼は、どこまで先に進めるかを競うダンジョンに。
実質終わりがなく、道中の詰み要素も少ないので
ひたすら先に進むために、最善を尽くす戦いになります。

■大人数時は色々な遊び方ができるダンジョン

夜は頭数で難易度が下がるため、初心者でもクリア率が上がります。
逆に安定クリアで物足りないなら、大人数回は色々試すチャンスです。
「マイナー型での活躍」「超火力型でMVP回収」「多地点攻略」「連勝
記録更新」など遊び方は千差万別です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Izue

Author:Izue
色々考察してます。

新サイト「RO修練」はこちら

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード